ロゲイン(ミノキシジル外用薬)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゲインは毛根血管拡張効果によって発毛を促すミノキシジル成分を含有した外用発毛医薬品(育毛剤)です。もともとは血圧降下を目的とした血管拡張剤として開発された成分です。

ミノキシジルに発毛効果が発見されて以降、頭髪発毛に成分再編成され販売が開始されたロゲインは、特にAGA(男性型脱毛症)の薄毛治療特効薬として高い発毛効果をもたらしています。

ロゲインの概要(作用と効果)

ロゲインの発毛理由は、薄毛要因のひとつである毛根部分毛細血管への血流増進効果によるものです。脱毛男性ホルモンを抑制するAGA医療が成立する以前には、髪が痩せてヘアサイクルが狂う原因として毛根への栄養供給が不足していることが最も注目されていた経緯があり、ロゲインの成分であるミノキシジルの発毛効果はその見解の正当性を証明したことになります。

ロゲインは毛根血流の改善による栄養供給増大効果で傷んだ毛包を再活性させる作用と、毛母細胞を活性化させる新毛生成作用を発揮します。

 

ロゲイン使用による改善効果発生比率

ロゲインは1日2回の塗布をおこなった薄毛患者において約85%の効果があるとされています。上記グラフでは90%の改善が見られますが、販売開始から時間が経過して普及が進んだために検体数が増加しており
、上記の統計が一概に正しいとは言い切れない部分があります。

また、外用薬(育毛剤)という用法であることからも作用時間や作用効果が強力ではないために、人によって作用ムラが発生しやすかったり効果発生に時間がかかるという部分があります。このため、フィナステリドや内服ミノキシジルとの併用による相乗効果を狙う治療が最近ではポピュラーな手段となっています。

 

ロゲイン連続使用による耐性の有無

連続して使用した場合に薬効成分に慣れが発生してしまい効きが悪くなる耐性ですが、ロゲインに含まれるミノキシジル成分に耐性が発生するのか検証してみます。

厚生労働省が認定する日本毛髪科学協会の調べでは耐性がつく事実はないとされています。そもそもミノキシジルは血管拡張を前提に開発された医薬品の派生薬品であり成分を希釈したものです。血管拡張剤に耐性がつくという前例がそもそもありません。

しかし、ミノキシジルは血行促進による毛髪生成を促す成分ですので、これ以外の原因が重なり薄毛化の要素が勝る可能性はあります。前項目グラフでは連続使用52週目において悪化の状態がわずかながら見られますが、このような他の要因によるものの疑いが強く「ミノキシジルの連続使用で効果が薄れた」とは言えません。

 

ロゲインの副作用

  • 初期脱毛症状
  • 頭皮のかゆみやかぶれ
  • 低血圧症状の発生
  • 心臓病既往歴のある人の使用制限

このような内容が主に挙げられています。

ひとつめの初期脱毛症状ですが、ミノキシジルが持つ毛包や毛母細胞・毛乳頭への栄養供給増進効果によって毛根再生が発生することから、新たな髪を生成する行程に入る際に休止期に入った不健康な髪が大量に抜け落ちる現象が起こります。

頭皮環境によって抜け毛の量は異なりますが、通常の抜け毛に比べ最大で3倍ほどの髪が抜ける(外用薬のみの場合)こともあり、その状態で使用をストップする人も存在します。外用薬の場合は個人差が激しい側面もありますが、使用開始後2~6週間ほど続いた後に驚くほどピタッと止まります。

ふたつめの頭皮の痒みやかぶれについては、直接塗布する薬品であるためにデリケートな肌やアレルギー反応を示す場合があります。ロゲインをはじめとするミノキシジル外用薬にはプロピレングリコールという成分が入っており、頭皮が日焼けなどで過敏な状態の場合に発生しやすくなります。

また、まれに炎症を起こしてしまう場合もあるので、頭皮に異常な熱を持ったりひどい腫れやかぶれが発生する場合は使用を中止する必要があります。その他フケが増えたり違和感が強い場合も同様です。

みっつめの低血圧症状の発生ですが、外用ミノキシジル医薬品では皮膚吸収となり効果が薄いため非常に発生しにくい症状です。外用ミノキシジルでは朝に弱くなる・ふらつく・めまいが発生する等が低血圧副作用として挙げられますが、その症状になる大半が副作用を知ったことによるプラセボ(思い込み)効果だと言われています。

よっつめの心臓病既往歴のある人の使用制限は、基本的に使用制限がかけられていますがミノキシジル外用薬のドラッグストア購入が可能である事実からも絶対的な制限とは言い切れない部分があり、個人の責任に委ねられているのが現状です。

基本的にはロゲインに代表される外用ミノキシジルに重篤な副作用発生は見当たらないと言えます。

副作用についてはこちらもご参照ください

 

ロゲインの選択と入手方法

ロゲインは頭髪用育毛医薬品としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されてから約30年という長い歴史を持ちます。この間に日本でもミノキシジル育毛剤が医薬品認可され、1999年にリアップが販売されています。

元々の販売元はミノキシジルを頭髪外用医薬品として開発したアメリカのアップジョン社(現ファイザー)でしたが、世界的に医薬品として販売する権利(OTC)をジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)社に売却し、現在ロゲインの販売元はJ&J傘下であるマニクール社になっており販売権が管理されています。

OTC事業によりロゲインと成分が同様の外用医薬品が多数存在します。

大正製薬のリアップもロゲインのOTC購入によって販売された外用ミノキシジル医薬品となります。また、現在ジェネリック医薬品も多数存在しており、ロゲインと若干の差があっても基本成分はほぼ変わりません。

 

ロゲインとOTC医薬品

まずリアップとの比較ですが、最もおおきい比較対象は価格になると思います。基本的にはロゲインの薬品構成内容を大正製薬が購入して開発生産しているので生産コストが高騰する他、日本の医薬品認可を受ける行程でのコストも商品代金に盛り込まれるからです。

ロゲインの場合は日本医薬品認定を受けていないために個人輸入が基本となるので、為替にも影響されますが約20~30%リアップよりも安価に購入することが可能です。

そして、もうひとつの比較対象は使用感です。リアップは薬剤がさらっとして既発成分が強い印象があり爽快感がありますが、頭皮や毛穴に残留する時間は短い印象です。逆にロゲインは少々ベタッとした液体ですので頭皮に長く残留する効果があるように感じます。

ジェネリックとの比較は今後おこなっていきますが、現状では元祖である安定した外用ミノキシジルと認識していただくのが適切であると思います。

以下より安心な海外製ロゲインをご購入いただけます!

こちらの文字か画像クリックで販売ページにリンクします

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ