信頼と実績の結晶!キャピキシル『Deeper3D』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Deeper3D(ディーパー3D)』は現在AGA治療において圧倒的な人気を誇る天然発毛成分であるキャピキシルを世に広めるきっかけになった頭皮育毛エッセンスのパイオニア的存在です。

キャピキシルに徹底的な化学的見地からの検証を取り入れた多種の発毛因子アミノ酸を配合することによって圧倒的発毛力を実現し、日本に一大ブームを起こしたエッセンスなのです。

日本製元祖キャピキシル『Deeper3D』の概要

Deeper3Dは発毛力がミノキシジルの3倍と言われるキャピキシルにいち早く着目し、数多くの化学的な発毛要素が徹底研究されて販売が開始された製品で、瞬く間に新成分の育毛剤として圧倒的注目を集めました。

日本で最も早く劇的な発毛効果を実現したキャピキシル育毛剤なのです。

Deeper3Dが登場するまでの育毛剤の多くは、メントール等で毛根血流を改善するといった薄毛予防前提の製品がドラッグストアに並び、発毛力については眉唾ものと言わざるを得ませんでした。

また、発毛効果が高く発毛医薬品認定されているミノキシジル(リアップ等)においては頭皮かぶれの可能性や副作用の問題、使用制限などから利用への躊躇や恐怖感が発生してしまう事態がありました。

この問題を見事に解決しながら圧倒的な発毛力を実現したのです。

この事実のみであれば、単純に「カナダの会社が開発したキャピキシルという成分の恩恵」に見えますが現実的には異なり、Deeper3Dを開発したアルファウェイ社が施した繊細な有機アミノ酸や成長因子の研究調合によって多数のAGAを復元させる成果を導き出したのです。

(※Deeper3D使用者様【使用開始時と17週経過時比較】)

上記はフィナステリド製剤服用との併用成果となりますが、圧倒的な頭髪復元作用を発揮していることがわかります。発毛医薬品全盛でAGA治療の選択肢が限られていた中に、Deeper3Dは育毛革命を創り新たな選択肢を構築したのです。

実績が物語る圧倒的な支持を得る製品

この成果に他社が追従する流れで多数のキャピキシル製品が存在する現在に至りますが、まずもって『Deeper3D』には他製品との違いを強調する注目すべき点が2つほどあります。

1,再購入(リピート)率が圧倒的

Deeper3Dは新しい発毛化学を駆使した新製品が登場する中で、最も高い販売数と再購入率を誇るキャピキシル製品として君臨しています。

満足度と継続使用意思【アルファウェイ社測定】

双方ともに12ヶ月連続使用においての顧客意思統計となりますが、毛根再生による毛髪成長効果が強く現れる実感が得られるタイミングとなり、発毛効果の高さを表す結果になっています。

通常多くの育毛製品では12ヶ月経過時点でこれだけ高い数値を得られているということは有り得ず、発毛の実感が高いことを示しています。

また、この統計はあくまでも満足度と継続意思というものですが、継続販売実数値でもこの意思に一致するかそれ以上の販売数が記録されている報告があり、長期使用に結果が伴うことが証明されていると言い換えることができます。

2,美容院や薬局・薬店で導入実績

アルファウェイ社では育毛化学を専門的に取り扱い、これまでも数多くの発毛関連製品を世に送り出しています。

アルファウェイ社の独自化学技術による『モンゴ流』製品シリーズです。

『モンゴ流』の語源は「モンゴロイド3大伝承成分」と呼ばれるモンゴルに自生する野草から抽出される天然発毛有効成分です。アルファウェイ社ではシャンプーや育毛剤に独自開発調合したこのモンゴロイドエッセンスを過去から組み込んできました。

モンゴ流の安心感と使用感の高さは化粧品業界やヘアケア業界でたちまち話題となり、大手百貨店やドラッグストアだけでなく美容院でも販売されるほどのシリーズとなって現在に至っています。

※Deeper3Dは後述する薬品レベルの成分構成となる製品となるため、莫大な生産・流通コストがかさみ価格が上昇してしまうことから通販のみでの販売となっています。

これらが現在多数の化学的新技術を用いた多数のキャピキシル製品が流通する中でも『Deeper3D』の人気が非常に高い理由となります。

すなわち、そもそもの化学的な検証に基づいた高度な製品クオリティを最も早く確立し、しっかりとした発毛コンセプトを持って推し進めた成果がこの結果をもたらしているのでしょう。

AGAアンサーで紹介する全製品人気ランキングでもNo,1を誇る製品です!

AGAアンサー人気発毛商品ランキングTOP10

ご覧いただくとわかるように、当サイトでは近年の話題性や利用者の発毛実感情報などからキャピキシルエッセンス(育毛剤)が人気の上位を占めている状況となっています。

2015年は新たな化学研究に基づくキャピキシル製品が登場し、順位が入れ替わる状況が発生していましたが、キャピキシルのパイオニアである『Deeper3D』の人気が依然高く、前述したような理由が1位に押し戻す結果に繋がっているのでしょう。

他が追従できない贅沢な成分による発毛効果

『Deeper3D』の認識は基本的に「単純なキャピキシル育毛剤」と捉えられている傾向が強くあります。これは販売流通開始当時にキャピキシルという成分を誰もが知らなかったため、キャピキシル成分のみに注目が限定されてしまったためです。

「キャピキシル」の詳細はこちらから

そのため、新製品が続々と登場する中で「Deeper3Dは成分構成が他製品よりも貧弱」という捉えられ方が一部でされていますが、ここまで日本のキャピキシル育毛剤認識を押し上げた『Deeper3D』の発毛力は決してキャピキシル単体の成果ではありません。

『Deeper3D』は医療レベルの発毛アミノ酸成分配合が施されているのです。

Deeper3Dでは「グロースファクター」と呼ばれる成長因子のことで、再生医療でも用いられるほどの成分です。『Deeper3D』がなければ発毛分野で大きく知られることがなかったであろう画期的な成分なのです。

成長因子(せいちょういんし、英: Growth factor)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。増殖因子、細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間のシグナル伝達物質として働く。(※wikipedia「成長因子」より抜粋)

発毛を化学する最先端のグロースファクター

Deeper3Dに含有されるグロースファクター(成長因子)は8種類となっており、キャピキシル製品中で最多であるとともに妥協のない最高品質で構成されています。

Deeper3Dに含まれる成長因子

馬プラセンタヒトオリゴペプチド-5(KGF/FGF-7)合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)水溶性プロテオグリカン、オクタペプチド-2 (プロヘアリンβ4)、アセチルデカペプチド-3(リジュリン)、ヒトオリゴペプチド-13(FGF-1)、加水分解アナツバメ巣エキス(燕の巣)(シアル酸)

AGAアンサーは特に赤文字で示した成長因子に注目しました。

もちろんすべての成長因子に独自の高い効能がありますが、KGF/FGF-7やIGFなどは最先端医療でも利用されるほどの成分であり、育毛剤レベルで用いられるケースは前代未聞であるためです。

それぞれの特徴を確認してみます。

馬プラセンタエキス

プラセンタとは動物の胎盤や植物の胎座にあるもので、胎児や花弁の成長促進に欠かせないタンパク質やアミノ酸等の必須栄養素が凝縮された細胞成長成分です。

近年は肌の若返りを促進する効果が多角的に認められ、高級化粧品分野でも用いられています。一般的には安価となる植物プラセンタや豚プラセンタが主流ですが、

Deeper3Dではアミノ酸量が豚プラセンタの300倍となる最高級馬プラセンタが使用されています。

馬プラセンタの育毛効果は専門的に知られており、一部の育毛サロン等で頭皮から注入する高額治療も施されているほどです。現状で育毛剤に高額な馬プラセンタを用いる製品はDeeper3Dのみだと言われており、妥協のない製品開発姿勢が伺えます。

ヒトオリゴペプチド-5(KGF/FGF-7)

再生医療の分野で用いられる成長因子であり、KGFは特に毛母細胞の成長やヘアサイクルの適正化を施す力が特徴的であることから別名「発毛成長因子」ともいわれるほどの細胞活性因子です。

この成分は再生医療でノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の山中教授チームが開発したIPS細胞の基礎成分であり、毛髪再生医療分野で最も注目されている因子となります。

IPS細胞は損壊した組織再生効果で注目されているため「IPS細胞が実用化されれば薄毛がなくなる」という情報がありますが、Deeper3Dはその根幹となる発毛成長因子が封入されているために強い毛髪再生効果が期待されています。

合成遺伝子組換ヒトポリペプチド-31(IGF)

IGF(IGF-I)は体内濃度が上昇すると多毛症になるという研究成果が1987年に発表された成分で、ミノキシジルに類似した作用を持つ毛母細胞の維持や増殖に大きく関連する成長因子です。

別名「インスリン様成長因子」と呼ばれるこの成分は、人体の細胞成長(内蔵・神経・皮膚)に大きく関連することから、KGFと同様に再生医療において重要なキーとなる因子として認識されています。

細胞の加齢抑制効果が高く発揮される作用が同時に強い因子です。

水溶性プロテオグリカン

水溶性プロテオグリカンは体内細胞がコラーゲンやヒアルロン酸を産出する効果を向上させる因子で、頭皮を柔軟化させてみずみずしく青白い頭皮へと導く作用を持っています。

この技術はアルファウェイ社の特許となっています。

そもそも水溶性プロテオグリカンは、高濃度な状態での採取が非常に難しく1g=3,000万円という現実的な価格ではなかったため実用化ができませんでした。

アルファウェイ社が高純度大量抽出技術を成功させて実用化に成功したため、水溶性プロテオグリカンの効果はDeeper3Dでなければ手に入りません。

加水分解アナツバメ巣エキス(燕の巣)(シアル酸)

2154-5

シアル酸はIGF(IGF-I)の産生を活性化する作用があり、細胞の成長を促進させる効果を持っています。また毛髪たんぱく質(ケラチン)の増加作用があるために太く強い髪の生成を促します。

高級中華食材でも知られるようにツバメの巣はコラーゲンの集結であり、ツバメが最初に生成する巣が最も栄養価が高いと言われます。

このために収集が困難なことから非常に高額となります。

注目はこれらすべてが有機アミノ酸細胞学からのフィードバックである点です。

この他のグロースファクターも黒髪を維持する作用など注目に値するものが列挙されますが、すべて人体の組成に関連するアミノ酸や細胞に関与する物質であり、最先端化学研究から得られた構成です。

Deeper3Dが単純な先行キャピキシルエッセンスではなく、成長因子分野に特化したコンセプトを重視して高い成果挙げていることから信頼性が非常に高い結果に繋がっているのでしょう。

抜け目のないDeeper3Dの構成成分

さらにDeeper3Dは、キャピキシルとグロースファクターの組み合わせだけでなく、過去からモンゴ流シリーズで培ってきた発毛有効成分が多数含まれています。

Deeper3Dに含まれるその他の成分

ビオチン、グリチルリチン酸2K、グリチルレチン酸(βーグリチルレチン酸)、パンテニルエチル、イラクサ根・葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油(シーバックソーン/サジー)、グアバ葉エキス(バンジロウ葉エキス)、ソウハクヒエキス、ゲンチアナ根茎/根エキスビワ葉エキストウガラシエキス、ユズ果皮油、スペアミント油(ミドリハッカ)、メントール(天然メントール)、海洋深層水、トリペプチド-1銅(銅ペプチド)アボガド油脂肪酸ブチル(5αアボキュータ)、リンゴ果実培養細胞エキス、グルコン酸亜鉛、ヒアルロン酸Na、シアノコバラミン(ビタミンB12)、ニコチン酸トコフェロール、ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)、グルコシルヘスペリジン、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、グルタミン酸

AGAアンサーは特に赤文字で示した成分に注目しました。

まず、すべての成分をご覧いただくと天然成分やビタミン等の栄養素が多数に登ることがおわかりいただけると思います。基本的にこれらの要素は「血流を促す・炎症を抑える・潤いを与える」といった作用が中心となり、類を見ない充実した構成であると思います。

しかし、赤文字で示したものは実質的な発毛作用を併せ持つ成分で非常に贅沢なものです。

  • グアバ葉エキス … 男性ホルモン抑制、毛母細胞増殖作用
  • ゲンチアナ根茎/根エキス … 毛母細胞成長因子(FGF-7)生成作用
  • ビワ葉エキス … 毛髪成長停止因子(FGF-5)抑制作用
  • トウガラシエキス … 毛髪成長因子(IGF-I)活性化作用
  • トリペプチド-1銅 … 毛母細胞肥大化作用
  • アボガド油脂肪酸ブチル … 5αリダクターゼ抑制作用
  • グルコン酸亜鉛 … 毛髪たんぱく質生成・皮脂抑制作用

欧米やアジアでは医薬品以上の作用を持つと考えられる天然草(ハーブ)は実際に効果・効能を示す報告が挙げられている他、亜鉛や銅といったミネラル成分においては、高い発毛力を誇るミノキシジル外用薬『ポラリス』においても含有されています。

しかし数多くの育毛剤で、ここで注目成分として挙げたものを全て網羅している製品は見たことがありません。先程も述べたのと同様に、これらの成分も発毛成長因子として取り扱い、より品質の高い製品を目指しているコンセプトが伺えます。

濃度や調合検証によって効果に差が生じるので配合成分が少ない他製品が劣るとは一概に言えません。

Deeper3Dのコストパフォーマンス

ここまでお話したように『Deeper3D』は最先端の化学検証による発毛技術を実現しています。そのために他の育毛商品と比較すると少々高額となってしまう部分は否めません。

但し、キャピキシル製品のパイオニアとして多大な評価を受けて需要が急増したことから生産流通体制がしっかり整っており、まとめ買いによるディスカウントが実施されています。(※モンゴ流シャンプーセット販売割引もあります。)

Deeper 3D
1本単品価格(約1.5ヶ月分)13,800円
3本セット価格(約4.5ヶ月分)37,200円(1本あたり12,400円)
6本セット価格(約9ヶ月分)61,270円(1本あたり10,211円)
購入特典10mlミニボトル、バリアスルー5ml

最安で1本1万円強ほどの価格帯であり、単品購入であっても大幅に価格が高騰していません。

成長因子等の含有成分が最先端医療レベルであること、そして発毛実績が高く評価されていることを踏まえれば非常に低価格に抑えられていると感じます。独自に特許を持つ技術などで最高の品質を維持しながらコストダウンを図った企業努力の結晶であると純粋に評価できる部分ではないでしょうか。

Deeper3Dのまとめ

『Deeper3D』は単純なキャピキシルの先行品ではなく、再生医療という最高の研究がベースとなるエッセンスであることがおわかりいただけたと思います。

医療レベルの発毛化学が惜しみなく組み込まれているにも関わらず、相応しない低価格での提供を可能にしている製品です。この事実が最も先行して販売された製品であるにも関わらずキャピキシル人気製品のトップを走る理由であると思います。

今後AGA医療業界でも取り扱われるという情報もあるほどの製品です。

『モンゴ流』というブランドで長年に渡って発毛化学研究に邁進してきた結晶が『Deeper3D』であり、その成果は多くの消費者評価によって益々向上しているのが現実です。

AGAアンサーでも改めて成分の考察をしてみましたが、再度「よくこれだけの要素を…」と感心してしまうほどの構成です。改めて実際の使い心地や他製品との比較機会も設けたいと思います。ご期待ください。

以下よりDeeper3Dをご確認いただけます。

モンゴ流スカルプエッセンス「Deeper3D」公式サイトはこちら

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ