リアップ(日本製外用ミノキシジル)でわかる日本薬事認可

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国内では「髪が生える育毛剤といえばリアップ」という認識を誰もが持っています。発毛効果の高いミノキシジル成分によって一定の改善効果報告が示されているためです。

1999年に認可された歴史の長い発毛医薬品ですが、現在の5%濃度に認可が出るまでに様々な状況が発生したことから、日本人の感覚を映す参考材料として確認することができるのです。

日本の育毛剤医薬品認可基準認識は過去で止まっている

一般的に日本では「育毛剤」とカテゴライズされる製品が昔から多数存在します。そのほとんどがドラッグストアで手に入る医薬部外品という予防を前提としたヘアトニック扱いで販売されています。

育毛剤に医薬品カテゴリーが登場したのは1990年台で、資生堂や第一三共ヘルスケアの育毛剤が「頭部毛根血流改善」という名目で一般医薬品(薬局薬店販売医薬品)認可を取得して現在にいたります。

当時の見解では「薄毛化を抑えるには今ある髪を抜けにくくする」ということが基本で、そのためには「毛根血流を改善すれば髪が毛根に根付く」という考え方だったのです。

この基本概念は医薬品も医薬部外品も共通であり、「頭皮に爽快感を与えて刺激し血流を改善する」という目的で脱毛を予防し、研究結果による一定の医学的な根拠と成果提出で医薬品認可されるという状況でした。

この当時は医薬品も医薬部外品も大差がない状況だったのです。

ところが医薬品認可は販売上において顧客の「医薬品だから効きそうだ!」という期待を煽るのに十分なおおきなメリットとなり、育毛剤テレビCMでも最後に「医薬品!」とアピールする習慣がついたのです。

そしてこの育毛剤における一般医薬品認可基準は現在も変わっていません。発毛するという定義で認可を取得することはできず、あくまで「頭部血流改善」が前提となっているのです。そのためにドラッグストアに並ぶ育毛剤が、たとえ医薬品でもあくまで頭部血流増加させる目的なので、悪く言えば発毛しようがしまいが関係ないのです。

 

リアップの登場による育毛剤業界の変化

ファイザー社によって開発されたミノキシジル外用薬「ロゲイン」の販売権利が、1990年台半ばにジョンソンエンドジョンソン社によってOTC(販売権利ライセンス)事業統括されるようになり、大正製薬が権利購入をおこなって1999年に「リアップ」が誕生することになりました。

当時はAGA医療など存在せず、育毛剤は化粧品の一部のような認識であったため、リアップはいきなり一般医薬品認可をザルのようにくぐり抜けて薬局販売が開始されたのです。

日本で認可されたのはミノキシジル成分1%という僅かなものでしたが、前評判が高いために全国で品切れ状態が発生するほどとなったのですが、ここで問題が発生しました。リアップの説明書に記載義務があったミノキシジルの副作用報告が大正製薬に大量に寄せられたのです。

現在の外用ミノキシジル治療では5%以上がスタンダードとなり、リアップx5が当たり前のように販売されていることから、この当時は説明書や前情報による思い込みによる副作用報告が大半であったことがおわかりいただけると思います。

そもそも1%レベルのミノキシジルを頭皮につけただけで動悸が止まらないなどあり得ませんし、仮にあったとしても、それは重症の心疾患で一般生活が困難な状況ですから。

この一連の出来事が育毛剤関連の認識を大きく変えました。

これまでの育毛剤の経緯を見ても、育毛剤で副作用が発生する可能性があるなど前代未聞で誰も想像もつかなかったのです。

その結果、利用者は副作用の表記に過敏になってプラセボ効果副作用の思い込みが発生するようになり、厚労省は以後ミノキシジル外用薬の認可を出さない方針を示して利用者に注意喚起するようになったのです。

そしてプロペシア認可時には医師処方を義務付けてAGA医療を組み立てるきっかけにもなりました。リアップに関しては薬局購入時に病歴の確認が義務付けられるようになり、リアップ以降のミノキシジル薬品認可が停止状態で、現在は大正製薬の独占市場となっています。

他の医薬品育毛剤はリアップの効果とかけ離れているために太刀打ちができず、大半が撤退している状況となって現在に至ります。

 

リアップの特徴と効果

現在リアップにはミノキシジル1%のバージョンと5%含有のリアップx5、女性向けのリアップレディがラインナップされています。AGA治療で最も売れ筋となっているのはミノキシジル5%含有の『リアップx5』です。

外用ミノキシジルの元祖であるロゲインと同様にミノキシジル成分が5%となっていますが、使い心地はまったく異なる印象です。ロゲインが若干ベタつく印象があるのに対し、リアップはサラっとした揮発性の高い爽快感を重視した印象です。

このために作用時間が非常に短くなるような感覚を受けますが、これまでの日本製育毛剤に慣れている日本人向けにこういった調整を施していると思われます。

 

リアップの効果

上記グラフはフィナステリドの併用がないリアップのみの改善記録ですが、基本的にロゲインの作用効果と類似した結果になっています。実際に1%バージョンのみの販売時にも使用者の改善報告が多数あったことから、ミノキシジルが少量でも一定の効果が発揮されることがわかります。

ミノキシジル濃度と発毛効果は比例するため5%であれば当然効果が上がることが明らかなので、基本的なAGA治療における効果反映を十分に期待できる医薬品であると言えるでしょう。

 

リアップが高額となる理由

リアップは市場価格が7000円ほどとなるミノキシジル外用薬です。同じ濃度のロゲインジェネリックが存在するなかでリアップが高額となるのは日本で認可された医薬品であり、通常はリアップ以外に選択肢がない市場独占医薬品だからです。

そもそもリアップはロゲインの特許力が残存している時代に、成分ライセンスを購入して日本薬事法をクリアし、医薬品認可を受け取ったある種の日本オリジナル医薬品という立ち位置です。

そのために日本での独自薬品生成技術や医薬品認可取得、J&J社へのライセンス使用料等にコストがかかっており必然的に高額になってしまうのです。

個人輸入で購入できる外用ミノキシジルジェネリック医薬品の場合は、薬事法特例を行使して海外医薬品を入手するという日本薬事法認可が及ばない部分での話となり、同列に挙げることができないものなのです。

 

こういった場合にリアップを選ぼう

  • 海外製品の薬質が頭皮に合わない場合
  • 海外製品がどうしても心配な場合

リアップは日本人の肌質に合った使用感が追求されたミノキシジル医薬品と言えます。ロゲインやポラリス等の海外製ミノキシジルは液体の質感に粘りがあり独特の匂いが発生する場合がありますが、リアップには一切ありません。

また海外製ミノキシジルは頭皮の肌質が弱い場合に痒みを招くことがあり、リアップはその辺りにも対処がなされています。

同じ濃度のミノキシジルであれば効果作用にほとんど差がありませんので、日本大手の製薬会社が手がけるミノキシジルに安心を求めたい場合は選択肢に含めるのがいいと思います。(※5%の含有は現在外用として少ない部類に入ります)

 

リアップはネット購入ができます

リアップは薬店購入時に薬剤師による問診が義務付けられており、恥ずかしい思いをしなければなりません。しかし、ネット購入であれば問診がメールによっておこなわれますのでプライバシーが保護されます。

詳細は販売ページにてご確認いただけます!

こちらの文字か画像クリックで販売ページにリンクします

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ