AGAアンサーが勧める『最速最強!AGA克服セット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

90%以上の発毛効果を発揮する驚異的な改善率!

いかがでしょう?すべて治療開始後5ヶ月経過時点でのご報告写真です。

実はAGAアンサーマスター自身も薄毛に怯えた過去を持ち、身近な人間にも強烈な薄毛化が襲いかかりました。

その際に経験した知識を元に、薄毛改善の助言やアドバイスをおこなわせていただいております。

この写真はそのご相談者様に掲載許可を得てお預かりしたもので、改善例としての提供にご協力をいただきました。

AGAには個人差が多いため一律の治療法がすべての症例に必ずしも効果的とは言えませんが、使用する発毛医薬品などの組み合わせによって改善することが数百人にのぼる方のご報告やご相談から明らかになり、蓄積された改善データとなって当方にありますので、現状で薄毛に悩まれている方の改善へ活かすことが可能と考えています。

天然成分AGA克服セットページを開設致しました!

発毛医薬品を上回る効能を持ちながら副作用・使用制限のない天然成分やアミノ酸による化学的天然発毛成分を特集したページを作成致しました。発毛医薬品が使用できない方や使用に抵抗のある方、また発毛医薬品とのプラスでより高い発毛効果をお考えの方に基礎的な知識からベストな組み合わせのセットまでをご提案しております。

以下よりご覧いただけますので是非ご確認ください。(※本ページ最下部にもご案内がございます。)

発毛医薬品で治療をおこなう際の基礎知識

おそらくこれまでもAGA医院に通ったり、ドラッグストアで「リアップ」を購入し育毛に励んだりといった方は多数いらっしゃると思います。

ここで大事なことは…

AGA医院では薬事法で定められた医師処方が必要な『プロペシア』を処方するのみが基本

ドラッグストア購入が可能な『リアップ』のみでは発毛効率が非常に悪く失敗しやすい

という点です。

もちろんそれぞれ発毛医薬品として認可され存在するものなので発毛効果は認められており、単体使用で効果が発生する方もいますが「なかなか効果がみられなかった」という声が圧倒的に多い事実があります。

また、AGAの薄毛症状は一度発症すると一気に加速する特性があり、発毛医薬品を複合させるという工夫が短期間で発毛を導く最も重要な要素となるのです。

効果が絶大となる複合すべき発毛医薬品の組み合わせ

基本的な治療として組み合わせるべきものは

  • フィナステリド(2型5αリダクターゼ抑制医薬品)
  • 外用ミノキシジル(頭皮塗布タイプ外用育毛剤)
  • 内服ミノキシジル(血流増加発毛効果医薬品)
  • アゼライン酸(1型5αリダクターゼ抑制外用剤)

以上の4点となります。これらが組み合わさって高い発毛効果を発揮していきます。

現在はネット情報によって薄毛改善の手法が数多く公開されていますので「なんとなく知っている」という方が多いと思いますが、これらの発毛医薬品がそれぞれどのような効力を持っておりどう作用するのかという点については理解されていない方が大半です。

これまでに発毛医薬品を利用した薄毛改善に取り組まれた方でも、正しい薬品知識や組み合わせを理解しないまま使用して「頑張っているのに効果が出ない」といったケースは多くあります。また「薄毛を治せても危険な薬品の副作用で苦しむ」といった情報もあることから、なにを信じればいいのかわからないまま効果的な治療に取り組めないという方も相当多くおられるはずです。

薬品の構成や組み合わせを理解することは非常に大事なのです。

さらに効果的な治療をおこなう上ではこの他にサプリメント等をプラスしたり、他の発毛医薬品を使用するといった手法も存在します。しかし遺伝や体質によって薬品が効きにくい場合の不安、使用するにあたってのコスト(費用)や入手方法がわからないといった不安もあると思います。

1,各発毛医薬品の効能と特徴

まず最初に先程挙げた4点の発毛薬剤について確認しましょう。

フィナステリド(2型5αリダクターゼ抑制医薬品)

フィナステリドはAGA医療が開始されるきっかけともなった薬剤成分で、フィナステリドが主成分となったプロペシアがあまりにも有名です。

フィナステリドはAGA発症要因となる脱毛男性ホルモン(DHT)を生成する2型5αリダクターゼという酵素を抑制する働きがあり、進行性の薄毛をストップさせる作用を持ちます。

2型5αリダクターゼは毛母細胞や毛乳頭といった毛根部分に存在してDHTを生成するため、このブロック効果で身体が持つ毛髪生成作用の阻害がなくなることが最もおおきな効果となります。

フィナステリドについて詳しくはこちら

基本的にAGA医院による医師処方がプロペシアでは必要ですが、厚生労働省の薬事法特例として個人輸入での購入が認められており、自宅にいながら入手が可能な他、安価なジェネリック医薬品も存在します。(後ほど詳しくお話致します。)

外用ミノキシジル(頭皮塗布タイプ外用育毛剤)

外用ミノキシジルは頭皮に直接浸透させる育毛剤タイプの発毛医薬品で、日本では大正製薬のリアップが代表的です。

外用ミノキシジルは毛根血管拡張効果とそれに付随する毛母細胞刺激効果によって発毛環境を作り出す作用を持ちます。

DHT(脱毛男性ホルモン)の抑制効力がないことや、頭皮吸収の薬効は作用時間が弱く短いこともあり単体の使用では思ったほどの効果が望めませんが、他薬品との複合による相乗効果が高いことが特徴です。

ミノキシジルについて詳しくはこちら

日本では「リアップ」が一般医薬品としてドラッグストア販売が認められていますが、高価となっており、こちらも厚生労働省の薬事法特例として個人輸入での海外薬品購入が認められています。安価なジェネリックの他配合成分が異なったものも多数存在します。

内服ミノキシジル(血流増加発毛効果医薬品)

内服ミノキシジルは、発毛効果の高いミノキシジル成分を内服タイプに編成しなおしたものです。

内服ミノキシジルは毛根血管拡張効果とそれに付随する毛母細胞刺激効果が体内吸収されることによって、ダイレクトな毛根血流増加作用と効果的に長時間作用する特徴があります。

発毛するための効果が強い反面、薄毛化を促進させるDHT(脱毛男性ホルモン)の抑制効果はありませんので、こちらも単体で利用する上では爆発的な効果が得にくい特徴があります。

ミノキシジルについて詳しくはこちら

現状で日本国内での内服型ミノキシジルの処方・販売はまだおこなわれておりませんので、FDA(アメリカ食品医薬品局)にて厳しい認可処理がおこなわれた製品の個人輸入が基本となります。

アゼライン酸(1型5αリダクターゼ抑制外用剤)

アゼライン酸は小麦や穀物の酵母から抽出される天然成分で、肌の角質化防止効果や皮脂の影響を抑える脂肪酸抑制効果があります。

近年ではAGAによる頭皮の硬化や、皮脂腺から分泌される1型5αリダクターゼ(DHT生成酵素)を抑制する作用が発見されており、薄毛治療においても有効な成分として認識されています。

頭皮に直接塗布するクリームタイプのものが主流となっており、外用ミノキシジル育毛剤に混ぜ込んで使用するのが一般的です。最近ではあらかじめアゼライン酸が混ぜ込まれた外用ミノキシジルも存在します。

アゼライン酸について詳しくはこちら

海外ではニキビ治療やシミ・そばかすなどを治療する皮膚再生効果をメインに取り扱われています。日本国内ではまだ認可されていませんのでFDA(アメリカ食品医薬品局)にて厳しい認可処理がおこなわれた製品の個人輸入が基本となります。

各薬品の効果をわかりやすく分類すると以下のようになります。

これらが揃ってはじめて高い改善効果が発生するのです!

本来頭髪の生成能力はどんな人にも必ず存在するものです。その生成能力がマイナス要因となる薄毛化を進める力に負けてしまえば、髪がなかなか成長しなかったり細く少なくなってしまうのは当然のこととも言えます。

例えばプロペシア(フィナステリド)をAGAの特効薬のように考える人が多いですが、「服用していれば薄毛が治る!」と期待して治療に励んだものの思ったほどの効果が得られずに「騙された!」と考えてしまう方も多いです。

『自力で発毛させる力』が弱くなっていればいくら脱毛男性ホルモンを抑制してもこうなってしまうのは仕方のない部分なのですが、知識そのものがないために迷走してしまうのです。

また、リアップ等のミノキシジル治療のみも然りです。そもそもの脱毛要因を止めていないのに驚くほどの発毛効果が発生するわけがありません。プラスの要素を得るためにマイナス要素を潰すのはどんなことでも基本中の基本です。

『発毛を阻害する要因』を止めるだけでも『発毛を促進する』のみに取り組むだけでも効果が少ないのは当たり前のことなのです。

発毛医薬品の副作用

AGA治療を自分でやってみようと調べてみたら「軽い気持ちで発毛医薬品に頼ると副作用で一生を台無しにしてしまう!」などの情報にぶつかるケースがあると思います。

まず結論から言えば、一生を台無しにするような副作用がある医薬品なら、どうしてAGA医院で処方する認可が厚生労働省から降りているのでしょう?どうして薬品の個人輸入入手を厚生労働省は特例として認めているのでしょう?という根本的な矛盾が発生します。

健康や生命に著しい影響を与える薬品について厚生労働省は厳格です

「個人輸入薬品はノーチェック」と考えられていますが、これは海外の症例に対する効果を確認した上で個人利用におおきな問題がないと厚生労働省による事前チェックが完了したものです。

このような薬品に対して地方厚生局への輸入申請を免除するという特例を「危険な薬品だから日本では認可されない」と拡大解釈して勘違いしているのです。

また個人輸入が可能な日本未認可医薬品は、そもそも日本よりも厳格なFDA(アメリカ食品医薬品局)による厳格な審査を受けた上で認可されている世界的な医薬品が大半です。日本では「自分には効かない」等で製薬会社が叩きのめされるような「万人ノーチェックで効果が発生するのが当たり前」という認識や、わずかな副作用でも「一生を台無しにする!」と主張する風習が強いため薬品認可が相対的に遅いのです。

つまり一生を台無しにする副作用など存在しませんし、すべて基本的な用法を守ることで安全に治療できる医薬品です。

もちろん副作用についてしっかり理解しておく必要があります。フィナステリド、ミノキシジルに関する副作用を別ページにまとめているので参照してください。

発毛医薬品の副作用を理解する

発毛医薬品の初期脱毛について

2,個人輸入による購入について

個人輸入とは、海外での運用によって効果性・安全性が確認された医薬品や化粧品を独自に個人で購入利用しても構わないという厚生労働省が定める薬事法特例です。厚生労働省が管轄する薬事法では、日本国内での薬品生産や流通・処方を前提とした薬事試験を実施して認可が施され、病院での処方や医薬品として薬局で購入が可能になるという仕組みになっています。

しかし「日本薬事法認可を受けていないが効果を発揮することが世界的に認められている医薬品」は多数存在し、日本でも過去から「日本製医薬品で治療できない病気に対して海外から医薬品を輸入して医師が処方する」という例が多数存在します。

日本の医薬品認可は副作用認識が厳しく行程が複雑で時間がかかることもあり、こういった海外薬品輸入が薬事法特例として認められたことから、現在では「重篤な副作用発生がなく自己管理で利用できる薬品や化粧品に対して一定量の輸入購入を認め申請を必要としない」とされる特例が敷かれるようになっています。

AGA医薬品は医師処方での入手と個人輸入での入手が認められています。

詳細は以下よりご確認いただけます。

発毛医薬品の個人輸入について

個人輸入による購入ができる条件
  • AGA治療薬に関する知識があること
  • AGA治療薬の副作用などを把握していること
  • 自己責任で購入・利用をおこなうこと

これらが基本(絶対)条件となります。自身で管理することに抵抗がある場合や知識を理解する意欲がない場合は個人輸入によるAGA治療をおこなうべきではありません。

この場合は高額となりますがAGA医院やクリニックで医師による診察・処方を受けて治療するのが好ましいですので、悩まれる場合はAGA医院の診療と投薬を受けてください。

個人輸入代行業者を利用した購入について

発毛医薬品の個人輸入は個人輸入代行業者で購入手続きを取ることが可能です。AGAアンサーでは「オオサカ堂」を中心に歴史が長く信頼感が高い業者のみをご紹介しています。

個人輸入では偽薬販売やまとめ売りなどの薬事法違反をおこなう代行業者が多数あり注意が必要ですが、医療関係からも注文が入るほどの信頼感がある業者ですのでご安心いただけると思います。

※海外発注となるため注文から商品が届くまでに1週間ほどかかります。


発毛医療先進国タイのNo.1クリニック医薬品セットご紹介をはじめました!

日本と同様に薄毛医療が発展した国がタイですが、そのなかでも発毛医療専門クリニックである「ナコーンルアンクリニック」によってアジア人向けの体質に合わせて開発された発毛医薬品セットがAGA患者を続々と回復させています。

バランス良く配合された複数発毛医薬品セットの驚くべきはその発毛効果です。

この度AGAアンサーでは「ナコーンルアンクリニック」が展開する発毛医薬品セットについて、正式な日本代理店である育毛ハック様より本製剤セットの完成度や安全性の解説をいただき、こちらでもご紹介させていただく運びとなりました。

本セットはこんな方にお勧めです

・AGA治療が初めてなので自身で発毛医薬品を選択する自信がない

・これまでと異なる組み合わせの発毛医薬品を試してみたい

・予めひとまとめになった効果の高い育毛・発毛セットを求めている

特にこのなかに当てはまる方にはお勧めできる内容であると思います。もちろん次項目よりこれまでAGAアンサーで取り扱っております各発毛医薬品の解説と提案もございますので、検討材料の一環としてお考えいただければよいかと思います。

ナコーンルアンクリニック育毛セットの詳細はこちらです。

3,低コストではじめる効果抜群の【基本発毛セット】

発毛基本セットではジェネリック(後発)医薬品を中心にご紹介します。

ジェネリック医薬品の詳細はこちら

フィンペシア+ノキシジル(ミノキシジルタブレット)5mg

hakui150fina

フィナステリドと内服ミノキシジルのジェネリックセット

脱毛ホルモンを抑制する革命的医薬品成分フィナステリド医薬品『プロペシア』のジェネリック医薬品『フィンペシア』は世界で最も普及率が高く、効果・安全性がプロペシアとほぼ同一です。AGA発症要因となるDHT生成酵素「2型5αリダクターゼ」を効果的に抑えます。

毛根血流増進により毛母細胞分裂を促進させる発毛効果が高い内服型ミノキシジル『ロニテン』のジェネリック医薬品『ノキシジル(ミノキシジルタブレット)』のミノキシジル含有5mgバージョンをセットにしています。5mgは発毛効果がしっかり存在しながらも副作用リスクが少ないことから、脱毛症状進行が比較的ゆるやかなAGAでお悩みの方には最適です。

それぞれ100錠ずつ入っていますので100日分(3ヶ月以上)の使用容量となります。

1ヶ月あたりの費用はおよそ1700円前後です。(※為替により若干変動します)

カークランド5%

世界で最も流通している外用ミノキシジルのジェネリック

頭皮に直接塗布する育毛剤タイプのミノキシジルとして最もスタンダードな『カークランド』はミノキシジル育毛剤として高い評価を受けた『ロゲイン』のジェネリック医薬品です。毛穴から浸潤して毛根を刺激し、血流増進と毛母細胞分裂を促進します。

ミノキシジル成分配合量5%は外用ミノキシジルとして少ない配合量の部類となりますが、副作用がほとんど発生しないこともあり、これからAGA治療をはじめる方や脱毛症状進行が比較的ゆるやかなAGAでお悩みの方には最適です。

60mlが2本セットでリアップx5(ミノキシジル5%)の半額以下です。

1ヶ月で1本使用と換算すると月額1800円ほどです。(※為替により若干変動します)

スキノレンクリーム(アゼライン酸)

1型5αリダクターゼ抑制効果のある皮膚用クリーム剤

頭皮に直接塗布するか外用ミノキシジルに混ぜ込んで使用する天然成分酵母が原料の頭皮環境改善薬品です。そもそもはニキビ等の治療薬ですが、皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼ酵素の抑制効果が発見されている他、頭皮が赤茶けて硬化する状況を抑制する効果があります。

薄く僅かな量を直接頭皮に塗るか、60mlの外用ミノキシジルに5cmほど混ぜ込んで使用します。使用開始時に頭皮にヒリヒリとした感覚が発生する場合があります。

1回使用量は僅かですので1本で半年以上の使用分の容量があります。

半年で1本使用と計算すると月額550円前後です。(※為替により若干変動します)

以上が基本セットとなります。それぞれ容量が多くありますので1ヶ月単位で計算するとかなり割安です。

1ヶ月あたりの治療費用は合計4,000円前後です。

4,毛髪栄養素を補給して効率を上げる【発毛プラスセット】

AGA(男性型脱毛症)治療において脱毛抑制と発毛効果増進を引き出す発毛医薬品治療だけでは不十分でもあります。髪の生成には身体の代謝機能や体内栄養素のバランスなどの状態も改善の必要があるためです。そこで発毛医薬品以外のサプリメントを補充し、発毛の増進作用を促したり体内環境の活性化をおこなうことがおすすめできます。

【基本発毛セット】

【強力発毛セット】

【裏発毛最強セット】

モンゴ流スカルプシャンプーEX

脱毛ホルモンを抑制し頭皮を健全化する天然アミノ酸シャンプー

『モンゴ流シャンプーEX』は、髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底研究されて大幅リニューアルされた育毛シャンプーで、頭皮環境を整えるのに有効な成分だけが30種類以上配合されており、新配合成分によって頭皮の奥から毛先までをトータルにケアしてくれます。

過剰皮脂分泌や菌の繁殖を抑える高い洗浄効果はもちろん、頭皮・髪を改善する成分が凝縮されておりボリューム感が出るため洗い心地・仕上がりが完璧といえます。

1本で400mlとなっており、およそ3ヶ月分の使用量です。

3ヶ月で1本使用と計算すると1ヶ月約1700円ほどとなります。

毛髪大作戦Growth Project『BOSTONサプリメント』

注目の天然素材『ノコギリヤシ』配合サプリメント

ヤシ科の植物でハーブの一種であるノコギリヤシはDHT抑制効果が発見されています。BOSTONにはノコギリヤシの他に発毛促進栄養素であるイソフラボンやコラーゲンペプチド、亜鉛を中心に20種以上の成分が入った発毛サプリメントとなっており、髪の生成を考えられた構成から発毛に欲しい成分が効率的に摂取できると言えます。

BOSTONは発毛効果が口コミで話題となり、現在では累計15万本以上出荷されているリピーターの数もうなぎ登りのサプリメントです。発毛医薬品との組み合わせで効果がより高くなるサプリメントです。

90粒が1ヶ月分として1箱になっており1日に3粒服用します。

1ヶ月分7380円ですが、定期購入すると最安1ヶ月4826円で購入できます。

Swanson(スワンソン)グルコン酸亜鉛

欠乏しやすい発毛必須栄養素『亜鉛』の発毛用サプリ

亜鉛は免疫力の向上、細胞の再生、解毒作用など代謝の活性に必須の栄養素です。亜鉛が不足するとシワが増えたり、性欲の減退、爪や髪が傷んで伸びにくくなるなどの症状があらわれ、亜鉛欠乏性脱毛とも言われるほど発毛にも関連します。

亜鉛はDHTの抑制にも一定の効果があり前立腺肥大症にも利用されるほどです。亜鉛は食事から1日の必要量を摂取することが難しく体外排出しやすい栄養素ですので、特に頭髪生成に向けて改良されているグルコン酸亜鉛は必須です。

1瓶に250錠入っていますので8ヶ月強の使用分となります。(1日1錠)

1ヶ月あたりの費用はおよそ250円前後です。(※為替により若干変動します)

プレミアムリジン

髪のタンパク質成分の生成効率を高める『L-リジン』

髪や爪などの身体を紫外線や衝撃から守る保護物質の組成はタンパク質です。このタンパク質を生成するために大きく関連するのが『L-リジン』というアミノ酸であり、体内で生成できないことから不足しやすい栄養素です。

L-リジンには髪の生成を促進する効果やミノキシジルとの併用で発毛効果が高くなる特性があり、コラーゲンの生成を助ける力もあるため、美しい髪や健康な健康な頭皮を作り出す代謝環境を整えます。

内容量は200錠ですので約1ヶ月分の使用容量です。

1ヶ月あたりの費用はおよそ2000円前後です。(※為替により若干変動します)

ビタミンCウィズジヒドロクエルセチン

喫煙者の方が欠乏しやすい抗酸化作用の強いビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用が強く必須のビタミンです。ジヒドロクエルセチンはビタミンCの体内残留時間が長く、高い抗酸化作用を維持する成分です。本サプリでは一般的なアスコルビン酸ビタミンCとジヒドロクエルセチンビタミンCがバランスよく配合されています。

ビタミンCは体内生成ができず摂取しても体内消費や排出が多いために欠乏しやすい特性があり、特に喫煙によってビタミンCは大量に消費されるため喫煙習慣のある方は補充しておくことをおすすめします。

内容量は250錠ですので1日3錠計算で約3ヶ月分となります。

1ヶ月あたりの費用はおよそ1100円前後です。(※為替により若干変動します)

以上が各発毛セットに組み合わせる発毛プラスセットとなります。

1ヶ月あたりの費用は合計で8,000円前後です。

※喫煙習慣のある方はビタミンCも摂取するよう心がけてください。
※すべて揃えるのが好ましいですが、無理をせず必要なものから選択していきましょう。

5,さらに効果の高い発毛医薬品を利用する【強力発毛セット】

強力発毛セットでは、成分が強いタイプの発毛医薬品を紹介します。発毛基本セットよりも効果発生が早いためAGAの症状が強い場合に有効ですが、副作用が少々現れやすくなる可能性がありますのでご自身でよく理解されてください。

フィンペシア+ノキシジル(ミノキシジルタブレット)10mg

フィナステリドと内服ミノキシジル成分が多いジェネリックセット

DHT(脱毛男性ホルモン)抑制効果のあるフィナステリドのジェネリック医薬品『フィンペシア』と、血流増進に関連する毛髪生成効果の高いミノキシジル内服薬『ノキシジル』の10mgバージョンセットです。

ミノキシジルの発毛効果が高いため、AGA進行が目立つ場合に効果的です。5mgのノキシジル服用で体調に変化がない場合、10mgを利用しても特に変調があらわれることはないようですので、5mgからステップアップするのが好ましいです。

それぞれ100錠ずつ入っていますので100日分(3ヶ月以上)の使用容量となります。

1ヶ月あたりの費用はおよそ1700円前後です。(※為替により若干変動します)

[NR-11]ミノキシジル12%+フィナステリド0.1%+αローション

フィナステリドが配合された高濃度外用ミノキシジル

ミノキシジル育毛剤を専門に研究し、絶大な信頼を持つポラリス社の外用ミノキシジルです。12%のミノキシジル成分にDHT抑制成分であるフィナステリド、アルファトラジオールが含まれており、非常に高い発毛効果を発揮します。

ミノキシジル成分カプセル化技術によって外用ミノキシジルにありがちな塗布による痒みが発生せず、副作用報告もほとんどない安全なおすすめのミノキシジル育毛剤です。

ケタ違いの効果でありながらリアップx5よりも約3割安価です。

1ヶ月あたりの費用はおよそ5000円前後です。(※為替により若干変動します)

スキノレンクリーム(アゼライン酸)

1型5αリダクターゼ抑制効果のある皮膚用クリーム剤

頭皮に直接塗布するか外用ミノキシジルに混ぜ込んで使用する天然成分酵母が原料の頭皮環境改善薬品です。そもそもはニキビ等の治療薬ですが、皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼ酵素の抑制効果が発見されている他、頭皮が赤茶けて硬化する状況を抑制する効果があります。

薄く僅かな量を直接頭皮に塗るか、60mlの外用ミノキシジルに5cmほど混ぜ込んで使用します。使用開始時に頭皮にヒリヒリとした感覚が発生する場合があります。

1回使用量は僅かですので1本で半年以上の使用分の容量があります。

半年で1本使用と計算すると月額550円前後です。(※為替により若干変動します)

以上が強力発毛セットとなります。予算を検討して発毛プラスセットと組み合わせてください。

1ヶ月あたりの治療費用は合計7,000円前後です。

6,最速最強の発毛効率を誇る【裏発毛最強セット】

イギリスのグラクソ・スミスクライン社が開発したデュタステリド薬品を使用する治療のご紹介です。デュタステリドは1型2型両方の5αリダクターゼの抑制効果があり、1型5αリダクターゼ抑制内服薬はこれ以外に存在しません。毛髪数比較試験において、デュタステリドはフィナステリドに比べ1.5倍の効果が認められている医薬品です。

デュタステリドはステロイド系薬品なので耐性が発生する可能性があります。発毛医薬品知識のない方にはお勧めできません。

そのため、AGA治療をおこなってきたが効果がなかなか感じられないという場合にのみ検討しましょう。詳細は以下よりご確認ください。

デュタステリドの発毛効果と利用法

デュタス(アボダートジェネリック)

デュタステリド製剤『アボダート』のジェネリック

フィナステリドで効果に実感がない方がスイッチすることによって発毛を体感することが非常に多い薬品です。DHT生成酵素である1型2型5αリダクターゼを両方とも抑制する強力な脱毛要因阻害効果を発揮します。

効果が高い反面、非常に稀ではありますが性欲現象や精液減少等の副作用が発生する可能性の報告があり、耐性の可能性もあることから使用時は適切な知識が必要な医薬品でもあります。

内容量は300錠となっており10ヶ月分となります。

1ヶ月あたりの費用はおよそ1200円前後です。(※為替により若干変動します)

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)10mg

ミノキシジルタブレット10mg含有タイプ

血流増進と毛母細胞分裂を促進する内服型ミノキシジルです。内服ミノキシジルの中では最も流通量が多く効果報告も多数なスタンダード発毛タブレットとなっています。

効果が高い10mgなので発毛体感が感じられやすいですが、全身の毛が増えやすく動悸等の副作用が発生する可能性が稀にありますので、体調状況によって5mgの選択も視野に入れましょう。

内容量は100錠となっており3ヶ月強の分量となります。

1ヶ月あたりの費用はおよそ1200円ほどです。(※為替により若干変動します)

ドクターゼロ[7hp]ミノキシジル7%+馬プラセンタ+デュタステリド

圧倒的発毛力の新基準複合AGA治療ミノキシジル

発毛関連製品を専門に研究し、近年絶大なシェアを誇るDSヘルスケアの外用ミノキシジルです。毛髪生成組織の再生効力がありAGA医療でも注目される高濃度アミノ酸含有因子である「馬プラセンタ(胎盤)エキス」を配合し、発毛医薬品成分デュタステリドの混合にも成功しており圧倒的発毛力を持ちます。

このためにミノキシジル濃度を上げることなく爆発的な毛髪生成が可能となり注目されています。(AGAアンサーではミノキシジル7%含有を推奨しています。)

配合されている各種成分は、ポラリスの技術である画期的なLiposphereテクノロジーが採用されており、頭皮への高い浸透力を実現し、毛穴の奥の奥深くまで有効成分を誘導し、効果を最大限に発揮します。副作用発生報告もほぼ発生していない最強の外用ミノキシジル薬品と言えるでしょう。

ケタ違いの効果でありながらリアップx5よりも約3割安価です。

1ヶ月あたりの費用はおよそ5500円前後です。(※為替により若干変動します)

スキノレンクリーム(アゼライン酸)

1型5αリダクターゼ抑制効果のある皮膚用クリーム剤

頭皮に直接塗布するか外用ミノキシジルに混ぜ込んで使用する天然成分酵母が原料の頭皮環境改善薬品です。そもそもはニキビ等の治療薬ですが、皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼ酵素の抑制効果が発見されている他、頭皮が赤茶けて硬化する状況を抑制する効果があります。

薄く僅かな量を直接頭皮に塗るか、60mlの外用ミノキシジルに5cmほど混ぜ込んで使用します。使用開始時に頭皮にヒリヒリとした感覚が発生する場合があります。

1回使用量は僅かですので1本で半年以上の使用分の容量があります。

半年で1本使用と計算すると月額550円前後です。(※為替により若干変動します)

毛髪大作戦Growth Project「BOSTONスカルプエッセンス」

発毛効果はミノキシジルの3倍!天然成分のスカルプエッセンス

BOSTONスカルプエッセンスはアカツメクサという天然の野草から取れる成分「キャピキシル」を中心に構成されたまったく新しい育毛剤です。キャピキシルには5αリダクターゼを強力に抑制し、加えて同濃度ミノキシジルの約3倍の発毛効果が確認されています。

また、ボストンスカルプエッセンスには、他のキャピキシル育毛剤とはまったく異なる最新の発毛科学に基づく発毛成分・抗酸化成分が惜しみなく投入されており、現在AGAアンサーが強力におすすめしている製品です。

BOSTONスカルプエッセンスの解説はこちら

天然成分の組成なので副作用が一切ないため、強力な効果と安全性がおおきな話題となっている他、ミノキシジルとの併用が可能なことで圧倒的効果が期待できます。現在最もおすすめできる育毛剤と言えます。

1ヶ月分60mlで14,000円前後と高額ですが、まとめ買いで割引されます。

外用ミノキシジルとの併用でさらにおおきな効果が出ます。

以上が裏発毛最強セットとなります。ここでご紹介したセット内容をそのまま利用しなくても構いません。基本セット強力発毛セットの一部を組み替えて利用することでも高い効果が発揮されますので、ご自身の予算や状況に合わせてアラカルト選択して組み合わせてみてください。

また、発毛プラスセットの内容も大切ですので、ご検討の上組み合わせてください。

すべて揃えると月額30000円近い高額となりますので、他セットに一部組み変える選択も考慮しましょう。


AGAをはじめとする進行性の薄毛は、気づいたときに対処しなければ改善までの時間がますます長くなります。ヘアサイクルの正常化にかかる時間は薄毛化の進行に反比例して長くなっていくからです。薄毛はヘアサイクルが急速に短期化し、毛根が浅くなり髪がどんどん細くなっていく症状です。毛根が浅くなって産毛状態まで進行してしまうと、元に戻すには何度も生え変わりが必要となり、脱毛ホルモンの働きを止めて強い髪をすぐに生成することも難しくなっていきます。

その前に薄毛化のストップをかけることで元通りの髪に戻す確立が跳ね上がるのです。

薄毛は生命や健康を害する病ではありません。そのために『AGA医療』が認められて病の認識ができた現在でも医療保険の適応がなく、AGAクリニック診療では高額な診療費と処方費が必要なのです。

高額にもかかわらず恥を偲んで藁にもすがる思いでAGAクリニックや育毛サロンの門を叩く人が多いのは、薄毛は人生を狂わされるほどの苦しみとなるからです。薄毛の悩みは経験した人でないと絶対にわからない苦しみの病なのです。

しかし、知識と治療手法を持っていれば自力で薄毛改善に取り組むことが可能です。ならば、ここまでご紹介してきたあらゆるパターンの治療薬を、効果の期待できる手法を、できることから試してみませんか?対策を延ばし延ばしにすればするほど改善への道のりが長引き遠のいていきます。

まだ間に合います!自力治療スタート決断のタイミングは今です!

【基本発毛セット】

【発毛プラスセット】

【強力発毛セット】

【裏発毛最強セット】

天然成分AGA克服セットページを開設致しました!

発毛医薬品を上回る効能を持ちながら副作用・使用制限のない天然成分やアミノ酸による化学的天然発毛成分を特集したページを作成致しました。発毛医薬品が使用できない方や使用に抵抗のある方、また発毛医薬品とのプラスでより高い発毛効果をお考えの方に基礎的な知識からベストな組み合わせのセットまでをご提案しております。

以下よりご覧いただけますので是非ご確認ください。

AGAアンサーへのご相談はお気軽に

発毛医薬品や関連知識について疑問点やわからないことがあれば、遠慮なくご質問ください。

薄毛治療に関しては2008年頃から情報を収集していますし、AGAクリニックの患者担当責任者とも懇意にさせていただいていますので、医院やクリニックでプロペシアを処方するだけの不勉強なお医者さんよりも的確な助言ができる自信があります。

いただいたご質問には必ず返信致しますし、本サイトの情報として取り上げて反映させていきますので、悩まずにご相談いただければ幸いです。悩んで止まっていては道は開きません。まずは行動を起こす意気込みを高く持ちましょう!

AGAアンサーへのご質問・ご相談はこちらから

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で


ページの先頭へ