発毛医薬品の副作用を理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中の薬品には少なからず副作用が存在します。AGA治療薬も例外ではありません。科学的医学的な薄毛改善をおこなう上ではこの副作用を確実に理解しておく必要があります。

日本の医薬品認定を受けたAGA薬剤にはその成分に応じた副作用が発生する可能性がありますが、知識を持ち正しく活用することで服用や使用による健康被害を招くことを避けることが可能です。

認可医薬品の安全性

日本の見識では薄毛は生命や健康を脅かす症例ではないため、医師が介在する医療として認識されていませんでした。そのためにAGA医療の歴史がまだ浅く、日本製のAGA医薬品開発が一切おこなわれていなかったことからAGA医療の進んだ海外製AGA医薬品を日本の製薬会社でライセンス販売して医療機関に卸しているのが現状です。

もちろん日本では正式な医薬品承認試験を経て厚生労働省が安全性を確認担保しており、医薬品ジャンルとして新しいAGAという頭髪改善医療に役立たせる認可を出しています。そして、海外製AGA医薬品特許を利用して販売していることから日本製と海外製の薬品では成分は同一です。つまり、まったく同じ薬品ということになります。

では、もともと海外発祥であるAGA医薬品となるわけですが、海外ではこの安全性確認はどうなっているのかという疑問が出てきます。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)による認可

FDAとはアメリカ政府機関として食品や医薬品、化粧品、医療機器等の認可や取り締まりを専門的におこなう行政機関です。日本の厚生労働省にあたるHHS(保健福祉局)の直轄機関となり、HHSと完全に分離していることから日本のように各省庁にまたがる縦割り行政ではなく、業務が枝分かれしていないことから国民の安全健康を一元管理していち早く厳格な薬品のチェックが可能になっています。

医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、国内の食糧供給、化粧品、そして電磁波を放出するような製品の安全性と有効性を保証することによって国民の健康を守ることが、FDAの責務である。加えて、医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速させることによって国民の健康を増進すること、そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることもまた、FDAの責務である。(和訳)

つまり、日本での医薬品認証と同等かそれ以上の厳しい医薬品認可政策が海外において執り行われているということです。FDAが認可した医薬品は健康を害することがなく健康向上を前提とされた調査を徹底的におこなわれたものなのです。このFDAによって「インスリン」や「ペニシリン」が認可され、世界中の人が病から健康を取り戻した実績があります。

同じ動きはヨーロッパにもあり、EMA(欧州医薬品庁)がEU諸国の薬品認可を管理して健康と安全を管理しています。

 

日本との認可基準の違い

日本は世界的に薬品認可が遅い国です。これには理由があり、過去からの積み重ねによる薬品への信頼感や行政の仕組みが大きく影響しています。

日本で取り扱われる医薬品の特徴として、安全性とは「不特定多数の人間に当てはまるノーチェックで利用できるもの」という感覚が国民に根付いています。このために「自分には効きが悪い!」という個人差や自分で最低限管理すべき健康状態を薬品の副作用として報告する事例が後を絶ちません。

このために日本では医薬品認可に論争が続き、組織も散っているためあらゆる問題が発生します。注射針によるC型肝炎感染や血液製剤によるHIV感染、年金記録問題による厚生労働省への不信感などによって、とても些細な不調でも訴え続ける薬品使用者との軋轢が認可ごとに発生しています。

海外では効果や副作用の可能性や自己ケアを理解し、知識を持って理解したうえで利用するという習慣があり日本と大きく異なります。もちろん、生命や健康を害する重篤な副作用が考えられる場合は認可が絶対におこなわれませんし、「改善の可能性がある患者にいち早く活用する」という認識で認可をおこなうことが可能になっています。

海外と薬品に対する倫理観が大きく異なっているわけです。

この違いで薬品使用における海外の安全性確認と日本人の感覚が相違する部分があるかもしれません。基本的にAGA医薬品は認可された安全な薬品ですが、個人輸入による医薬品治療には正しい知識と理解が必要ですのでこの意識を持っていないとおこなうべきではありません。

この場合は、医療機関等で適切な指示や処方を受けて利用することが適切です。

 

薬品組成による代表的AGA医薬品の副作用

AGA治療の代表的な医薬品はフィナステリドとミノキシジルです。この他にもAGAに効果的な薬品は多数ありますが、日本でも高い効果が認識され代表的な治療薬として実績が多数あります。

フィナステリドとミノキシジルはそもそもAGA治療を前提として開発された医薬品ではなく、前立腺肥大や血圧降下を目的として開発された薬品が薄毛改善効果を持つことによって成分を再編成したものになります。

 

フィナステリドの副作用
副作用項目詳細
◆妊娠した男胎児への影響フィナステリド成分は男性胎児の生殖器形成に害をもたらすとされています。開発元であるメルク社の動物実験でオスの生殖器奇形誕生結果がFDAに報告されており、FDA、および厚生労働省は「女性の接触を禁じる」副作用表記を義務化しています。

同様に服用を継続している男性の精液にも成分が混じるために、妊娠を考える場合は数カ月服用を停止してからとも言われます。しかし、男性の精液に混じるフィナステリド成分は非常に薄くなっている状態であり、生殖器奇形児妊娠はあくまで可能性の問題とされています。これまでに服用男性の男児に生殖器奇形が産まれた前例は報告されていないようですが注意しておく必要があります。
◆性欲減退・勃起障害フィナステリド製剤の副作用として約6%程の割合で発生すると言われます。しかしながら薬品成分によって発生する根拠がなく、プラセボ(思い込み)効果の影響も挙げられていますがFDAによって副作用記載を義務付けられています。
こちらはプロペシアの内容でもご確認いただけます
◆肝機能障害1%程の割合で肝臓の数値が上昇し肝機能が悪化する副作用を万有製薬(現MSD)が発表しています。これは風邪薬や頭痛薬服用でも同様の数値が検出されており、過去に重大な肝疾患を患った病歴があったり両親に肝疾患を持つ場合は注意しておくことが必要です。

用法と諸注意
フィナステリド成分0.2%及び1%の薬剤を1日1回服用します。服用時間は特に制限ありません。2%以上の成分では毛根DHT阻害効果に大差がなく、唇が腫れる等の副作用が発生しやすいので1%が頭髪発毛に最も効果が高いとされています。

 

ミノキシジルの副作用
副作用項目詳細
◆循環器疾患既往者の使用禁止高血圧患者への降圧剤として開発された経緯から心臓系の疾患を持っている場合使用が禁止されています。また、もともと血圧が安定しない体質の場合は稀に動悸やめまいなどを起こす可能性があります。
◆低血圧症状朝に弱くなる、目が覚めるまでに時間がかかるといった低血圧の症状が顕著に表れる可能性があります。
◆頭皮のかゆみ、ニキビ等の発生ミノキシジル外用薬の基剤成分であるプロピレングリコールにアレルギー反応を示した場合、頭皮部分にかゆみを帯びる場合があります。日焼けした場合など顕著になります。また、内服薬では顔の脂分に反応して吹き出物やニキビができることがあります。
◆体毛の増加眉、腕、すね、陰部等の体毛が著しく増加する傾向があります。
◆体重の増加一時的な場合が多いですが、内服薬・外用薬ともに腹部の脂肪が増える現象があります。健康的には問題ありません。

用法と諸注意
国内販売外用ミノキシジル(リアップ)は成分含有量1%と5%があり、内服薬を含めた海外製品では5%~20%超の商品があります。含有量の増加に伴い効果が上がる反面副作用リスクも比例するので5%からはじめるのが適切でしょう。外用薬は1日2回、内服薬は1錠を1日1回で時間指定はありません。飲酒時は翌朝に服用するのが好ましいです。

 

AGA発毛医薬品における副作用の大半は副作用を知り服用方法や注意を守ることで安全に実践できます。しかし、もしも自分の体質に合わないという状況に陥った場合は適切に対処することを重要視する必要があります。

自己対応策として

  • 継続できない副作用があらわれた場合は服用・使用を中止する
  • 服用・使用中止で症状が改善されない場合は医師に相談する
  • 他の発毛成分が含まれた医薬品やサプリメントへの切り替えを検討する

といった判断が大切です。

AGA医薬品は万人に共通の効能が均等に現れるわけではなく、体質によって副作用が顕著に出ることがあります。個人輸入をおこなう場合はこれらを自身で理解して自己発毛に取り組みましょう。また、自分で判断できない場合や理解できない場合は医院やクリニック等で相談して的確な治療をおこなうことが重要であることをしっかり把握しておきましょう。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ