業界初!発毛成分含有シャンプー『ドクター・ゼロ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドクター・ゼロは、育毛シャンプー業界に一石を投じる業界初の発毛成分含有シャンプーとして大きな注目を集めています。これまでの育毛シャンプーと開発視点が全く異なるのです。

多数の育毛シャンプーが流通する現在において、ドクター・ゼロがどのような存在価値を持ち、なぜ注目されているのかという点を、根本から掘り起こして明らかにしてみましょう。

根本的な育毛シャンプー認識の誤り

まず最初に一般的なシャンプー知識から捉えてみましょう。

現在はインターネット通販やドラッグストアでも「育毛シャンプー」カテゴリーが軒を連ねています。このために「育毛シャンプーは育毛効果がある」という認識を多くの方が持っていますが…

結論を先に言えば、育毛シャンプーに発毛効果はありません。

しかし決して「育毛」という表現が間違っているわけではありません。厳密に言えば「頭皮環境の整備」という部分が目的になっており、頭皮にダメージを与える成分を排除して発毛環境を整える構成となっているのです。

基本的に育毛シャンプーは「アミノ酸シャンプー」というカテゴリーに属します。アミノ酸シャンプーは身体の組成に近い成分を持っていることが特徴で、刺激が少なく頭皮をいたわることが可能となるのです。

健康な頭皮環境が導く髪の成長

そもそも育毛シャンプーはAGA発症によって発生する頭皮の過剰皮脂分泌による酸化、及び雑菌の繁殖や頭皮の角質化を抑制し、さらにダメージを最小限に抑えながら清潔に保つことが絶対的な命題となっています。

これを実現するのが人体のph値(酸性・中性・アルカリ性を示す指数)に近い弱酸性を示す値の成分構成であり、現在は数多くの弱酸性アミノ酸シャンプーが「育毛シャンプー」と呼ばれているのです。

弱酸性でありながら高い洗浄力と頭皮保護効果を両立しているのです。

このために一般的なシャンプーと比べて頭皮の土壌が整備されて、髪の生成や成長に必要な環境が整えられるということなのです。

例えるならば、雑草や害虫が発生しやすい田園土壌をしっかり整備しなければ、肥料や水が根や苗に行き渡らずに雑草が繁殖して害虫に食い荒らされ、作物が実らないのと同じことと言えるのです。

これは頭皮と同じ状況ですよね?つまり育毛シャンプーは発毛の下地土壌を作り、育毛剤や発毛医薬品が妨害されずしっかり効くように用いるシャンプーなのです。

栄養豊かな土に実りがあるのと同様に、清潔で健康な頭皮に髪が生えやすいのは当然のことです。その環境を生み出すために「育毛シャンプー」と呼ばれるのです。

シャンプーに発毛成分が入る革新が実現

ここまでのように、これまでの常識では「あくまでシャンプーは発毛下地環境を頭皮に作り出すこと」とされていました。もっと言えば、洗浄効果に発毛効果を付与することなど不可能だったのです。

これは当然のことで、洗髪環境で頭皮から発毛成分を吸収させることの効率が悪すぎるためです。ミノキシジルやキャピキシルでは頭皮に浸透させて洗い流すことはありません。しかし、洗髪では洗い流す必要が発生してしまい効率的な発毛成分吸収など考えも及ばない話だったのです。

この不可能を可能にしたのがドクターゼロです。

ドクターゼロの注目点は、重複しますがアミノ酸シャンプーに発毛誘引成分が初めて封入されたということです。その成分とは上画像で赤枠で囲まれている「馬プラセンタ」と「ピディオキシジル」です。

この注目成分をひとつずつ確認してみましょう。

馬プラセンタ

プラセンタとは英語で胎盤を意味します。人間をはじめとする哺乳類の母体に備わる胎盤は、わずか1個の受精卵を出産までの1年足らずの間に数十兆個の細胞を持った生体にまで育て上げる驚異的な働きを持っています。

近年ではプラセンタが持つ細胞成長成分が注目され、高級女性用化粧品分野でも多く用いられるようになっています。

一般的には安価で収集量の多い豚プラセンタエキスが主流となっていますが…

馬プラセンタは希少価値が高く、アミノ酸含有量が豚プラセンタの300倍という飛躍的に優れた栄養価を持ちます。

馬プラセンタは育毛効果が専門的に知られており、一部の高級育毛サロンにおいて頭皮から直接注入する高額治療がおこなわれているほどです。そして頭皮吸収効率に優れており、シャンプーとのマッチングは最適なのです。

馬プラセンタは希少で流通が困難ということもあり、自己購入できる育毛関連製品はキャピキシル育毛剤『Deeper3D』のみでしたが、シャンプーとして実用化されたのは『ドクターゼロ』が初なのです。

ピディオキシジル

医学的に発毛効果が証明されている成分ミノキシジルに極似した構造を持つ成分で、表記名はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドと呼ばれる発毛誘導成分です。

ピディオキシジルはミノキシジル構造の一部を別の分子に置換し、高い発毛効果を維持しながらミノキシジルの欠点であった血圧降下副作用と頭皮浸透効率の悪さを無効化していることが大きな特徴です。

新たな効果的発毛成分として注目されているのがピディオキシジルなのです。

副作用が一切ないことから日本では医薬品には該当せず、一部の高級まつ毛美容液で流通されて圧倒的な発毛効果でたちまち話題となりました。

現在ではピディオキシジルを用いた育毛剤(BOSTONスカルプエッセンスFINJIA)が高い発毛力で人気となっていますが、製品化コストや技術の問題でごく一部の製品にしか封入されていません。

ピディオキシジルの高い頭皮浸透効率はシャンプーでも効能を発揮するという着眼点で製品開発されたのが『ドクターゼロ』であり、こちらも業界初となるのです。

ピディオキシジルの詳細はこちら

このように初の直接発毛作用を持つ成分で構成されたシャンプーなのです。

これまでの育毛シャンプーはあくまでも頭皮を清潔に保って発毛環境を阻害する因子を取り除くことが目的となっていたのに対し、ドクターゼロはシャンプーによって発毛誘導因子を取り込むことが目的となっています。

つまり、洗髪による発毛を目指すことが可能となった製品と言い換えることができるのです。

ドクターゼロシャンプーの作用

ではドクターゼロシャンプーを使用するとどのような効果が発揮されるのかを見てみましょう。ドクターゼロが作用する部分で挙げられるのがヘアサイクルの改善です。

基本的にAGA(男性型脱毛症)は毛根が弱体化して成長期途中の髪が育たないまま抜け落ちてしまうことで毛根の縮小スパイラルに陥る症状です。

脱毛男性ホルモンの影響とともに、栄養伝達経路の遮断によって髪が育たなくなります。

髪が育ちにくくなると、頭部の保護自衛反応で頭皮の硬質化や皮脂の過剰分泌を併発して頭皮土壌環境が破壊されていきます。そのために育毛シャンプーで頭皮の衛生環境を守る基礎が必要とされているのです。

しかし、あくまで衛生環境の基礎を整える育毛シャンプーのみでは発毛効果を与えることができませんが、ドクターゼロではこのヘアサイクルの適正化に作用することが注目ポイントとなります。

ドクターゼロのシャンプー&コンディショナーは、頭皮や髪を清潔にするだけでなく、頭皮下の血行を良くすることで頭皮環境を改善していきます。さらに改善された血行は毛根に充分な栄養を届けることができるので、弱ってしまった毛周期を正常な毛周期へと導き、頭皮を健康な状態にします。

(ドクターゼロシャンプー公式サイトより引用)

発毛誘導因子が毛母細胞分裂を促進させる作用が大きいと感じられます。

ドクターゼロ公式サイトでは作用の特徴を血行促進と銘打っていますが、馬プラセンタやピディオキシジルの作用ではそれ以上に毛母細胞への直接アプローチによる効能がおおきいと思われます。

洗髪時に頭皮環境の改善と発毛誘導因子が吸収されることで毛母細胞が活性化し、毛根への栄養供給も強くなることからヘアサイクルの適正化が狙えるのです。

育毛コンディショナーに対する誤解

髪に悩みを持つ多くの男性はコンディショナーを使用しない方が大半です。この理由は皮脂の過剰分泌があるために頭皮のべたつきが増えることを懸念されているためだと思われます。

頭皮も髪もべたつくことをコンディショナーがより強くしてしまうのではという懸念です。

これは正解ともいえる部分があります。市販コンディショナーでは髪のまとまりをベースに開発されているために合成油脂成分が多くなっているためです。

AGAを発症すると髪が細くなりクセ毛に変化していきやすくなります。この状況で使用すると頭皮と髪はベタついてボリュームが損なわれ、毛先のクセで跳ねるという状況に陥りやすいのです。

しかし育毛コンディショナーでは頭皮ベースの開発です。

おそらく多くの方は過去に体験した市販コンディショナーの使用感に違和感があり、皮脂分泌を勘案してシャンプーのみという状況に落ち着いていると思います。

しかし、これでは髪が絡みついて抜け毛が増すばかりか皮脂を過剰に除去した状態では自衛反応による皮脂過剰分泌を招き頭皮環境が悪化していきます。このために育毛シャンプーと同様に頭皮を守るコンディショナーが必須となる知識が必要なのです。

事実、多くの育毛コンディショナーでは使用感がまったく異なります。

ドクターゼロはコンディショナーで脱毛ホルモン抑制

ドクターゼロコンディショナーはシャンプーと同様に馬プラセンタとピディオキシジルが封入されています。つまり、髪をべたつかせずに潤いを与えて守るだけではなく、頭皮に浸透させて発毛させる効果を持っているのです。

さらに脱毛ホルモン抑制効果のあるカフェインが封入されています。

カフェインは緑茶等に含まれる成分で、カテキンの成分が脱毛ホルモン抑制に効果があることを当サイトでも以前お話ししました。

カテキンによる脱毛酵素抑制効果

近年の研究ではカテキンだけでなくカフェインにも5αリダクターゼ酵素を抑制する働きがあり、脱毛ホルモンであるDHT生成を抑える作用があることがわかってきました。

シャンプーでは頭皮洗浄と発毛成分の吸収、コンディショナーでは髪と頭皮の保護、そして脱毛ホルモン抑制と発毛成分吸収という具合にシャンプーとコンディショナーの特性を活かしたトータルな頭皮ケアがおこなえるようになっているのです。

ドクターゼロのコストパフォーマンス

まずドクターゼロの価格を確認してみましょう。ここではAGAアンサーが信頼を寄せる育毛シャンプーBOSTONと比較してみます。

ドクターゼロBOSTONアロマシャンプー
内容量500ml300ml
シャンプー・コンディショナーセット価格5,980円7,480円(通常7,960円)
シャンプー単品価格3,980円3,980円
シャンプー2本価格5,980円7,480円(通常7,940円)
コンディショナー単品価格3,980円設定なし
コンディショナー2本価格5,980円設定なし
備考香港からの個人輸入購入日本販売業者からの通販購入

ドクターゼロは海外での製品化コストダウンで低価格化を実現しています。

ここで比較に挙げたBOSTONアロマシャンプーは、使用感・洗髪後の仕上がりといったシャンプーやコンディショナーにおいて重要視される基本的な部分と、頭皮洗浄効果・頭皮保護効果といった育毛シャンプーやコンディショナーに要求される要素が非常に高い製品です。

ドクターゼロはこれに匹敵する使用感と仕上がり、頭皮洗浄保護効果だけでなく発毛効果がプラスされており、最新技術であるにも関わらず海外製品化による低コスト化実現で内容量増加をも実現しています。

非常に高水準なBOSTONでも平均的な価格を維持しているのにドクターゼロの価格は驚異的です。

500mlはおよそ2ヵ月以上の使用が可能な容量です。

自己発毛治療では使用するアイテムがいかに効果的に作用するかはもちろんのこと、継続できることが非常に大切です。負担にならず継続できるランニングコストは、ドクターゼロのもうひとつの大きなメリットと言えるでしょう。

『ドクターゼロ』のまとめと理解すべき点

薄毛治療は、体内環境・頭皮環境をトータルケアして治療していくことが非常に大切です。そのなかで洗髪は日常におけるケアポイントで重要な位置を占めます。

ドクターゼロは初の発毛成分含有シャンプーとして大きな話題をさらっており、革命的なシャンプーとして登場しました。これによって薄毛ケア手法が広がり効果が望めることは言うまでもありません。

しかし重複しますが薄毛治療はトータルケアが重要です。

すなわち、洗髪にドクターゼロを使用するのみでは効果的な治療とは言い切れない理解が必要なのです。AGAは体内の脱毛ホルモン分泌や血管の硬化、皮脂の分泌を招き加速していく症状です。

このために食生活や生活習慣の見直しも重要で、同時に発毛に作用する頭皮マッサージや発毛医薬品、育毛剤等のトータル治療が必要なのです。この辺りをしっかり理解して、発毛成分が入ったシャンプーとコンディショナー『ドクターゼロ』でより効率的な発毛効果の向上を狙いましょう。


以下よりドクターゼロシャンプーがご確認いただけます。

(ドクターゼロ)馬プラセンタ&ピディオキシジルシャンプー + コンディショナー

シャンプーとコンディショナー双方に発毛成分が含まれ、コンディショナーには脱毛ホルモン抑制に有効なカフェインが含有されているため、シャンプー&コンディショナーセットを使用することがおすすめです。

(※天然成分ですので副作用やかぶれの心配はありません。)

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ