AGAアンサー厳選!『天然成分AGA克服セット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオテクノロジーの進化がもたらしたリスクフリーの発毛治療!

効果報告続出の天然成分による在宅薄毛治療を試してみませんか?

これまで「成果の出る発毛治療は薬品のみ」と考えられていましたが、現在では野草成分やアミノ酸等の化学的な成分検証技術が進み、発毛医薬品を上回る効能を持つ天然発毛成分製品が多数存在する状況になっています。

AGAには個人差が多く必ずしもすべての方に効果的とは断言できませんが、天然成分での治療を実践された方より多くのご報告をいただいており、現状で薄毛に悩まれる方の改善選択肢として推薦できると捉えています。

特に「発毛医薬品は副作用が心配…」「使用制限で発毛医薬品が使えない…」といった方でも安心して取り組んでいただける天然成分ならではのメリットが多くありますので、この機会に知識を得て自己発毛にトライする契機にしていただければ幸いです。

天然成分薄毛治療の基礎知識

2014年以降に圧倒的な発毛効果と安全性が話題となり急速に普及しているのが天然発毛成分です。医薬品による副作用や使用制限の問題点がない注目の成分なのです。

これまでは発毛医薬品や市販育毛剤による治療が基本でしたが…

医薬品は副作用が心配だ…できるだけ使用したくない

薬局に並ぶ育毛剤を買ったが気休めに感じられる

医薬品治療にプラスできる効果の高い発毛製品が欲しい

このような感想をお持ちの方が多いと思います。

医薬品ならではの心配を招く問題点や、過去から普及している市販育毛剤の効果に疑問を抱くなど、有益な発毛方法が限られていることからの及第点です。

最新天然成分製品は既往症や健康上の問題、医薬品への猜疑心等でなかなか薄毛治療に取り組めなかった方や、薄毛発毛治療のバリエーションをお考えの方に圧倒的な発毛効果をもたらすことが可能となる化学技術の結晶と言えるのです。

発毛医薬品と天然発毛成分の違い

まずここで取り上げる発毛育毛組成を持つ天然成分製品と発毛医薬品の違いを理解しておく必要があります。

発毛医薬品

脱毛男性ホルモンの抑制、及び毛母細胞毛細血管拡張による発毛効果が医学的に証明されたことにより、厚生労働省が認可し普及した医薬品を指します。非常に高い脱毛抑制・発毛効果が発揮されていることからAGA(男性型脱毛症)治療の最前線を担っています。

しかし、薬品によって例外が存在しますが、日本では医療用医薬品として認可されており医師処方(診察・問診)が前提となります。医薬品であることから使用制限や副作用の可能性等をしっかりと患者に認識させるための措置となっているのです。

この際にAGAは生命や健康を脅かす症例ではないことから医療保険が適応されず、すべて自由診療となり高額な治療費となりやすい点があります。

発毛医薬品は厚労省特例として個人輸入による入手が認められています。

基本的に発毛医薬品はアメリカの臨床現場で開発されたものが世界的に流通し、日本では厚生労働省による医薬品認可に伴って製薬会社が日本国内で医師処方医薬品として供給する流れとなり今日に至っています。

これに対して個人輸入とは、海外の症例に対する効果を確認した上で個人利用におおきな問題がないと厚生労働省による事前チェックが施された海外製発毛医薬品を医師処方なしに入手できる特例です。利用者が薬剤知識を持っていることが条件となります。

発毛医薬品についての詳細はこちら

天然発毛成分製品

天然野草に含まれる成分の化学的な解析が進み、高次元で発毛効果を導く成分構成の実現に成功した製品類を指します。2014年以降安全性と圧倒的発毛効果が話題となって急速に普及しており、AGA(男性型脱毛症)治療の新たな旗手として注目されています。

サプリメントやヘアエッセンス(育毛剤)等が基本となり、日本では法規的に制限が厳しい医薬品カテゴリーに属さないことからめざましい開発スピードで発展しました。

おもだって海外では薬品として取り扱われる国もあるほどの効果の高い天然野草成分がベースとなり、日本のお家芸とも言われる再生医療現場で注目されている有機アミノ酸成分が合成された世界トップレベルの天然発毛成分製品も存在するほどバリエーションが増加してきています。

天然成分のため使用制限や副作用が一切なく男女問わず使用が可能です。

発毛医薬品において使用制限のある心既往症などによってAGA治療が困難な方にも発毛効果が得られるAGA治療が可能であり、女性型脱毛症(FAGA)にも適応することができるようになっています。

また単体でも高い発毛効果を誇るだけでなく発毛医薬品との併用が可能となることも注目すべき点であり、発毛医薬品で効果が発生しにくい場合にも有益な治療法を得ることが可能となっています。

このように天然成分発毛製品は、日本では特にクローズアップされてしまう発毛医薬品使用を避ける要因となる使用制限や副作用リスクを打破した新世代の育毛成分となります。

薄毛の若年化や薄毛人口の増加によって男性の国民的な病になりつつあるAGA、そして急増している女性の脱毛症(FAGA)に対し、薬剤に対する認識が厳しい日本人の性質にピッタリ合致する治療手法として期待されているのです。

天然発毛成分のバリエーション

天然成分で医学的な治療に匹敵する成分は以下のとおりになります。

  • キャピキシル(脱毛ホルモン抑制毛母細胞復元成分)
  • ノコギリヤシ(脱毛ホルモン生成酵素抑制ハーブ)
  • プラセンタエキス(細胞分裂増進成長因子)
  • ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)
  • リデンシル(細胞組織修復活性成分)
  • アルガス2(海藻由来脱毛抑制毛髪成長促進成分)

それぞれに特徴があり発毛効力を示す成分で、育毛剤とサプリメントでの配合供給が基本となっています。

各発毛・育毛天然成分製品はこれらの中で注力する成分を特化研究して実用化させており、複合的に取り入れている製品もあります。そしてまずはこれらの成分特性を理解することが必要であるとAGAアンサーは考えます。

それは、自己発毛治療をおこなう上では天然成分素材であってもしっかりと効果・効能を理解した上で取り組まなければ効果的な治療に結びつかないと言える部分が介在するからに他なりません。

当方では「なぜ効くのか?根拠はなんなのか?」という点を知識として得ていただくことを重視しています。実は育毛剤や育毛サロン等の利用者における約7割が薄毛治療に使う成分を理解していないという統計があります。

市販育毛剤を利用したことがある方でも「なんとなく売れているようだから…」といった理由で実践してみて思ったような効果が得られなかったという経験があるはずです。それぞれがどう作用して髪に効果を得ることができるのかという知識がないために「どうせ発毛なんて現実不可能だ…」と疑心暗鬼に陥り、有益な手法を知らないまま対策が遅れてしまうのです。

正しい知識と根拠を理解せずに言われるがままでは本来の治療ではありません。

しかし初めて聞く成分や内容はよくわからないし、組み合わせる製品もよくわからない…といった不安や、実際にかかる費用や入手方法がわからないといった不安があると思います。

1,医薬部外品・化粧品に属する天然発毛成分

上図は医薬品に派生する医薬部外品や化粧品が持つ作用の強さを示したものです。このような認識は一般的なものなので、おそらく同じような感覚をお持ちの方が大半であろうと思います。このために「医薬部外品や化粧品で本当に効果があるのか信じられない」と捉えてしまっても当然かもしれません。

しかしこの図式のみで判断することが難しいのです。その理由は天然の植物や海藻から抽出した成分について、日本では薬事法上の決まりで薬品成分に認定されない法規になっています。つまり、天然産物成分が化学的に調合されて高い効能を示していてもあくまで天然の栄養補助成分という枠決めとなるわけです。

天然由来成分は農林水産省管轄となり医薬品には該当しないのです。

同様にアミノ酸成分についても人為的に薬効を生成したものではなく、人体の組成に合致する成分となり見識が同一となります。

もちろん最終的に厚生労働省によって認可され製品として供給されることになりますが、天然成分やアミノ酸の解析技術が進み、特化した効能を持つ化学調合がおこなわれるようになったのは最近のことなので、過去の枠組みの状態のカテゴリーに所属する状態になっているのです。

このために化粧品・医薬部外品が医薬品を凌駕する効能を持つ逆転現象が現在起こっています。

結論付ければ、天然発毛・育毛成分は必ずしも所属カテゴリーの枠組みに合致した効能で収まっているわけではないと言えます。効果が高いながらも副作用や使用制限がない天然成分は、法規も味方して多くの方に利用してもらえる日本の化学技術結晶となっています。

医薬品でないために大きく発展した天然発毛・育毛成分

過去の日本育毛剤市場ではAGA医療によって供給がはじまった発毛医薬品の効果もあり「医薬品こそが最も信頼できるもの」という認識が非常に強く、毛根血流を増加させる(発毛とは関連性が低い)成分で一般医薬品(薬局で販売可能な成分が少ない薬品)認可を取るものも多い背景がありました。

テレビでも育毛剤CMでモデルの俳優が「医薬品!」と告げるだけで売れ行きが倍増したほどです。

それほど医薬品への期待感が一般にも普及していたわけです。

しかし逆に天然発毛成分が医薬品ではなく化粧品・健康補助食品・医薬部外品カテゴリーとなることによって、おおきなプラス要素が発生することになったのです。

1,医薬品とまったく異なる認可基準

医薬品の場合は厚生労働省の非常に厳しい認可までの道程があります。数百回に及ぶ薬品成分の安全性や効果検証の審査や複数回の治験をパスした製品のみが医薬品認定されることになり、ここまでに膨大な資金と時間を浪費しますが、医薬品以外ではこの基準が当てはまりません。

研究から製品化までが早まり、申請費用を研究費用に流用できたため一気に発展しました。

2,医薬品と異なる成分への制限事項

通常医薬品では異なる作用を持つ成分の配合が認められていません。例えば「脱毛を止める」と「発毛させる」を一緒におこなうことが不可能なのですが、医薬品以外ではこの基準が当てはまりません。

効能の異なる複数成分調合が可能となり、より効果的な複合発毛効果を実現しました。

薬事カテゴリー制限が少なく研究と実用化の自由度が高いという圧倒的メリットが、日本の発展したバイオテクノロジー技術から優れた製品を生み出す「怪我の功名」に繋がったと言い換えることができるかもしれません。

天然発毛・育毛成分が圧倒的な注目を受ける理由が少しおわかりいただけたのではないでしょうか。

2,各天然発毛成分の効能と特徴

では次に「天然発毛成分のバリエーション」で挙げた現在最新の薄毛治療成分として注目されている6点について確認します。

キャピキシル(脱毛ホルモン抑制毛母細胞復元成分)

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって開発された発毛エッセンス(育毛剤)成分で、次世代育毛成分として注目されています。

キャピキシルは強い細胞修復効果を持つアミノ酸「アセチルテトラペプチド3」と、脱毛男性ホルモンを生成する酵素を抑制する「アカツメクサ花エキス」が組み合わされた成分を指します。

毛母細胞修復効果と脱毛ホルモン抑制効果が発揮されるため、同濃度のミノキシジル(発毛医薬品育毛剤)に比べて3倍の発毛効果があることが発表されています。

キャピキシルについて詳しくはこちら

日本では数種類のキャピキシル製品が存在しており、開発販売各社独自の有機アミノ酸をはじめとする成分配合がおこなわれています。これらの開発技術は日本が世界トップレベルとなっており多数の発毛報告が挙がっています。

ノコギリヤシ(脱毛ホルモン生成酵素抑制ハーブ)

ノコギリヤシは天然ハーブの一種で、日本でも古くから前立腺肥大症による排尿疾患に重用されてきた歴史を持っています。

ノコギリヤシは脱毛ホルモン還元酵素である5αリダクターゼを抑制する作用を持つことが明らかになっており、脱毛環境をストップさせて改善させる効能を持っています。

単体での効果が強くないために、発毛に有効な他の野草成分を組み合わせる研究が活性化したことで、効果の高い優良な発毛サプリメントが登場しています。

ノコギリヤシについて詳しくはこちら

日本では発毛専用に調合されたノコギリヤシ配合サプリメントが数種類流通しており、開発販売各社独自の研究視点に基づいた配合成分選出・調合がおこなわれています。

プラセンタエキス(細胞分裂増進成長因子)

プラセンタエキスとは哺乳類の胎盤から抽出される胎盤エキスのことで、胎児が生育するための必須アミノ酸等の栄養素が凝縮された高濃度栄養成分です。

プラセンタエキスは成長因子による細胞活性・細胞分裂増進効果に加え、ホルモン調節作用によって脱毛ホルモンを抑制し、ヘアサイクルを適正化する効能を持っています。

一部育毛サロンにおいて頭皮注入施術が存在するほど注目されている成分です。過去は高額な施術での利用のみでしたが、最近ではAGA用頭皮エッセンス等に含有されるなど低価格化が進んでいます。

プラセンタエキスの効果は美肌・シワ消し等にも覿面に作用が現れるため女性クリニックでの施術で使用されるほか、過去には厚労省が肝炎の治療に認可していたほどの身体厚生効能を持っています。

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)

ピディオキシジルとは医薬品成分ミノキシジルに似た成分で、表記名はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドと呼ばれる物質です。

ピディオキシジルはミノキシジルが持つ『血圧降下の特性を持つ分子構造』の部分を無効化し、高い頭皮吸収効率を実現した成分です。

医薬品成分ミノキシジルの高い発毛効果から副作用が発生する構造のみを取り除いたピディオキシジルは、高い毛根浸透効率とともに画期的な発毛成分として注目されています。

ピディオキシジルについて詳しくはこちら

組成的な検証からピディオキシジルは医薬品には該当せず化粧品として認可されており、一部の高級まつ毛美容液等に利用されている成分です。発毛効果が高く、頭髪発毛用の配合研究が発達して製品化へと繋がりました。

リデンシル(細胞組織修復活性成分)

リデンシルとはスイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発した成分で、キャピキシルやピディオキシジルに次ぐ最新の発毛成分として注目されています。

リデンシルは成長期の髪が安定定着してヘアサイクルの正常化と毛乳頭細胞の増殖を促す「DHQG」と、頭皮の柔軟化を促す「EGCG2」を中心とした複合アミノ酸成分を指します。

毛髪育成幹細胞であるバルジ領域と毛乳頭線維芽細胞を活性化させて発毛を導く作用で、同濃度のミノキシジル(発毛医薬品育毛剤)に比べて2倍の発毛効果があるとされる注目の最新成分です。

日本では2016年より実用化がスタートしたばかりのためにまだ一部の製品にしか採用されていませんが、再生医療分野でも注目度が非常に高く、今後発毛・育毛関連製品に多数採用されていく可能性のある成分です。

アルガス2(海藻由来脱毛抑制毛髪成長促進成分)

Algas-2(アルガス2)とは日本のメーカーである「キーリー」が開発した成分で、脱毛ホルモン還元酵素(5αリダクターゼ)と脱毛司令遺伝子(FGF-5)を抑制する効果を持つ海藻由来成分です。

Algas-2(アルガス2)は毛髪成長を促進する「M-034」と細胞修復成長因子を持つ「ペルベチアカナリクラタエキス」という2つの海藻成分が化学的に組み合わされた物質を指します。

脱毛要因を抑制する効果と毛髪成長力が非常に強いことから発毛体感が早く、キャピキシルに匹敵するかそれ以上の発毛力を発揮する天然育毛成分として注目を集めています。

アルガス2について詳しくはこちら

2016年9月に実用化されたばかりの成分です。日本育毛剤メーカーの独自開発成分となるため、他の発毛・育毛成分と比較してコスト圧縮が可能となり安価に供給されやすい状況になっています。

上記各天然発毛成分は以下のようにグループ分類されます。

(※この分類は天然成分育毛剤のみを分けたものになりますが、内服サプリメントの場合は「ノコギリヤシ」をベース成分とする部分が基本となっておりグループ分けを割愛致しました。)

それぞれが独自の発毛理論と高い化学技術による強い発毛効果を持ちます!

※後に提案する製品(育毛剤)には所属グループの表記成分がすべて含まれています。

ここで錯覚してしまいがちな部分が「配合成分が多ければ多いほどいい」と安直に括ってしまえないところです。例えば、今や代表的な育毛天然成分となったキャピキシルでもBグループがAグループに必ずしも勝るわけではありません。

AグループではBグループにはない非常に強い抗酸化作用を持つ物質が配合されていたり、理論的な発毛効力が証明されているIGF-I(毛髪成長タンパク質)増加作用物質が配合されているなどの独自発毛理論が実現されている改善報告の多いベストセラー製品があるなど、簡単に優劣を決められないほどそれぞれが優れているためです。

このために選択が難しくなってしまう傾向が強くなるのですが、重要となるコスト面・作用面から最もよい組み合わせをカテゴリー別にご提案できればと思います。

3,驚異的低価格で効果抜群の【アルガス2グループセット】

株式会社キーリーが展開する海藻化学調合発毛成分『アルガス2』が採用された育毛製品ブランド『IQOS(イクオス)』を組み合わせたセット内容となります。

これからAGA治療を考えておられる方や、治療コストをできるだけ小さくしたい方に効果面の反映を加味して最適な内容と言えるでしょう。

Algas-2配合育毛剤『IQOS(イクオス)』

新開発の海藻成分による強い毛髪成長効果を実現

脱毛ホルモン変換酵素と脱毛司令遺伝子をブロックする効果が高く、毛髪成長促進効果が非常に強い海藻由来新成分「Algas-2」がメインとなる天然成分育毛剤です。

他に毛包活性化有効成分や血行促進成分、16種の細胞活性アミノ酸が配合されており、発毛効果がキャピキシルを超えるとも言われ一躍注目を浴びています。

これだけの贅沢な毛髪成長因子配合にも関わらず、イクオスサプリメントEXとの同時購入で5,000円を下回る圧倒的コストパフフォーマンスが魅力です。

120mlですので1ヶ月(~2ヶ月)分の使用容量となります。

イクオスサプリとのセット定期購入が初回78%OFFという割引率です。

イクオスサプリEX

46種類の毛髪生成栄養素とアミノ酸を含有

ノコギリヤシをベースに成長因子やアミノ酸等の毛髪生成必須因子を高濃度含有し、海藻エキスFGF-7再生促進因子までも配合した現存最多の含有量を誇る発毛・育毛サプリメントです。

亜鉛やビタミンの含有濃度が高く、毛髪生成エネルギーを効率よく取り込めるために育毛サプリメント初の栄養機能食品認可を受けています。(栄養補助食品の上位ランク食品)

これだけの贅沢な毛髪成長因子配合にも関わらず、育毛剤イクオスとの同時購入で5,000円を下回る圧倒的コストパフフォーマンスが魅力です。

90粒ですので1日3粒計算で1ヶ月分の使用容量となります。

育毛剤イクオスとのセット定期購入が初回78%OFFという割引率です。

以上が『アルガス2セット』となります。それぞれ単品定期購入でも安価ですが同時購入は非常にお得です。

(※定期購入はいつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。)

■育毛剤IQOS(イクオス)単品定期購入…5,980円

■イクオスサプリEX 単品定期購入…4,380円

■セット定期購入…6,980円

1ヶ月あたりの治療費用は6,980円です。

※効果の高い育毛剤とサプリメントセットでは驚異的な価格です。

4,低コストで高い実績の【真・キャピキシルAグループセット】

『ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)』を配合するキャピキシルAグループの低価格(ハイコストパフォーマンス)バージョンです。発売開始直後に非常に話題となったキャピキシル育毛剤『FINJIA(フィンジア)』を組み合わせたセット内容です。

化学的な根拠のある毛髪再生効果を持ったキャピキシルには日本国内で多数の改善報告が寄せられています。キャピキシル製品中で安価ながら効果の高い本セットは、実績を重視する方に最適な内容と言えるでしょう。

FINJIA(フィンジア)

3235888

高濃度発毛成分を中心としながら低コストの人気製品

発毛医薬品ミノキシジルと同じ組成でありながら、副作用発生分子構造を取り除いた『ピディオキシジル』を限界濃度である2%配合した頭皮浸透効率が高いキャピキシル育毛剤です。

また唐辛子の刺激成分カプサイシンと大豆イソフラボンを配合で、IGF-I(毛髪成長タンパク質)を増加させる効果にプラスして毛穴を広げるSPEテクノロジーに応用しています。フィンジアは食物から生成できる因子を活用することにより、低コストと効果反映を両立させることに成功しています。

50mlですので1ヶ月分の使用容量となります。

単品購入では1本12,800円ですが定期購入で9,980円に割引されます。

イクオスサプリEX

46種類の毛髪生成栄養素とアミノ酸を含有

ノコギリヤシをベースに成長因子やアミノ酸等の毛髪生成必須因子を高濃度含有し、海藻エキスFGF-7再生促進因子までも配合した現存最多の含有量を誇る発毛・育毛サプリメントです。

亜鉛やビタミンの含有濃度が高く、毛髪生成エネルギーを効率よく取り込めるために育毛サプリメント初の栄養機能食品認可を受けています。(栄養補助食品の上位ランク食品)

発毛・育毛サプリメント業界に強豪がひしめく中で、これだけの内容を低価格で示せる体制は非常に評価できると思います。

90粒ですので1日3粒計算で1ヶ月分の使用容量となります。

単品購入では1本6,980円ですが定期購入で4,800円に割引されます。

以上が『真・キャピキシルAグループセット』となります。フィンジアもイクオスと同様に、定期購入はいつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。

■育毛剤FINJIA(フィンジア)単品定期購入…9,980円

■イクオスサプリEX 単品定期購入…4,380円

1ヶ月あたりの治療費用は14,360円です。

5,人気No,1の圧倒的支持を得る【極・キャピキシルAグループセット】

『ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)』を配合するキャピキシルAグループの高機能(ハイパフォーマンス)バージョンです。医学界認定実績のある『ボストンスカルプエッセンス』と累計出荷数20万本という驚異的な人気を誇る『BOSTONサプリメント』とをセットにした『毛髪大作戦ブランド』のセット内容です。

お客様の声を何よりも重視するメーカー気質が際立っており、利用された方のAGAアンサーへのご報告でも推薦する声が非常に多い製品類ですので、医療会が認めた高度な信頼性を重視される方に最適な内容と言えるでしょう。

毛髪大作戦Growth Project『BOSTONスカルプエッセンス』

ユーザー目線にこだわり抜いた抜群の配合バランス

ピディオキシジルに抗酸化効果がビタミンCの172倍を誇るノーベル化学賞受賞成分『フラーレン』が加えられた、ユーザーの使用感評価が高い大人気キャピキシルエッセンス(育毛剤)です。

配合バランスが徹底的に追求されており、ユーザーの満足度が高く評価されたことで医学専門誌「先端医療と健康美容」に掲載された実績を持っています。ピディオキシジルとフラーレンの作用とキャピキシル成分とが相互的に高次元な発毛環境復元作用をもたらします。

60mlですので約1ヶ月分の使用容量となります。

単品購入では1本14,800円ですが定期購入で最安8,267円になります。

毛髪大作戦Growth Project『BOSTONサプリメント』

開発者自身が頭髪改善を証明したサプリメント

5,000人以上のユーザーからの声を元に、頭髪生成に必要な栄養素を徹底解析して作られたサプリメントです。この経緯から累計20万本以上出荷された本サプリメントは、医学誌「医学と薬学」に掲載された実績を持っています。

BOSTONにはノコギリヤシの他に発毛促進栄養素であるイソフラボンやコラーゲンペプチド、亜鉛を中心に20種以上の成分が入った発毛サプリメントとなっており、髪の生成を考えられた構成から発毛に欲しい成分が効率的に摂取できると言えます。

90粒が1ヶ月分として1箱になっており1日に3粒服用します。

1ヶ月分7380円ですが、定期購入すると最安1ヶ月4826円で購入できます。

以上が『極・キャピキシルAグループセット』となります。BOSTONシリーズは定期購入でするのがお得ですが、休止・解約条件が「3回以上の購入」となりますので定期購入で発注する場合は注意が必要です。

■BOSTONスカルプエッセンス 単品購入…14,800円
■定期コース(1本)…12,800円
■3本ずつ定期コース…24,800円(1本あたり8,267円)※BOSTONアロマシャンプー1本プレゼント付

■BOSTONサプリ 単品購入…7,380円
■定期コース(1本)…6,480円
■3本ずつ定期コース…14,480円(1本あたり4,826円)※BOSTONアロマシャンプー1本プレゼント付

最安定期コースでの1ヶ月あたりの治療費用は13,093円です。

単品でのセット購入の場合は1ヶ月あたり22,180円です。
1本ずつ定期コースでのセット購入の場合は1ヶ月あたり19,280円です。

※他にもそれぞれまとめ買いコースがあります。

6,進化する本格派バイオ発毛の旗手【キャピキシルBグループセット】

最新の注目発毛成分『リデンシル』と毛母細胞生成の肝となる成長因子『馬プラセンタ』を配合する進化した元祖キャピキシルエッセンス『Deeper3D』と、特濃発毛サプリメント『プランテルサプリ』で構成されるキャピキシルBグループセットです。

この組み合わせは非常に強い発毛促進効果を持ち、効果実感の評価も驚異的に高いユニットです。化学的な最新バイオテクノロジー成長因子と最高のサプリメントが組み合わされた、高次元の在宅治療をお望みの方に最適な内容と言えるでしょう。

モンゴ流スカルプエッセンス『Deeper3D』

新成分配合で大幅リニューアルした元祖キャピキシル

元来『馬プラセンタ』をはじめとして『KGF』『IGF』等の細胞生成・活性アミノ酸を含み、最もバイオ技術導入が際立った特徴を持つことで知られる『Deeper3D』は、リデンシルと黒ショウガエキスを新配合し、大幅刷新して生まれ変わりました。

発毛活性を限界まで引き上げるリデンシルとキャピキシルの組み合わせに、多数のアミノ酸成長因子がもたらす細胞生成力がプラスされたことにより、毛根・頭髪再生をもたらす究極の可能性を持つ逸品と言えるでしょう。

60mlですので約1ヶ月分の使用容量となります。

単品購入では1本14,100円ですがまとめ買いで最安10,395円になります。

プランテルサプリ

毛髪生成7種成分に特化した厳選特濃配合

近年スタンダードとなりつつある育毛・発毛サプリメント含有成分の多数化に対し、最も頭髪生成に有効となる成分7種の濃度を上げるという真逆の独自スタンスで実績を上げ続ける非常に評価の高いサプリメントです。

また九州大学・福岡大学と共同開発された「発酵黒生姜」が配合されており、同様のアプローチで黒ショウガエキスが新配合された『Deeper3D』との相性も抜群で、髪の生成が考え抜かれた構成となっています。

90粒が1ヶ月分として1箱になっており1日に3粒服用します。

単品購入では1本8,700円ですが定期購入で6,700円に割引されます。

以上が『キャピキシルBグループセット』となります。『Deeper3D』には定期購入が存在せず、まとめ買いのディスカウントで最大30%OFFとなります。『プランテルサプリ』には定期購入があり、いつでも休止・解約できるので単品希望でも定期購入で購入するのがお得です。

■Deeper3D 単品購入…14,100円
■3本まとめ買い(1本)…12,620円 ※バリアスルー5mlボトルプレゼント付
6本まとめ買い(1本)…10,395円 ※バリアスルー5mlボトルプレゼント付

■プランテルサプリ 単品定期購入…6,700円

最安での1ヶ月あたりの治療費用は17,095円です。

『Deeper3D』単品でのセット購入の場合は1ヶ月あたり20,800円です。
『Deeper3D』3本まとめ買いでのセット購入の場合は1ヶ月あたり19,320円です。

7,AGAアンサー推薦!育毛アミノ酸シャンプー

AGAを発症する体質の方に共通する症状が、頭皮皮脂の過剰分泌や頭皮環境の劣悪化といったものです。洗髪は毎日おこなうものですが、ここで大切なことが髪と頭皮にダメージを与えずに毛穴に吸着した皮脂を分解して頭皮と髪を保護するという対策です。

AGAでは必須の対策なのですがシャンプーの部分までは視点が届きにくいこともあり、この対策をおこなわないまま育毛剤治療を進めて「なかなか効果が得られない…」といった結果に繋がることも珍しくありません。

そこで、この項目では天然成分エッセンスとサプリメントと併用することが好ましい育毛アミノ酸シャンプーを数点紹介します。

※育毛アミノ酸シャンプーはAGA治療で最も基本となる対策ですので、積極的に検討してください。

イクオスブラックシャンプー

炭の洗浄力と海藻成分の圧倒的保水力

頭皮と髪に刺激を与えずに強い皮脂吸着洗浄効果を持つ活性炭をベースに、頭皮と髪に適切な水分を保持して皮脂過剰分泌抑制や雑菌から保護するという海藻成分『スイセンジノリ多糖体』を用いた独自発想で誕生した育毛アミノ酸シャンプーです。

髪も保護するためにベタつきやパサつきが発生せず毛穴の内部まで高い洗浄効果が発揮されるため、洗髪後の育毛剤の浸透効率が格段に向上する非常にお勧めできる製品です。

250mlですので1~2ヶ月分の使用容量となります。

トリートメントとセットで5,980円で購入できます。

モンゴ流スカルプシャンプーEX

脱毛ホルモンを抑制し頭皮を健全化する天然アミノ酸シャンプー

『モンゴ流シャンプーEX』は、髪と頭皮を健康に保つための成分を徹底研究されて大幅リニューアルされた育毛シャンプーで、頭皮環境を整えるのに有効な成分だけが30種類以上配合されており、新配合成分によって頭皮の奥から毛先までをトータルにケアしてくれます。

過剰皮脂分泌や菌の繁殖を抑える高い洗浄効果はもちろん、頭皮・髪を改善する成分が凝縮されておりボリューム感が出るため洗い心地・仕上がりが完璧といえます。

1本で400mlとなっており、およそ3ヶ月分の使用量です。

シャンプーのみの場合4,980円で購入できます。

双方とも最新の育毛アミノ酸シャンプーとなり、頭皮環境のみならず髪も保護するためにボリュームやスタイリングが決まらないといったトラブルにも対応できます。

各セットと組み合わせることでより高い効果が期待できます。

それぞれの公式ページより自分に合うシャンプーを見極めて選択していただければと思います。


AGAをはじめとする進行性の薄毛は、気づいたときに対処しなければ改善までの時間がますます長くなります。ヘアサイクルの正常化にかかる時間は薄毛化の進行に反比例して長くなっていくからです。薄毛はヘアサイクルが急速に短期化し、毛根が浅くなり髪がどんどん細くなっていく症状です。毛根が浅くなって産毛状態まで進行してしまうと、元に戻すには何度も生え変わりが必要となり、脱毛ホルモンの働きを止めて強い髪をすぐに生成することも難しくなっていきます。

その前に薄毛化のストップをかけることで元通りの髪に戻す確立が跳ね上がるのです。

AGA医療が発達した現在では発毛医薬品による治療が手軽におこなえるようになりましたが、生命や健康を害する症状ではないが故に「あえて医薬品を利用するのは…」という抵抗が発生してしまいがちです。また使用制限がある発毛医薬品は万人がすべて利用できないというジレンマもあります。

今回ご紹介した『天然成分発毛治療』はこのような理由によってこれまで在宅自己発毛治療に取り組めなかった方にも薄毛による人生を狂わされるほどの苦しみを乗り越えていただくためのおおきな契機になるはずです。

そして、使用制限がないことから発毛医薬品との組み合わせ治療も可能だという非常に有益な薄毛改善手法となっています。

このご案内で一番知っていただきたいことは、知識と治療手法を持っていれば自力で薄毛改善に取り組むことが可能だということです。ならば、ここまでご紹介してきた効果の期待できる手法をできることから試してみませんか?対策を延ばし延ばしにすればするほど改善への道のりが長引き遠のいていきます。

まだ間に合います!自力治療スタート決断のタイミングは今です!

【アルガス2グループセット】

【真・キャピキシルAグループセット】

【極・キャピキシルAグループセット】

【キャピキシルBグループセット】

効果の高い発毛医薬品セットページも準備しております。

発毛医薬品は医学的根拠を基本とした臨床結果に基づくAGA治療の最前線を担う薬品類であり、高い頭髪復元率を誇っています。安価となる個人輸入での入手方法や関連法的知識を含め、各薬品の基礎知識から効果的な発毛医薬品セット提案までを別ページにて準備しておりますので、そちらも合わせてご覧くださいませ。

AGAアンサーが勧める『最強最速!AGA克服セット』

AGAアンサーへのご相談はお気軽に

AGA治療方法や関連知識について疑問点やわからないことがあれば、遠慮なくご質問ください。

薄毛治療に関しては2008年頃から情報を収集していますし、AGAクリニックの患者担当責任者とも懇意にさせていただいていますので、医院やクリニックでプロペシアを処方するだけの不勉強なお医者さんよりも的確な助言ができる自信があります。

いただいたご質問には必ず返信致しますし、本サイトの情報として取り上げて反映させていきますので、悩まずにご相談いただければ幸いです。悩んで止まっていては道は開きません。まずは行動を起こす意気込みを高く持ちましょう!

AGAアンサーへのご質問・ご相談はこちらから

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で


ページの先頭へ