圧倒的発毛力の新星!『フィンジア(FINJIA)』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天然成分がベースでありながら発毛力がミノキシジルの3倍というキャピキシルエッセンスがAGA治療の主流となっている中で、現在おおきな話題をさらっているのが『フィンジア』です。

この理由はミノキシジルから副作用成分を取り除いたピディオキシジルを限界濃度まで封入し、独自の理論を組み込んだ毛髪成長テクノロジーによって圧倒的な発毛効果と低価格を実現しているからなのです。

キャピキシルエッセンス最後発の利点を活用

フィンジアは2015年夏に販売が開始された天然組成発毛成分「キャピキシル」がベースとなるエッセンス(育毛剤)です。キャピキシル製品では最新の商品となり、独自の発毛理論が注目を集め、瞬く間に主力商品へと躍り出ました。

販売元はM字脱毛対策で有名となった育毛剤『プランテル』を開発した株式会社ユーピーエスです。

『フィンジア』の基本的な特徴は、上画にも記載されているように「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を組み合わせた構成となっており、これはキャピキシルエッセンスにおいて『BOSTONスカルプエッセンス』のみが実現していた成分構造です。

現在多数存在するキャピキシルエッセンスはどれも発毛効果報告で溢れており、フィンジアは他の製品分析を元に独自のキャピキシル研究を進め、高い発毛効果とコストダウンの両立を目指して開発されたことが伺えます。

多数のキャピキシル検証報告が出現していることを最後発のメリットと捉えたのです。

この事実によって非常に高い発毛力を持った『フィンジア』が誕生し、短期間でキャピキシルエッセンスの中核に君臨したといえると思います。

フィンジア(FINJIA)の基本構成を確認

フィンジアは『ボストンスカルプエッセンス』に続いてピディオキシジルの混合に成功しており、これがフィンジアの基本的構成となります。キャピキシルとピディオキシジルの組成と効果について復習し理解を深めておきましょう。

1,キャピキシル

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社によって開発された発毛成分で、細胞修復アミノ酸「アセチルテトラペプチド3」と脱毛酵素である5αリダクターゼを阻害する「アカツメクサ花エキス」が組み合わされた成分を指します。

キャピキシルの発毛効果は医学的に発毛効果が認められているミノキシジルの3倍とされており、あらゆる調査機関でも多数の試験で効果が証明されています。

なによりも天然成分組成であることから副作用がありません。

これだけの発毛効果を持ちながら副作用を持たないキャピキシルは、特に日本で高品質な製品化が最も進みました。この理由として莫大な研究費と厚労省への臨床試験申請等が必要ない化粧品カテゴリーとなることによる製品開発の自由度と、副作用に強烈な嫌悪感を示す日本人の国民性による需要の高さ、そしてなによりも発毛効果の高さです。

これらの事実によってバイオテクノロジー先進国である日本で圧倒的な研究開発が進み、多数の高品質キャピキシルエッセンスが登場したと同時に、驚くほどの発毛効果報告が発生している新世代のAGA治療エッセンスとして注目を集めています。

2,ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)

医薬品成分ミノキシジルに似た成分で、表記名はピロリジニルジアミノピリミジンオキシドと呼ばれる物質です。

上図の分子構造をご覧いただければわかるとおり、ミノキシジルの分子配列を別の分子に置換させたもので、構造が非常に近いことから効能もミノキシジルに極似しています。

ピディオキシジルとミノキシジルの相違点は、ピディオキシジルはミノキシジルが持つ『血圧降下の特性を持つ分子構造』の部分を無効化し、高い頭皮吸収効率を実現した成分であるということです。

そして、同時にミノキシジルで起こる頭皮のかゆみやかぶれも発生しなくなっています。

副作用が発生しないミノキシジル成分と言い換えることができるのです。

このためにピディオキシジルは医薬品には該当せず化粧品成分としての認可が施されており、一部の高級まつ毛美容液等に利用されている成分です。

量産化が難しくコストが高くなることから、発毛関連でピディオキシジルが使用された製品はこれまで高い生成技術を実現したBOSTONスカルプエッセンスのみでしたが、続いてフィンジアが実現に成功し、非常に高い発毛効果が期待されているのです。

この2つは現在AGA治療エッセンスの最先端技術となっています。

『フィンジア』は特に「ピディオキシジル」の可能性に着目し、限界濃度の2%封入を実現しています。(※BOSTONスカルプエッセンスは1.5%)

そもそもピディオキシジルはまつ毛美容液で発毛力が証明された成分です。女性のまつげエクステやマスカラは強烈なまつ毛脱毛を発生させるのですが、ピディオキシジルを用いた『スカルプDまつ毛美容液』が「生える!増える!」と大絶賛の嵐で売り切れ続出状態となっているのです。

このスカルプDまつげ美容液における成果や頭皮発毛用へと変換させたBOSTONでの発毛実績を研究し、ピディオキシジル濃度を向上させることが最高の発毛エッセンスとなる結論に至ったと思われます。

注目のフィンジア(FINJIA)独自成分組成

現在販売されているキャピキシルエッセンス(育毛剤)では、発毛に有効なアミノ酸や化学的構成研究が積極的な製品開発に重点を置いている傾向が強くなっています。

このために、高額となる頭髪成長に有効な有機アミノ酸の配合を駆使した製品が多くなっていますが、この部分でフィンジアの独自性が活かされています。

具体的には、基本構成以外の配合物質にフィンジア独自の理論が組み込まれており、発毛力と低コスト化の両立を実現しているのです。

カプサイシンを用いたSPEテクノロジー

フィンジアの組成で特徴的なものは「カプサイシン」に着目している点です。カプサイシンとは唐辛子に含まれる知覚神経を刺激する成分のことで、舌で辛味やピリッとした刺激を感じると同時に発汗作用や血行促進を促すものです。

このカプサイシンに発毛効果があることがわかっています。

2009年に名古屋市立大学大学院医学研究科グループによって「カプサイシンとイソフラボンを合成させるとIGF-I(毛髪成長タンパク質)が増加して毛母細胞の成長を促進する」という研究結果が報告されています。

このIGF-I向上技術を用いた製品はすでに実用化されていますが、フィンジアではカプサイシンの力を『ゲートアクセス』と呼ばれる毛穴を広げる作用に応用しています。

育毛剤では一般的に毛穴から毛根に到達して作用するのはわずか20%と言われています。このなかで、非常に浸透率が高い組成を持つピディオキシジルにプラスしてカプサイシンの毛穴拡張作用を組み合わせることが高い発毛効果に結び付けられたと言えるのでしょう。

フィンジアではカプサイシンの毛穴拡張効果を大々的にアピールしていますが、実質的にはカプサイシン単体にもIGF-I増加作用があるために、非常に注目すべき構成であると同時に着眼点の転換が素晴らしいと思います。

また、高額となるアミノ酸等の配合による化学的な物質構造研究ではなく、天然成分から抽出される成分を有効利用することによって非常に高い発毛効果を持ちながら低コストでの供給を可能にしているのです。

これらの要素によって高浸透率を発揮するSPEテクノロジーとなったのです。

フィンジア(FINJIA)に配合される他の成分構成

フィンジアでは天然草抽出成分を多用している傾向が強く感じられます。他の製品では「グロースファクター」と呼ばれるアミノ酸成長因子やノーベル物理学賞受賞成分等を重点的に用いている部分がありますが、フィンジアでは天然草成分の持つ作用を徹底的に検証して抜群の配合を実現しています。

フィンジア配合成分

BG、PEG-40水添ヒマシ油、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)、エタノール、キハダ樹皮エキス、クエン酸、クエン酸Na、グリセリン、グリチルリチン酸2Kセンブリエキス、デキストリン、トウガラシ果実エキス(カプサイシン)パンテノールヒオウギエキスヒキオコシ葉/茎エキスピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)ビワ葉エキス、フェノキシエタノール、フユボダイジュ花エキスボタンエキス、メントール、ラウラミンオキシド、褐藻エキス、水

全25種類中、赤文字14種類が発毛有効成分です。

配合成分の数は他のキャピキシルエッセンス(育毛剤)と比較すると少なくなってしまします。しかしながら、成分を徹底的に検証した苦心が垣間見られます。それは、ヒオウギエキスとビワ葉エキスをピックアップしている点でしょう。

これらは5αリダクターゼを抑制し、DHTの産生を止める成分として同社の看板育毛剤となっている『プランテル』で培われてきた成分構成です。キャピキシルでも同様の働きをしますが、それに加えて配合されることでさらなる効果向上が促されると考えられます。

これは他のキャピキシルエッセンス(育毛剤)にはない特徴と言え、注目される部分ではないでしょうか。天然草の持つ作用を解読して実用化させるコンセプトに基づくユーピーエスならではの発想だと思います。

この成果部分も、高コストとなるピディオキシジルを限界濃度まで高めながら価格帯を高騰させることなく供給させることに繋がった一因であると推察できます。

フィンジア(FINJIA)のコストパフォーマンス

フィンジアは現在販売されているキャピキシルエッセンスの中で単品での価格が最安値となっています。継続購入においてはこの限りではありませんが、価格の比較を表にしてみます。

フィンジア(FINJIA)BOSTONスカルプエッセンスDeeper 3D
1本単品価格12,800円14,800円13,800円
1本定期購入9,980円12,800円なし
3本セット価格34,800円(1本あたり11,600円)29,800円(1本あたり9,933円)37,200円(1本あたり12,400円)
3本定期購入なし24,800円(1本あたり8,266円)なし
最安値1本単価9,980円8,266円10,211円(6本セット)
最安値コース購入特典なしBOSTONアロマシャンプー10mlミニボトル、バリアスルー5ml

単品購入(1本定期コース含)において最安値となっています。

まとめ買いや複数本の定期コースを展開する競合他製品では、それらの高額となるコースで1本あたりの単価がフィンジアを下回る状況となっていますが、一回にかかる支払いコストは高額になってしまいなかなか踏み切れないことが発生してしまいがちです。

そういった背景を考慮すれば、「とりあえず1本入手して試してみよう」と考えた場合にフィンジアは有利ですし、定期購入でも1本ずつの購入で1万円を切る価格は魅力的だと思います。

フィンジア(FINJIA)がまとめ買いに積極的ではない理由

これは推察となりますが、開発販売メーカーであるユーピーエスの捉え方として「手の届く範囲で無理をせずに継続」という概念があるのだと思います。育毛エッセンスを用いたAGA治療では、継続しながら経過を自分で管理することが基本となり、その都度自分にあったものを選択することも大切です。

その上で、1本あたりの単価が低くても支払い額が大きくなるまとめ買いでは、継続中止の可能性が高くなることを問題視しているといえるかもしれません。

また、別の見解としてはまとめ買いでの割引を実践すると、大量の在庫をメーカーが抱える必要性が発生するため、メーカー側の製作コストが高騰してしまう問題があり、単品での価格優位性を押し出しているとも捉えることができます。

フィンジア(FINJIA)のまとめ

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルという最新のAGA治療の要素を高濃度配合しながら、原点的な天然野草が持つ効能を有機的に合致させて製品化された最新のキャピキシルエッセンスです。

これまで登場しているキャピキシルエッセンスには、最先端のバイオテクノロジーが駆使された成分が惜しみなく組み込まれていますが、フィンジアでは根幹の配合成分に惜しみない技術が投入され、プラスして天然成分で高い発毛力を補強するという方式が編み出されています。

この全体構成は非常に高く評価でき、キャピキシル以外の育毛剤に導入されている高評価成分をキャピキシルにフィードバックさせて独自の技術で高発毛低コストを実現させている非常にお勧めの製品だといえます。

フィンジアは非常に発毛力が強く非常に評価できるキャピキシルエッセンスです。

BOSTONスカルプエッセンスの独占市場であったピディオキシジルによる発毛効果をより重視して濃度を上げ、ヒオウギエキスやビワ葉エキスを用いた天然素材発毛を実現している点は、オーガニックな育毛発毛に注目するユーザーには非常に興味付けられる部分であるに違いありません。

これだけの成分をこの価格で手にでき、高い発毛効果が期待できるフィンジアが今後益々育毛エッセンス業界を席巻するでしょう。

AGAアンサーでも販売開始後すぐに人気1位となった製品で問い合わせが殺到しました。

当サイトで瞬く間に1位を獲得した製品というのはフィンジアが初めてです。発毛力が高く使いやすいという利用者さまからのご報告も多数いただいており、改めて製品の使い心地を含めたレビューや、他製品との比較などを考えていますのでご期待いただければ幸いです。

以下よりフィンジア(FINJIA)をご確認いただけます。

フィンジア(FINJIA)公式サイトはこちら

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ