フィンペシア(プロペシアのジェネリック医薬品)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品『フィンペシア』は、プロペシアの成分をそのままに大幅なコストダウンで入手できるDHT(脱毛男性ホルモン)抑制医薬品です。

世界的にも利用者が多いことから日本国内での知名度が非常に高くなっており、低コストで高い発毛効果が期待できる発毛医薬品として個人輸入では不動の地位を誇るAGA治療薬といえるでしょう。

フィンペシアの歴史と薬効成分

フィンペシアはインドのシプラ社という製薬会社によって供給されているフィナステリド医薬品で、プロペシアと同様にDHTを生成する2型5αリダクターゼという還元酵素を抑制し、発毛の阻害を防ぐ効果を持つ医薬品です。

フィンペシアは同一成分で構成されたプロペシアのジェネリック(後発)医薬品として有名で、プロペシアと成分が全く同じであるフィナステリド医薬品でありながら価格が半額以下というコストパフォーマンスで一気に世界的に広がりました。

 

シプラ社のジェネリックと信頼性

シプラ社は1935年創業の歴史あるインドNo.2の老舗製薬会社です。2012年3月決算での売上高は約700億ルピー(日本円で約1200億円)という超大手で世界的なシェアを誇っています。

cipra

シプラ社がここまで世界的な製薬会社となったのはジェネリック薬の製薬会社として君臨しているからです。多大な開発費がかかる先発医薬品と異なり、すでにある成分構成を再利用する製薬行程であるため低価格での薬品提供が可能となり、社の運営基本としているのです。

フィナステリドジェネリック医薬品『フィンペシア』の供給がスタートしたのは2006年頃で、世界的に認知されはじめた頃に日本でも個人輸入が盛んになり知名度が上がり始めました。フィンペシアはプロペシアの成分構成をそのまま利用していますので効果作用が変わらず、世界中に利用者が存在していることからフィナステリドジェネリックとしてNo,1の信頼性を持っています。

 

フィナステリド医薬品の特許期間とジェネリック

AGA医薬品のジェネリックについて

※上記リンクをご確認いただくとわかりますが、フィンペシアをはじめとするフィナステリドジェネリックはプロペシアと何から何までまったく同じではありません。そのため薬効に差異が生じる事があるため、定期的にフィナステリド医薬品をチェンジすることも大切です。

 

フィンペシアの効果

フィンペシアのフィナステリド成分構成部分についてはプロペシアとまったく同一です。そのためにAGA(男性型脱毛症)に対して極めて高い効果を発揮し、日本だけでも改善例の報告が多数あることで効果と信頼性がはっきりしているフィナステリド製剤といえるでしょう。

主だった特徴は世界的に革命的な発毛効果を認めさせたプロペシアと最も類似しており、他のフィナステリドジェネリック医薬品と比べても効果や副作用の所見をプロペシアと同じとするパターンが大半となっています。

効果や副作用の詳細は『プロペシア』にてご確認ください。

信頼性を含めて最もおすすめできるフィナステリドのジェネリック医薬品です。

 

フィンペシアとエフペシアの違い

個人輸入ではフィンペシアと同様のジェネリック医薬品に『エフペシア』というシプラ社のフィナステリド製剤が存在し、混乱することがあります。

結論から言うとどちらも同じものです。

よく「エフペシアは偽薬なので注意が必要!」といった情報も見かけるのですが、エフペシアは錠剤外部コーティングを変更したシプラ社の日本向け輸出仕様のフィンペシアです。

フィンペシアはこれまで錠剤外部コーティングにキノリンイエローという物質を利用しており、欧米では安全性に無関係として流通されていましたが、日本ではキノリンイエローは発がん性が疑われるという見識があり、シプラ社によって外部コーティング剤にキノリンイエローを使用しないバージョンとして作られたのがエフペシアです。

現在ではフィンペシアもキノリンイエローが使用されていないニューバージョンとなっていますので、両方ともまったく同じフィナステリド医薬品となっています。

現在は日本で双方が入り混じり混乱を招きがちですが、旧バージョンのフィンペシア流通が完全に止まればエフペシアもお役御免でなくなると予想されます。

 

【重要】エフペシアの最新情報

2015年2月下旬をもってエフペシアの販売は中止されました。

2014年末よりエフペシアの在庫処分と思われるまとめ売りがおこなわれていましたが、2015年2月をもってエフペシアの流通が終了しました。

今後はフィンペシアのみが日本流通されることになり、パッケージデザインがグリーンに変更されています。

 

フィンペシアの入手

フィンペシアは個人輸入でのみ入手することが可能なジェネリック発毛医薬品です。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。個人輸入や副作用における注意等を確認して利用しましょう。

以下より安心なフィンペシアがご購入いただけます。

こちらの文字か画像クリックで販売ページにリンクします

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ