デュタステリドの発毛効果と理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュタステリドはプロペシアの主成分であるフィナステリドと同様に、AGA(男性型脱毛症)発症要因となるDHT(脱毛男性ホルモン)を抑制する医薬品成分です。

その脱毛抑制効果はフィナステリドよりも高いという臨床データがあり、実際に個人輸入やAGA専門医師からの処方による利用者統計では非常に効果的な改善例が多数示されています。

デュタステリドの概要とAGA治療効果

デュタステリドはAGA発症要因となる『5αリダクターゼ還元酵素』を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛男性ホルモン生成を抑制する働きを持つ医薬品成分です。

この働きはプロペシア等に代表されるフィナステリドと同様ですが、デュタステリドはフィナステリドが抑制できない1型5αリダクターゼの生成を抑える効果をもっており、AGA治療においてフィナステリドに対して約1.5倍の脱毛抑制効果を持っているのが特徴です。

デュタステリド誕生の経緯

デュタステリドはイギリスの製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社によって開発され、2001年に発表されました。フィナステリドと同様に、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。

これはAGA医療において発症要因とされるDHTが、そもそも前立腺肥大症の発症要因でもあるためです。DHT濃度が高くなると前立腺に作用して前立腺肥大症を引き起こすという事実から、デュタステリドは1型5αリダクターゼの抑制効果も持つためにDHTを大幅に抑制することが臨床試験によって明らかとなりました。

こうした経緯から前立腺肥大症の臨床現場において非常に高い改善効果を示し、現在も前立腺肥大症改善薬として最前線を務める医薬品成分となっています。

そしてこの1型2型双方の5αリダクターゼを抑制する効果が、進行形の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)の抑制にも非常に高い効果が示されることがわかりました。

AGAにおけるデュタステリドの効果

デュタステリドのDHT抑制に基づく発毛効果には当然注目が集まり研究がおこなわれました。同レベルのAGA進行検体に対してデュタステリドとフィナステリドを投与し、150日経過時点での毛髪数を比較する測定試験です。

直径1インチ(約2.5cm)の毛髪再成長本数

・デュタステリド 108本の毛髪再成長確認
・フィナステリド 72本の毛髪再成長確認

デュタステリドに1.5倍の毛髪再生効果が出る結果となりました。

また、同様の試験がJournal of the American Academy of Dermatology誌主催によっておこなわれ、2014年1月10日号に毛髪数と共に毛髪の太さにおいてもフィナステリドに勝る研究結果が発表されました。

このことからフィナステリドに対する先天的な感受性が悪い人や、早い発毛効果を得たい人へのDHT抑制医薬品として日本国内でも専門的AGA医院でのカウンセリング処方や個人輸入での入手が一部で話題となっているのです。

フィナステリドとデュタステリドの違い

主だってそれぞれの薬剤成分で大きな違いとなることが数点挙げられます。

1,5αリダクターゼ抑制効果の差異

AGAに直結する5αリダクターゼは主に毛根部分に存在する2型が主な要因として捉えられています。これはAGA患者の8割以上がプロペシアに代表される2型5αリダクターゼのみを抑制する発毛医薬品成分フィナステリドによって劇的な改善を遂げているためです。

しかし当サイトでも以前にお話しているとおり、AGAを発症すると1型5αリダクターゼが作用しやすくなってしまうため、AGA改善のために1型の抑制をしっかり考える必要があるのです。

1型5αリダクターゼの影響についてはこちら

1型5αリダクターゼの抑制は基本的に外用薬品による頭皮からの治療が中心であり、血中に入り作用する内服タイプのデュタステリドの方が圧倒的に抑制効果が高くなります。

この作用は血中のDHT濃度をトータルで下げることにつながり、0.5mg含有のデュタステリド投与開始2週間で血中DHTが87.5%減少するという非常に高い効果が示されました。(フィナステリド1mg含有投与2週間では77.4%減少)

事実、デュタステリド服用開始後に頭皮の皮脂が劇的に減って頭皮が柔らかくなりはじめたという報告が多数挙がっています。

2,薬効残存時間の差異

主に半減期という言葉で解説されることが多いのですが、半減期とは薬品成分が血液に溶け込む濃度が半分になるまでの時間を指します。

デュタステリドの場合この半減期間が非常に長く、約2週間以上続くことが公式に発表されています。フィナステリドでは6~8時間が公式発表です。(しかしフィナステリド服用中止後もDHT抑制効果が数ヶ月続くケースが多く一概にはいえません。)

このため、継続服用においてデュタステリドはフィナステリドよりも血中DHT抑制濃度の濃薄が発生しにくく、安定した頭髪成長効果をもたらすと考えられています。

また、そもそものDHT抑制作用が非常に高く、デュタステリド含有濃度(0.5mg)をフィナステリド(1mg)よりも少なくできることで、副作用リスクも小さいことが近年の利用者報告で明らかになっています。

※デュタステリド利用者はフィナステリド服用経験がある知識を持った検体が多く、プラセボ(思い込み)による副作用報告が少ないことも要因になっていると思われます。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの基本的な副作用として挙げられるものはフィナステリドに類似しています。

  • 性欲減退
  • 鼻咽頭炎
  • 女性の薬剤接触禁止
  • 肝機能障害

DHT抑制成分が含有される医薬品の場合は副作用が共通しやすいのでしょう。これらの詳細はフィナステリドの副作用に共通するものですので詳細は以下にてご確認ください。

発毛医薬品の副作用について

鼻咽頭炎とは鼻水が出る風邪や花粉症の症状に近いものです。デュタステリド製剤服用者の中で最も多い報告となっており、約15%でした。その他の副作用報告については1~3%前後となっており、フィナステリド製剤の副作用報告より若干少ない結果となっています。

(※偽薬を処方するプラセボ試験においてEDや精力減退の思い込み報告が2%程発生しています。)

デュタステリドが普及しない理由

これだけ優れた効果を持ち、副作用も極めて小さいデュタステリドですが普及しない理由が数点挙げられます。以下に理由を挙げていきますが、服用することが直接的にNGというものではありませんので知識として吸収して役立ててください。

耐性が発生する可能性を持つ薬品組成

耐性とは薬品の使用に対して身体が抗体を生成し、薬品の効果が薄れていく症状です。実はデュタステリド最大の問題がこの耐性の発生可能性です。デュタステリドはステロイド系の薬剤であり、長期間の服用によって耐性が生まれる可能性が示唆されています。

デュタステリド発表以降この部分に注目が集まりましたが、AGA治療に用いる場合は最大でも0.5mgという少ない含有量であることと、5年以上の長期的な経過観察がおこなわれていないことからAGA治療に用いられるデュタステリド製剤の場合は日本国内での耐性報告データが挙げられておらず見つからない状況です。

含有量が少量であれば耐性が発生しにくく、圧倒的に高い薬効が得られることから近年ではAGA医院の専門医でも以前のように強い耐性リスク懸念を示さず、状況によって積極的に患者に処方を勧めているようです。

しかし、リスクが非常に小さくとも継続的なAGA治療を施す上で耐性を回避するために定期的にフィナステリドの服用期間を設けるなどの対策をAGA専門医師も投げかけるようです。これには当方も同意見ですので参考にしてください。

デュタステリドはAGA医薬品認可されていない

デュタステリドはFDA(アメリカ食品医薬品局)という薬事薬品関連を統括する機関からAGA医薬品としての認可がおこなわれていません。デュタステリドそのものは前立腺肥大症改善薬としての認可のみを受けている状況です。

ここで多くの誤解があるのですが、デュタステリドがFDAからAGA医薬品としての認可を却下されたわけではなく、成分や効能が近いフィナステリドがAGA治療薬として先に認可を受けたことで競合し、デュタステリドの認可取得にかかる莫大な経費を考えると商業的成功が期待できないと判断されてAGA医薬品申請を途中棄権したのが真相のようです。

近年お隣の韓国にてAGAに対するデュタステリドの安全性、耐用度、効果を調査する試験がグラクソ・スミスクライン社によっておこなわれており、韓国では一般的に普及している状態になっているようです。

FDAでの認可試験は未定のようですが、欧米や韓国においてAGA治療薬としての認知度は非常に高く、近い将来に認可されるであろう状況となっています。被験者も多く、一定の安全性がしっかりと証明されていることから個人での薬剤利用基準は認可されていることにこだわるかこだわらないかという点だとも言えるでしょう。

デュタステリドの最新情報(追記)

2015年9月28日にデュタステリドがAGA医薬品として厚労省に正式認可されました。

厚生労働省が認可するAGA医薬品はフィナステリド成分である『プロペシア』とそのジェネリックである『ファイザー』のみでしたが、今回デュタステリド成分が新たなAGA医薬品として正式認可を受け、2015年11月24日よりデュタステリド製剤『ザガーロ』がAGA医院にて処方されます。

これにともなって、AGA医薬品としての副作用試験や連続使用耐性試験等もおこなわれており、薬学的な安全性と発毛効果が正式に認められたことになります。

これは成分が同様の個人輸入デュタステリドにも当てはまる資料となります。別ページにてまとめていますのでチェックしてみてください。

デュタステリドが遂にAGA医薬品認可

デュタステリドの私見

日本での知名度が低い過去には『効果が高いが耐性が発生する危険なAGA薬品』『未認可の毒薬』など想像の域を含めた危険性アピールのみがおおきかったデュタステリドですが、AGA医療の発展やAGA知識の普及によって正しい使用で高い効果と安全性が得られ、国内での利用者が増加するようになりました。

デュタステリドは正しく使用することで、フィナステリドよりも早く強い発毛効果が得られるDHT抑制最強薬品といえるでしょう。

しかし、ここまでお話したとおりデュタステリドを利用するには利用する知識が必要となる部分があり、いきなりデュタステリドを使わなくてもよいというのが当方の見解です。

デュタステリドを理解する専門家が少ないこと、デュタステリドに関する情報量が少ないこと、フィナステリドによってAGAの治療に多くの方が成果を挙げていること等が大きな理由です。

AGAの進行を止める効果はフィナステリドにもしっかりとあるということです。

ですので、まずAGAに関する情報が多いフィナステリドやミノキシジルによる治療をおこなって知識を得た上で、非常に効果の高いデュタステリドを検討するというのがお勧めできる順序だと思います。

デュタステリドは効果が非常に高い反面、服用を途中で長期間中止するとリバウンド脱毛が強い傾向があります。(耐性回避のためのフィナステリドへの服用変更ではDHT抑制効果が継続するため起こりにくいです。)

以上を参考に検討してみてください。

デュタステリドAGA治療薬各種

現在個人輸入で入手できるAGA治療デュタステリド製剤が多数存在します。インド製ジェネリックも盛んに流通されているため安価な発展的AGA治療が可能になっています。

薬剤名特徴
◆アボダート(アボルブ)

イギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売する正規デュタステリド製剤(先発医薬品)

アボダート(デュタステリド)

日本ではグラクソ・スミスクライン株式会社(日本法人)からアボルブという名称で医療機関でも処方される医薬品です。

■数量と価格
30錠(カプセル)1箱で販売されています。個人輸入では為替によって変動しますが、1箱約6,000円前後が平均的です。3箱までまとめ買いが可能で、この場合14000円程にディスカウントされます。(3箱で約3カ月分です。)

■総合的な評価
臨床試験が実施されたデュタステリドの先発正規医薬品となり、最も効果がはっきりしたが製品と言えるでしょう。先発医薬品のために多数の自社研究報告があり信頼感が高いですが、その分価格も高額となります。
◆デュプロスト

インドのシプラ社(世界的な認知度を誇るジェネリック医薬品メーカー)が製造販売するアボダートのジェネリック

デュプロスト0.5mg
フィンペシアの製造販売で知られるシプラ社が手がけたアボダートのジェネリック医薬品です。

■数量と価格
100錠(カプセル)1箱で販売されています。為替によって変動しますが、1箱約6000円前後です。3箱までまとめ買いが可能で、この場合15000円強にディスカウントされます。(3箱で約10カ月分です。)

■総合的な評価
シプラ社はフィナステリドのジェネリック『フィンペシア』の爆発的流通によって薬剤生成技術と効果が高く認知されており、その安心感から非常に人気が高い製品です。1日5カプセル服用といったAGA治療には適さない用法が記されているため服用知識を持っておくことが大切です。

◆デュタス

インドのドクター・レッディーズラボラトリー社が製造販売するアボダートのジェネリック

デュタス(デュタステリド)

アボダートのジェネリックとして最も早く登場したことから知名度の高い製品です。

■数量と価格
300錠(カプセル)1箱のみの販売で、為替によって変動しますが1万5000円ほどで個人輸入購入が可能です。約10カ月分となり非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

■総合的な評価
1日に5カプセル服用といったAGA治療では間違った用法が記載されていたり、薬剤の包装が破れやすいデリケートな状態で届くなど不備が多い印象があり、取り扱いに的確な知識を持つ必要があります。しかし薬品そのものには問題がなく、最もコストを低く抑えられる製品です。

◆デュタプロス(アボルブジェネリック)

トルコのコサックファーマ社が製造販売するアボダートのジェネリック

アボルブジェネリック(デュタプロス)0.5mg(Dutapros)

近年個人輸入市場で流通が盛んになり利用者が増えてきたアボダートのジェネリック医薬品です。

■数量と価格
30錠(カプセル)1箱で販売されています。為替によって変動しますが、1箱約3000円強です。3箱までまとめ買いが可能で、この場合約7000円弱にディスカウントされます。(3箱で約3カ月分です。)

■総合的な評価
デュプロストやデュタスに比べて割高となりますが、製剤技術や薬剤包装がしっかりしている点が高く評価できます。現在トルコの医薬品業界規模は10年前の倍に急成長しており、海外投資によって世界的なジェネリック医薬品製造国家へと発展しています。

総合評価はあくまでAGAアンサーの私見を元に評価しています。

デュタステリドは副作用や耐性の問題点が分析されはじめたことで、AGAの専門家のなかでも評価が好意的に大きく変わってきた医薬品です。そして、短期的かつ高い効果が見込まれることからプロペシア等のフィナステリド製剤でのAGAが改善しにくい方にも確実な発毛効果がもたらされています。

しかしここまでお話したとおり、薬品知識を確実に理解して服用を執り行うことが非常に大切な薬品です。その上ではじめて非常に効果の高い治療を目指すことが可能になることを意識しておきましょう。

デュタステリドはまだまだ多くの方に情報が伝わりにくい薬品ですので、今後も題材として取り扱っていきたいと思います。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ