発毛医薬品の初期脱毛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初期脱毛とは発毛医薬品を使用したAGA治療をおこなった際に1ヶ月~2ヶ月ほど抜け毛が増える現象のことで、不健康な髪が多いほど抜け毛が多くなる特徴があります。

これは新毛生成が起こるために発生するもので、痩せて弱った毛根がたくましい髪を生成するための行程で必ず発生します。毛根活性経過を示している証拠とも言える現象です。

初期脱毛のメカニズムと期間

初期脱毛は発毛医薬品の使用開始後1~2週間で発生します。特に目立つのは洗髪時で、普段と比較して約2~5倍ほど(使用薬品による差や個人差があります)の抜け毛となるのですぐにわかりますし非常に驚く現象と言えます。

この現象発生は毛根細胞の成長効果が起因し、脱毛男性ホルモンを含めた薄毛化の要因によって浅く脆弱に変貌してしまった毛根のヘアサイクルを適正化させる効果になります。

弱い休止期の髪が大半となる状態からヘアサイクルを元に戻すための働きです。

具体的に言えば、ヘアサイクルが狂った状態で休止期に入った細く栄養の薄い髪は、そもそもヘアサイクルを統括する毛母細胞の弱体化によって弱い髪として生成されたものなので、毛根が再生する際にヘアサイクルの狂った髪を抜けさせて強い髪を作り出す毛根の再生現象なのです。

言い換えれば新しい強い髪が不健康な髪を押し上げる現象です。

このために「抜け毛が増えた…」と悲観するのは間違いということになります。

 

初期脱毛の期間

一般的には約1ヶ月~1ヶ月半ほどで終息するのが平均的ですが、個人差が発生しやすい現象でもありますので2ヶ月ほど継続する場合もあり一概には言えません。しかし、全般的には3ヶ月を過ぎてもまだ大量の抜け毛が発生するという所見はほとんど報告されていませんし心配はいらない部分です。

初期脱毛の終息が遅い場合の主な原因

  • 生活習慣の影響
  • 洗髪の間隔が長い(1日以上間隔があく)

統計的に最も多いのはこの2点です。特に洗髪や入浴をあまりおこなわない場合には頭皮皮脂が溜まって毛根再生が始まりにくい点が疑われ、1日に抜け落ちる髪が毛穴に残っている状態となります。この状態では髪が毛根から離れているので、毛根へダイレクトに皮脂や雑菌等が襲いかかります。

薄毛化がスタートしている頭皮は不衛生な状態になりやすく、洗浄が少ないと初期脱毛が終わりにくいとも言えるわけです。

また、洗髪時に数日分の髪が一度に抜け落ちるために精神的なストレスとして初期脱毛を長期化させてしまうという論点もあります。

 

初期脱毛の終了

初期脱毛の終了は抜け毛が完全に止まるというはっきりとした特徴があり、洗髪時の抜け毛が突然とも言えるタイミングでなくなるので驚きにもなります。この後は月日の経過とともに徐々に新毛が頭皮から現れてくるようになり、抜け毛が発生した部分は新毛で覆われて地肌が見えにくくなっていきます。

初期脱毛の量と期間は個人差が最も多く、薄毛化が目立つ人ほど脱毛量が多く期間が長引きやすいとも言われます。これは毛根や頭皮の環境が悪いほど休止期の髪が多く頭皮環境が悪いためです。

また、極度に髪が細くなっている状況では毛根が深く戻るまでに数回の生え変わりが必要となり、次の新毛にいきなり太い髪が生えてくるわけではありません。

 

初期脱毛が発生する発毛医薬品

多くの情報では『ロニテンやノキシジル(ミノタブ)等の内服型ミノキシジルによって初期脱毛が引き起こされる』といったものが多いですが、初期脱毛現象は効果が証明されている発毛医薬品全般、そして一部の発毛効果がある天然成分由来の育毛剤やサプリメントなどでも発生します。

フィナステリド2型5αリダクターゼ抑制効果によって脱毛男性ホルモン(DHT)の生成を抑えヘアサイクルを改善する
ミノキシジル頭部毛根血管拡張効果による毛根活性効果でヘアサイクルを改善する
デュタステリド1型2型5αリダクターゼ抑制効果によって脱毛男性ホルモン(DHT)の生成を抑えヘアサイクルを改善する

このように効果的な発毛効果を発生する医薬品は『ヘアサイクルの適正化による頭髪生成プロセス改善』となるため、初期脱毛が発生する行程が発生するのです。

 

初期脱毛効果の発生差異

現状で一般的には「薬剤の毛根刺激効果」によって内服ミノキシジルの初期脱毛効果が高いというように考えられていますが、フィナステリドやデュタステリドの脱毛男性ホルモンに作用する薬品効果も十分に初期脱毛に影響されます。

逆に頭皮に直接塗る外用ミノキシジルでは初期脱毛が発生する可能性を製薬会社が発表していますが、外用であるゆえの成分吸収効率が低いために、想像以上におおきく初期脱毛を発生させることはないと言えるでしょう。

しかしAGAの治療においては『フィナステリドとミノキシジル』のように発毛医薬品を複合させる場合が多くなりますので、それぞれ単体での初期脱毛効果だけではなく、複合によって初期脱毛時の抜け毛が増える傾向があります。

初期脱毛で抜け毛が多い、脱毛期間が長引くなどの心配がどうしても多くなってしまいますが、冒頭でもお話したように『不健康な髪を抜けさせてヘアサイクルを適正化させる』という改善への初動効果でもありますので、AGA治療での知識としてこの部分を認識しておきましょう。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ