プロペシア(男性型脱毛症用内服薬)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロペシアは脱毛作用の強い男性ホルモンである『DHT(ジヒドロテストステロン)』を生成する還元酵素『2型5αリダクターゼ』を抑制する発毛医薬品です。

万有製薬(現MSD)が薬品販売権利を持った認定医薬品であり、新毛生成効果発生に優れ、日本国内で流通が盛んであることからも数多くのAGA患者に愛好され高い発毛効果をもたらしています。

プロペシアの概要(作用と効果)

プロペシアの発毛理由は、最大の薄毛因子であるDHT生成を抑制するフィナステリドの含有によるものです。現在薄毛の80%はAGA(男性型脱毛症)によるものだという統計が出ており、プロペシアによって改善した多数の症例によって、この治療の有効性が理論的に証明されています。

プロペシアは毛根に発生する脱毛ホルモン生成を抑制することで毛根を深く髪を太くする作用を発揮します。

服用による改善効果発生比率

プロペシアは薄毛患者の試用試験において90%の効果が発揮されています。但し、この統計では現状維持という数字も含まれています。AGAは一度発症すると毛根の縮小が進んでいく症例のため、現在の髪量が維持されていることも効果として認識され、効果検体に含まれているということです。

また、薬品試験においては「プラセボ(プラシーボ)試験」も同時におこなわれます。プラセボ試験とは、効果のない偽薬を服用した検体との効果発生比較試験をおこなうためのものです。薬品には服用者の“思い込み”によって効果作用や副作用が発生してしまうことが起こりがちですので、それらのデータを収集して比較と薬品の実作用を確認していくのです。

プロペシア連続服用による耐性の有無

人体は薬品に対しての「慣れ」が発生することがあります。ステロイド系薬品などでも起こるような、連続して利用することで身体が薬効成分に慣れてしまい、効きが悪化する現象ですね。

プロペシアのフィナステリド成分はどうなのか、5年連続使用データを参照してみましょう。

前述したようにAGAは脱毛男性ホルモンDHTが作用しだすと毛根の縮小が継続していきます。そのため、プラセボのデータでは3年目以降毛髪量が急速な下降線を描いています。

これはAGA発症後、加齢とともにDHT生成量が増加していくという理由です。しかし、プロペシア服用検体では下降線が非常に緩やかです。そして元の毛髪量より上回る結果が出ています。

つまり、DHT生成抑制効果が5年後も発生しているために、若干の下降があっても増加したDHTに対抗しており、耐性が非常に発生しにくいと読み取れます。

プロペシアの副作用

  • フィナステリド成分が女性に悪影響をおよぼす
  • 性欲減退

といった内容が主にあげられています。

ひとつめの女性への影響は、妊娠した場合に男胎児の生殖器に影響をもたらす危険性です。このため女性の服用が厳禁されています。また経皮吸収の危険性も言われ、女性はフィナステリド成分に触れることも厳禁です。

つまり、男児を妊娠した場合に生殖器形成においてフィナステリド成分が悪影響をおよぼす可能性があるため、女性の薬品服用と接触が禁じられているのです。(※プロペシアの場合は錠剤にコーティングが施されているため、割らない限りは経皮吸収のおおきな危険性はありません)

ふたつめの性欲減退については、そもそもが前立腺の治療薬ということもあり可能性が感じられてしまいますが、プロペシアの製薬会社である万有製薬(現MSD)は『性欲を司るテストステロンを阻害しないので理論上この副作用は起こり得ない』と発表しています。

実際に国内臨床試験では、実際に性欲減少が起こったのは6%の検体で、この発生頻度はプラセボ(偽薬投与)での発生総数とほぼ同じです。現在はアメリカFDAによりこのような性的症状を副作用に追記するようメルク社に指示していますが、基本的に精神的な効果も含めて服用を中止することで全員が回復しています。

プロペシアの処方と入手方法

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)というまったく新しい医療ジャンルの第一号医薬品です。そして、開発製造元であるアメリカのメルク社が薬品特許を取得したのが1997年で、日本の万有製薬(現MSD)が2007年に製造販売権利認定を取得し、メルク社の特許を使用して日本国内でライセンス販売しています。

ここで重要なのは、日本では新ジャンルの第一号医薬品は医師処方に基づくことと定められていることです。例えば痛み止めで有名な『ロキソニン』や胃酸を抑える『ガスター』も薬局で販売されるようになったのはここ数年の話で、それまでは医師処方以外で入手はできませんでした。古くさかのぼれば風邪薬や頭痛薬も医師処方が義務付けられていたのです。

安全な医薬品でもドラッグストアに並ぶまでにはかなりの時間を要すのです。

そのため日本製医薬品となっている万有製薬(現MSD)のプロペシアは、AGA医療をおこなっている医院クリニックのみで入手が可能となっています。

海外プロペシアの入手

しかし、海外製医薬品の個人輸入入手に関しては厚生労働省が特例として医師処方を免除し、自己責任での個人購入を認めています。もちろん国が事前チェックをおこない、安全性の高い医薬品に限り認めているものです。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。日本製プロペシアもライセンス製品ですので海外製品と成分の差異はありません。

以下より安心な海外製プロペシアがご購入いただけます!

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ