ミノキシジルタブレット(ミノキシジル内服薬)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジルタブレット(正式名ノキシジル)は革命的発毛成分薬品として君臨したミノキシジル内服薬『ロニテン』の正規ジェネリック医薬品です。

現在では歴史が長いことからミノキシジル内服薬の代名詞とも言われるほどに知名度が向上し、価格も安価で臨床報告も多いことから先発医薬品であるロニテンの数倍以上の流通量を誇っています。

ロニテンのジェネリック医薬品について

ロニテンはアメリカのファイザー社が供給するミノキシジル内服薬で、ファイザー社は外用ミノキシジル育毛剤の先発医薬品であるロゲインの開発製薬会社でもあります。

ミノキシジルという薬効成分は元来発毛を目的としたものではなく高血圧治療薬でしたが、強い発毛効果が副作用として発見されたことから成分を希釈調合して発毛医薬品認可されました。

そもそも内服ミノキシジルであるロニテンは販売が開始されてから特許有効期間である20年が経過していませんが既に特許有効期間は完了しています。

ジェネリック医薬品についての詳細はこちら

この理由は薬品特許が成分構成に対して有効とされるためです。つまり、ロニテンは販売開始から20年が経過していなくとも、ミノキシジルという成分構成に対する特許期間は20年を過ぎているということです。

この結果多数のロニテンジェネリックが世界中で生産されて流通するようになったのです。

 

ノキシジルがミノキシジルタブレットの代名詞となった理由

そもそもミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)という名称は固有薬品名ではなく、内服型ミノキシジルの呼び名として普及したものです。現在ミノキシジルタブレットとして流通している薬品は、世界的医薬品メーカーが公開された薬品組成を元にジェネリック医薬品を製造しています。

このようにロニテンのジェネリックは区別なく『ミノキシジルタブレット』と呼ばれています。

日本においては個人輸入によってこのすべてを選んで入手することが可能ですが、流通量・販売量ともに『ノキシジル』がダントツの人気を誇っています。

この理由として…

  • 成分組成がロニテンに最も近い
  • 個別シートパッキング包装で清潔
  • 価格が圧倒的に安い
  • 製造ライン(流通量)が安定している

という点が特に日本では個人輸入代理店で高い評価を受けたため、積極的な導入がおこなわれたためであると考えられます。世界的にはボトルに錠剤を裸で詰めたものが主流ですが、錠剤コーティングが施されていないために日本では包装面の配慮も重視した点が強いのかもしれません。

以上の理由から日本ではノキシジルがミノキシジルタブレットという認識が強くなり、最も安心で買い得な内服ミノキシジルとして不動の地位を築いたのです。

 

ノキシジルの概要(作用と効果)

現在世界的にもミノキシジル内服薬はジェネリックの割合が圧倒的に高い状況となっており、特に流通量の多いノキシジルでは発毛効率の高さが臨床結果として多数挙げられています。

ロニテンそのものに対してのAGA改善実績は多く挙げられていますが、今日ノキシジルの改善報告のほうが上回るほどになっており、薬効データ的にはロニテンと同様の概要となっています。

ロニテンについての詳細はこちら

また、価格が正規先発医薬品であるロニテンの3分の1ほどであることがDHT抑制医薬品であるプロペシア等との同時購入でも金銭的負担が少ないことから爆発的な人気を誇っています。

 

ノキシジルのミノキシジル濃度

ノキシジルにはミノキシジル含有量5mgと10mgの2種類が存在します。

内服型ミノキシジルは血流に乗って内側から高い発毛効果が発揮されまので、基本的には5mgの濃度でも十分な発毛効果が期待できますが、体内環境や薬効の個人差によっては10mgの選択が必要になるケースがあると思います。

10mgを選択する際は副作用についての理解を持っておくことが重要です!

体毛の増加、動悸やめまいなどの影響が人によっては顕著に現れることがありますので、ミノキシジルの副作用について適切に理解を深めた上で選択することを心がけてください。

発毛医薬品の副作用についてはこちらから

 

ロニテンとノキシジルの価格比較

ノキシジルはロニテンジェネリックのなかでもパッケージングが確実で圧倒的な低価格が人気となっています。世界的にも販売数があり、流通量が安定していることから品切れ等による入手困難もほぼ発生しません。

◆ノキシジル5mg(100錠)約3,200円(※為替により若干変動します)
◆ロニテン5mg(100錠)約9200円(※為替によって若干前後します)

1日1錠服用とすればロニテンが月額3,000円弱なのに対してノキシジルは月額1000円弱という圧倒的なコストパフォーマンスで治療が可能になります。

以下より安心な海外製ノキシジルをご購入いただけます!

ミノキシジルタブレット5mg

 

ノキシジルは個人輸入でのみ入手することが可能な内服ミノキシジル発毛医薬品です。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。個人輸入や副作用における注意等を確認して利用しましょう。

内服ミノキシジルは含有量5mgをベースに検討しましょう。

毛髪が透けるほど細くなっている場合を除いて、5mgでも十分毛根の成長効果が発揮されます。10mgでは効果も強くなり成長速度も上がりますが、人によって体毛の増加や動悸など副作用の体感も顕著になることがありますので基本的に5mgを利用して状況によって切り替える等の措置を施すのが適切です。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ