ロニテン(内服型ミノキシジル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロニテン』はミノキシジルの内服医薬品です。頭皮に塗布する外用ミノキシジルと異なり、血液に乗って体内循環されることによる高い発毛効果が特徴です。

現在のAGA治療ではリアップやロゲインなどの外用ミノキシジルのみでなく、服用によって体内から発毛効果を発揮させる手法が主流であり、ロニテンは代表的な内服ミノキシジル医薬品なのです。

ロニテンの概要(作用と効果)

ロニテンの発毛理由は、外用ミノキシジルと同様に血管拡張による血流増進を促す薬効によって毛乳頭が活性化する作用によるものです。内服ミノキシジルは頭皮吸収となる外用ミノキシジルに比べて作用効率が格段に高いことが大きな特徴です。

内服ミノキシジルの特徴

・血液に吸収されて毛根に送られるために効果が高い
・作用時間が長いため毛乳頭の代謝が活性化しやすい

外用剤の場合、薬液の頭皮吸収は必ずしも効果的ではありません。そもそも外用薬は皮膚浸透となるために経口に比べると効果が下がってしまいますし、頭皮の皮脂などの影響で毛穴への浸透にムラが発生する他、体温による薬品の気化が影響して塗布した直後以降は作用が極端になくなってしまうという短所があります。

しかし内服ミノキシジルの場合は、体内から毛乳頭へ薬効成分を届けるために作用が強く作用時間も長い他、毛根へ均等に行き渡る点が最大のメリットです。

体内から毛乳頭の成長とヘアサイクルの適正をおこない高い発毛効果が期待できます。

 

内服ミノキシジルの圧倒的な発毛効果

発毛医薬品は現在多数存在しており、それぞれが決め手となる薬効を持っています。これまでの経験上で内服ミノキシジルの決め手は生え際の発毛効果だと言えるでしょう。

内服ミノキシジルは体内を循環するために、狭い毛穴などの外用薬が浸透しにくい部分の毛根発毛細胞を刺激することができます。特に前頭部の生え際には非常に高い効果が望めます。生え際はAGA発症した際の毛髪退化が現れやすく、毛穴の収縮が急激に起こってしまいやすいポイントです。

内服ミノキシジルは服用後3ヶ月ほどで産毛が生え始め、成長し始めると後退型脱毛やM字脱毛部分に毛根が根付き出すという強力な発毛効果がなによりの特徴と言えるでしょう。

そして、他のAGAタイプ薄毛にも効果はてきめんです。外用ミノキシジルだけでは頭皮吸収効率の影響を受けて効果が発生しにくいことがありますが、内服ミノキシジルをプラスすることで明らかに発毛を体感できるようになります。

 

ロニテンの副作用

内服ミノキシジルは副作用の知識がより必要です。

ミノキシジルの作用や副作用詳細については別ページに記していますので参照してください。

ミノキシジルの発毛効果と理由

ロゲイン(ミノキシジル外用薬)

発毛医薬品の副作用を理解する

ミノキシジルはそもそもが高血圧患者に対する血圧降下剤として開発された経緯があります。内服薬としてはAGA医薬品として認可がない状態となりますので個人輸入が基本となっています。

こういった経緯から内服ミノキシジルは医学的にはAGA医薬品としての認識ではありませんが、非常に高い発毛効果を発揮することから発毛目的の医薬品として一般認知され流通しています。

元々が血圧降下剤としての薬品組成ですのでFDA(アメリカ食品医薬品局)において厳正な濃度基準が定められており、5mgと10mg含有のものが主流です。(10mg以上のミノキシジル含有は認められていません。)

最近では日本のAGA医院においても取り扱われることがあるようになっています。

 

覚えておくべき服用上の注意

ロニテンをはじめとする内服型ミノキシジルは、外用のミノキシジルと比べて格段に吸収効率が高いことから、特に以下の副作用を確実に把握しておくことが重要になります。

低血圧症状と心臓既往症服用制限

元来の薬効が血圧降下剤であることから外用ミノキシジルよりも副作用の発生が起こりやすい点があります。この副作用発生には個人差がありますが、血圧降下目的での濃度はより高いものが大半ですので、5mgや10mg含有がAGA治療目的として認識されたのは血圧降下剤としての効能が弱いためでもあります。

健康体であれば基本的にはおおきな副作用発生は起こりにくいと言えますが、心臓への負担がゼロではありませんので人によって動悸が発生したり、朝起きづらくなるといった症状を理解しておくことが大切です。

また、すでに血圧降下剤や心臓循環器系の処方を受けている場合は、服用を避けるか医師の相談を受けることが大前提となることを覚えておきましょう。

体毛の増加

内服ミノキシジルの特徴として最もわかりやすい副作用症状が全身体毛の増加です。内服ミノキシジルは血液吸収となるために、全身の血管拡張と体毛の毛母細胞を刺激します。そのために、腕や陰部などの毛成長も活発になります。

内服ミノキシジルの効果は段階的に体感できます。

手の甲・腕毛の増加 ⇒ 眉毛・こめかみの産毛発生 ⇒ 髪の増加

この理由は脱毛ホルモンDHT、及び脱毛ホルモン変換酵素5αリダクターゼが頭部(と前立腺)のみに影響するためです。全身の毛母細胞が活性化しても頭部のみ脱毛ホルモンが妨害して発毛がワンテンポ遅れて発生するのが特徴です。

腕などの体毛が増えてきたら、髪に発毛効果が発生する起爆剤サインと考えることができますので治療効果の目安にもなります。また、体内から毛母細胞を刺激するので毛根退化が進みやすく薬液が浸透しにくい前頭部や生え際の発毛にも効果が高いのです。

 

ロニテンの選択と入手方法

現在日本国内でミノキシジル製剤の薬事認可がおりている医薬品は、外用ミノキシジル育毛剤「リアップ」のみとなっています。(日本では1999年以降ミノキシジル製剤の認可がストップしています。)

ミノキシジルの日本薬事認可についての詳細はこちら

日本では薬品の安全性を重視していることからミノキシジルの副作用を繊細に考えており、リアップ販売時の経緯からもミノキシジルそのものに対して神経質になっているのが現状です。

しかし内服型のミノキシジルは一部のAGA医院でも処方されるまでに至っています。用法を理解して正しく取り扱う事ができればリスクを回避して高い発毛効果を得ることができると発毛カテゴリーでは考えられているためです。

ただ、薬事法規をはじめとする問題や使用者の認識や知識といった問題がクリアされないため、基本的には個人輸入による海外購入によっての入手が前提となっているのです。

ミノキシジル製剤は歴史が長く、現状では安心なジェネリックが流通していますが、ロニテンは発毛に莫大な効果をもたらす内服型ミノキシジルの元祖となる先発医薬品です。改善例や効果などの報告が最も多い安定した内服ミノキシジルと認識していただくのが適切だと思います。

以下より安心な海外製ロニテンをご購入いただけます!

こちらの文字か画像クリックで販売ページにリンクします。

 

ロニテンは個人輸入でのみ入手することが可能な内服ミノキシジル発毛医薬品です。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。個人輸入や副作用における注意等を確認して利用しましょう。

内服ミノキシジルは含有量5mgをベースに検討しましょう。

毛髪が透けるほど細くなっている場合を除いて、5mgでも十分毛根の成長効果が発揮されます。10mgでは効果も強くなり成長速度も上がりますが、人によって体毛の増加や動悸など副作用の体感も顕著になることがありますので基本的に5mgを利用して状況によって切り替える等の措置を施すのが適切です。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ