スキノレンクリーム(アゼライン酸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキノレンクリームは皮脂の分泌を抑える抗酸化作用の強い穀物由来の天然成分であるアゼライン酸で構成された治療薬で、頭皮が赤茶けて硬化する状況を抑制する効果があります。

海外ではニキビやシミの治療薬として定着していますが、近年では頭皮皮脂腺から分泌される1型5αリダクターゼ酵素の抑制効果が発見されておりDHTの生成を抑制します。

頭皮組織の再生と皮脂腺脱毛ホルモンの抑制

スキノレンクリームの主成分であるアゼライン酸は、穀物を主原料とする天然酵母成分です。アゼライン酸は主にヨーロッパが市場となっており、元々はニキビ治療や美白を目的としたクリームとして流通が盛んになっています。

アゼライン酸は毛穴の皮脂腺に作用し皮脂の過剰分泌を抑えます。

作用の詳細は後ほど記述しますが、この効果が海外でニキビの治療薬として認識される理由となりました。それは、そもそもニキビとは皮脂過剰によって皮下組織が化膿する症状であるためです。

そもそもアゼライン酸は色素となるメラニンの生成を抑える効果が発見されたことから海外で美白目的の治療薬として開発が始まりました。そして臨床試験中にニキビへの抗菌活性効果が認められることがわかりました。

この効果の理由は古い角質や皮脂が毛穴を塞ぐことを避ける作用によるものです。ニキビは毛穴の内部に過剰な皮脂が溜まり化膿する症状ですので、皮脂や角質を分解する力が効果的に作用するのです。

さらにニキビ跡やシミ・そばかす等の皮膚の黒ずみをメラニン抑制効果で白く戻すことから、海外では現在でも最もスタンダードな皮膚薬・美白化粧品として流通しているのです。

 

1型5αリダクターゼ抑制効果の発見

さて、このアゼライン酸にはAGA治療薬としての側面を持つことが近年明らかになり注目を集めています。1型5αリダクターゼを抑制する効果が判明したのです。

AGA(男性型脱毛症)は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが頭部に存在する受容体(アンドロゲンレセプター)と結合することが大きな発症理由です。

現在のAGA治療では、DHTホルモンを作り出す5αリダクターゼ変換酵素の生成を抑制することがおおきな成果をあげています。ここで役割を果たすのがプロペシア等のフィナステリド製剤であり、多数のAGA患者に対して薄毛化の抑制に高い効果を示しています。

しかし、フィナステリドは2型5αリダクターゼの抑制効果しかありません。

5αリダクターゼ還元酵素は2種類存在するのです!

現在でも日本ではAGAクリニックをはじめとして2型5αリダクターゼの抑制治療のみが中心となっていますが、それはAGA発症・進行の80%以上が2型5αリダクターゼの影響とされているからです。

これは事実で、それぞれの5αリダクターゼが作用するポイントが異なるのです。

1型5αリダクターゼ ⇒ 毛穴皮脂腺に発生してDHTを生成する
2型5αリダクターゼ ⇒ 毛乳頭・毛母細胞に発生してDHTを生成する

このような違いがあり、毛根に発生するDHTがヘアサイクルを狂わせてAGAを発症させる根源と考えられています。そのため、2型のみの抑制だけでもそれなりにAGA進行抑制効果があるためにフィナステリドに特化した治療が中心となっているのです。

ところがAGA発症してしまうと1型5αリダクターゼが猛烈に作用してしまうのです。

上図は1型5αリダクターゼの作用を図解にしたものです。

1型5αリダクターゼは皮脂腺でDHTを産出して脱毛要素の強い皮脂を過剰分泌させてしまうのです。フィナステリドのみのDHT抑制で脱毛抑制効果が発生しにくいのは、1型の作用を止めていないことがおおきな原因になってくるのです。

  • 頭皮と毛穴を塞ぎ強烈に酸化させてしまう
  • 頭皮を角質化させて硬化させてしまう
  • 脱毛ホルモンの強い皮脂が発生する
  • 頭皮の柔軟性を奪って変色させてしまう

以上が1型5αリダクターゼの影響と考えられます。

そして、アゼライン酸はこの1型5αリダクターゼを効果的に抑制することができる成分であり、天然酵母成分ですので安全性にも問題がないといえるのです。

 

アゼライン酸の構成と日本の薬事事情

アゼライン酸は小麦はライ麦などの穀類や酵母に含まれている成分で、日常的に食事などで口にしている天然成分の酸です。

天然成分由来の酸ということもあり、外用したときに部分的な「熱感」「かゆみ」などのごく短時間の刺激症状が見られることがありますが、刺激が強い場合には使用量を減らすことで継続的に使用し続けることができます。

このように天然酵母が母体となる薬品なのですが、実はアゼライン酸は日本では未認可の薬品となっており、現在日本国内において認可に向けた治験がスタートしています。

海外ではスタンダードな皮膚薬として流通しているにもかかわらず、日本での認可が遅い理由は数点考えられます。

1,アクネ菌を殺菌するニキビ治療薬の開発が早かったこと

アゼライン酸はニキビ治療薬としての認識が海外で強い部分がありますが、この部分のみで判断すると、日本ではニキビの原因がアクネ菌であるという研究がいち早く進んだ過去があり、局所抗菌治療薬の開発が欧米より早い段階で成立したため、刺激やメラニン漂白効果のあるアゼライン酸よりも日本のニキビ治療薬が圧倒的に優れていると現在も認識されています。

これは市販されている日本のニキビ治療薬の組成が優れており、効果に対して副作用がほぼ発生しない医薬品開発技術に消費者も全幅の信頼を寄せているためでしょう。

2,色素漂白効果付加が日本の薬事風習的に合わないこと

アゼライン酸は海外において美白化粧品としての側面を持っています。白人のニキビは肌の色素が元々少ないこともあり、ニキビ跡が黒ずみシミやそばかすとして残ってしまうことが非常に多くなっています。

このために肌のトラブルであるニキビの治療と美白効果がセットになっているアゼライン酸は白人に歓迎される環境となっているのですが、日本では美白と皮膚薬は別々にしなければいけないという認識を厚生労働省が持っています。

黄色人種の日本人は薬をつけすぎて「ニキビ治療したら治った部分のみ白くなってしまった」という状況があり得るためです。そのため美白は美白、皮膚薬は皮膚薬として認可すべきという部分で検討していることが要因になっている可能性があるのです。

3,熱感やヒリヒリ感等の刺激症状を認識させにくくトラブルになりやすい

これらは医薬品として認可をする場合、副作用として認識される部分となります。そもそも酵母が原料となるものの場合、このような一時的症状は発生しやすいのですが、日本のように不特定多数に違和感が極力発生しないようにすることが条件となる医薬品認定では、消費者に安全性を認識させづらくなる要因として捉えられてしまいます。

説明書に記載することでクリアできることなのですが、日本人の根幹認識として副作用に強烈な不安を抱く風習があるために認可ハードルが高くなっていることが想像できます。

以上のことから日本では認可が遅れており、現状では個人輸入による海外薬品入手と医院処方のみが入手方法となります。

色素漂白効果については極度に厚く塗るなどの場合でも極端な白化はまずあり得ないはずですし、AGA治療では硬化変色した頭皮の柔軟化と比例して白化が進んでいきますので一部過剰漂白の心配はしなくても大丈夫といえるでしょう。

 

アゼライン酸の使用方法と入手方法

もともと非常に少ない量でも効率的に作用するものですので、AGA治療での使用時には指に少しだけクリームを付けて頭皮全体に伸ばして塗布するのが一般的です。

また、ポラリスロゲインカークランド等の外用ミノキシジル60mlに5~10センチほどのクリームを混ぜて溶かすという使用法が手軽で使いやすい方法だと思います。

以下より安心なスキノレンクリームがご購入いただけます!

スキノレンクリーム(アゼライン酸)販売ページはこちら

 

スキノレンクリームは個人輸入でのみ入手することが可能な医薬品です。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。個人輸入や副作用における注意等を確認して利用しましょう。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ