フィナステリドの発毛効果と理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA(男性型脱毛症)の改善に高い効果を示す医薬品成分『フィナステリド』。脱毛男性ホルモン成分の抑制効果がある薬品成分として知られ、医療機関にて患者に治療薬として処方されています。

この成分の入った医薬品はプロペシアが有名で、日本でも2005年に医薬品認可を受けて以降、数多くの薄毛で悩む方々の頭髪改善に役立っています。

フィナステリドがAGA特効薬成分となった理由

そもそも、このフィナステリドは薬品開発当初からAGA治療を目的としたものではありませんでした。前立腺肥大症の治療薬として、1992年にアメリカのメルク社によって「プロスカー」という名称で発表されたものです。

薬品研究者はプロスカーの投薬をおこなっている前立腺肥大症患者の症状改善を確認するとともに、投薬患者の髪が総じて増えだしていることに気付き、その後の研究で男性型脱毛症に高い効果を発揮することがわかったのです。

注目されたのは、AGA発症理由であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼの阻害効果です。DHTは、頭髪部分の脱毛と前立腺の肥大を招くホルモンなので、双方の改善に効果的な薬効成分であることが判明したのです。

 

AGA医薬品としての正式認可

その後あらゆる研究が進んだ結果、頭髪改善を目的とした場合のフィナステリド成分含有量の適正割合が1%であることが判明し、AGA医薬品としてプロペシアが誕生することになります。

プロペシア誕生までに動物実験や治験によってあらゆる割合がテストされましたが、2%以上では発毛効果に大差がなく、唇が腫れるなどの副作用のほうが多数みられたことから、フィナステリド1%含有成分が頭髪改善医薬品となりました。

この研究実績を受け、FDA(アメリカ保険衛生局)によって正式認可を受けたプロペシアは、世界中に広がったのです。

 

日本での厚生労働省認可

アメリカでは1997年に医薬品認可を受けたプロペシアでしたが、日本では認可までには長い道のりがありました。

  • 日本国内で血液製剤HIV感染等の薬害訴訟頻発
  • 薄毛は生命や健康を害さないため医薬品に該当しない
  • 役所の縦割り行政による認可遅延
  • 安全性を担保する流通販売規定の設定

これらが即座に日本国内でも処方されることに歯止めをかけたのです。

医薬品認定や流通を担当する製薬会社確定までに8年という歳月がかかりましたが、その2年後に日本製プロペシアの販売権利を万有製薬が入手し、2007年に全国の医療機関で処方されるようになったのです。

 

フィナステリドの発毛効果

フィナステリドは毛母細胞に存在する2型5αリダクターゼを阻害してDHT生成を抑えます。しかしながら、即座に髪が生えるわけではなく毛根の再生行程が先に始まります。

上図はプロペシア服用の結果ですが、フィナステリドに髪を生やす効果があるのではなく、本来の頭髪生成能力を阻害するホルモンを抑えるわけですので、ヘアサイクルが狂い、細く毛根が弱った髪を先に抜け落とさせて再生を始め、3ヶ月~半年ほどで効果が体感できます。

 

このように効果も証明され、日本国内でも正規の医薬品として認められたAGA治療薬なので安全性は言うまでもありません。この他に副作用を理解する必要もありますが、基本的に重篤な副作用はこれまでもありませんし、厚生労働省が医薬品特例として医師処方なしに海外医薬品の入手を認めているほどです。

『医薬品は厳正なチェックがなければ流通は不可能である』という点をクリアしていることを知識として理解しておきましょう。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ