発毛促進医薬品の知識

フィナステリドについて

ミノキシジルについて

フィナステリド配合医薬品

ミノキシジル配合医薬品

関連薬品と育毛シャンプー

日本皮膚科学会が示す『男性型脱毛症の診療ガイドライン』において効果と安全性のAランクを得た発毛医薬品成分がフィナステリドとミノキシジルです。

フィナステリドとミノキシジルには併服用が禁じられている医薬品が存在しないことからも安全性が高く、両方を同時に使うことで高い効果を発揮します。また、その他の薬品も織り交ぜることで脱毛男性ホルモンの抑制効果が高くなります。

フィナステリドの知識と効果について

脱毛を招く男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する2型5αリダクターゼ酵素を抑制する働きのある医薬品です。効果や副作用をまとめています。

ミノキシジルの知識と効果について

血管拡張による発毛効果が確認されている発毛医薬品です。外用薬(育毛剤)と内服薬があり、日本では外用薬品として大正製薬の「リアップ」が有名です。

フィナステリド配合医薬品

おすすめできるフィナステリド配合医薬品を紹介します。フィナステリド含有量1%が頭髪医薬品として適正とされています。フィナステリドは脱毛ホルモンに直接働きかけるので定期的に使用薬品の変更をおこなうのがいいでしょう。

フィナステリド内服医薬品:プロペシア

フィナステリド内服医薬品:フィンペシア

フィナステリド内服医薬品:エフペシア

フィナステリド内服医薬品:フィナロ

フィナステリド内服医薬品:フィナバルド

プロペシアとエフペシアの薬効差異

フィナステリド医薬品の比較

ミノキシジル配合医薬品

おすすめできるミノキシジル配合医薬品を紹介します。外用薬(育毛剤)ではミノキシジル含有量1%~15%超のものまで幅広く存在し、内服薬では5%と10%の二種類があります。ミノキシジル含有量の異なる外用薬を朝晩で使い分けるのが効果的と言われています。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服医薬品:ミノキシジルタブレット(ノキシジル)

5%含有と10%含有の効果差異

ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用医薬品:カークランド(ミノキシジル5%含有)

ミノキシジル外用医薬品:ポラリス[NR-11](ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%)

ミノキシジル外用医薬品:ジェンヘアーm15(ミノキシジル15%含有)

ミノキシジル外用医薬品:ポラリス[NR-10](ミノキシジル16%含有)

15%以上含有を選ぶ場合の注意

関連薬品と育毛シャンプー

フィナステリドとミノキシジルにプラスして効果が上がる発毛成分薬品として1型5αリダクターゼ抑制効能のある「アゼライン酸」があります。また、1型2型双方の5αリダクターゼを抑制し圧倒的な発毛効果を誇るデュタステリド内服薬やミノキシジルが配合された育毛シャンプーも販売されています。

アゼライン(アゼライク)酸

直接使用できるクリームタイプ外用剤とミノキシジルに混合させたタイプの外用薬があります。

スキノレンクリーム(アゼライン酸)

ポラリス[NR-7](ミノキシジル5%含有+アゼライン酸2%含有)

ポラリス[NR-8](ミノキシジル7%含有+アゼライン酸5%含有)おすすめ!

デュタステリド

フィナステリドと同様にDHT生成を発生させる5αリダクターゼを抑制しますが、1型2型両方を抑える圧倒的な発毛効能を持つ医薬品です。ステロイド系医薬品のため使用する上では注意しておく項目があります。

デュタステリドの発毛効果と副作用の理解

アボダード(デュタステリド内服薬)

デュプロスト(アボダードのジェネリック)

その他効果の高い薬品

アストレシンB配合外用薬スペクトラルF7

育毛剤配合シャンプー

ミノキシジル配合育毛シャンプー

ケトコナゾール配合育毛シャンプー

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で


ページの先頭へ