キャピキシルの強力な発毛相乗効果と安全性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療の最前線を担う発毛医薬品『ミノキシジル』に対し、約3倍の発毛効果を持つ天然成分『キャピキシル』が非常に注目されています。

天然草からの抽出エキスがベースとなっているため医薬品ベースであるミノキシジルのような使用制約が存在しない他、ミノキシジルにはない脱毛ホルモン還元酵素(5αリダクターゼ)阻害効果も確認されている革命的育毛成分として認識されはじめています。

キャピキシルの概要と成分について

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって開発された発毛成分です。医学的な検証に基づくAGA治療薬と異なり、天然成分に由来する効果を科学的に検証して合成された革命的発毛成分として近年急速に注目を浴びるようになりました。

キャピキシル成分の検証

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分が主になり、このふたつの成分が組み合わさったものが「キャピキシル」と定義されます。各成分について確認してみましょう。

1、アセチルテトラペプチド3

アセチルテトラペプチド3は極めて強い細胞修復作用を持つ4つのアミノ酸で構成された物質です。

この作用は最前線の医学でも活用されており、切断された四肢や火傷等で痛んだ皮膚の修復に対して高い細胞復元効果がもたらされ、完全に元通りになる症例も少なくありません。

この作用が衰退した毛母細胞の復元にも当てはまり、画期的な発毛作用を発揮するのです。

2、アカツメクサ花エキス

アカツメクサは「レッドクローバー」とも呼ばれるマメ科の多年生植物で、過去から薬用ハーブとして活用されてきた経緯があります。

アカツメクサの花エキスには「ビオカニンA」という成分が含有されており、脱毛男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼ還元酵素を阻害する効果が確認されています。

ビオカニンAは、プロペシア等の主成分であるフィナステリドと同様の効果が得られるともされている程で、それが天然草成分から得られるのです。

この2つが組み合わされ、発毛・育毛成分として高い作用を持つキャピキシルとなります。

キャピキシル成分が3%以上含有されている場合のみに原料メーカーから認証エンブレムが付与され、厳格な基準が設けられています。

キャピキシルの発毛効果

毛髪成長効果がミノキシジルの約3倍なのは本当なのか?

3bai

このような効果をご覧になられたことがあるかもしれませんが、そもそもキャピキシルとミノキシジルでは毛髪に作用するポイントが異なります。

ミノキシジルは主に毛根部分に血液が送られる毛細血管の拡張と、それに付随する毛母細胞の活性化による発毛効果ですが、キャピキシルでは脱毛ホルモンによる毛根衰退とヘアサイクルの狂いを止めて萎縮した毛母細胞を復元させる作用による発毛効果となります。

言い換えれば、キャピキシルには脱毛を止める作用と毛根復元による発毛作用が発生するために、ミノキシジルよりも優れた作用が生まれるということになります。

キャピキシルの開発元であるLUCAS MEYER COSMETICS社の調査によると、『ミノキシジルとキャピキシルを培養された細胞組織に同条件で実験した結果、細胞組織の発毛反応が3倍得られた』となっており、事実的にも使用者に非常に高い成果が得られていることから脱毛抑制作用と発毛作用の相乗効果が現れていると言えるのでしょう。

しかし、単純にミノキシジルよりもキャピキシルがすべて圧倒的に勝っている判断は的確ではないと個人的に感じる部分があります。

キャピキシルとミノキシジルの単純比較では見えない部分

主に『ミノキシジルの3倍の発毛効果』とされる比較では、キャピキシルとミノキシジルの単体使用ベースでの比較が基本となっています。

すなわち比較検体とされるデータでは、ミノキシジルにプロペシア等のフィナステリド製剤による脱毛ホルモン抑制が入っていない状態であるということです。

AGA治療では内服薬品やサプリメントの服用と併せてミノキシジル等の育毛剤を使用することで高い発毛効果を得ることが大きな狙いとなります。このために単体使用においての作用比較ではおおきな差異が生じますが、フィナステリドとミノキシジルの併用において、必ずしもキャピキシルの効果を大幅に下回るとは言い切れない部分があるのです。

またキャピキシルを使用する場合においても、あくまで育毛剤という外用薬であることから頭皮からの吸収のみで発毛効果が爆発的に高まるとは言い切れないために、発毛医薬品やサプリメントとの併用で効果を高める認識を持っておくことが重要であると思います。

キャピキシルがすべての人に発毛効果をもたらすのか

前述したようにミノキシジルとキャピキシルでは作用のポイントが異なります。たとえば動脈硬化や血行不良によって血液の流入が滞れば、毛根は栄養失調状態となって衰退していきます。

この場合にキャピキシルによって毛母細胞が修復されても、そもそもの血液流入が悪ければ思ったような効果が得られないことがあり、血管拡張効果を持つミノキシジルのほうが発毛効果が高くなるケースもあり得ます。

このために、キャピキシルで思ったような効果がなかなか得られにくい場合は、朝晩でミノキシジルとキャピキシルを使い分ける等の工夫も考慮しておくのがよいと思います。


現在キャピキシルの利用者数は急増しており、実に90%以上が高い発毛効果を体感しています。ここまで懸念される点も掘り下げてみましたが、今後AGA治療においてミノキシジルと同様に育毛・発毛の要になることは間違いないといえます。

キャピキシルの副作用と安全性

キャピキシルは天然草がベースとなる発毛成分ですので、フィナステリドやミノキシジルのような発毛医薬品にみられる副作用の可能性がない点が最大のポイントと言えます。

  • フィナステリド ⇒ 女性への影響や性欲減退の可能性等
  • ミノキシジル ⇒ 低血圧症状やニキビ発生の可能性等

発毛医薬品の副作用についての詳細はこちら

キャピキシルは薬品素材ではないために上記のような使用による副作用が発生しません。

天然草による成分であることからキャピキシルの知名度が徐々に向上してきた最近において利用者の報告が多数挙がってきており、実質的にも身体的に影響を及ぼす事例やデータは発生していないことから安全性が非常に高いことが伺えます。

しかし、副作用の一部として当てはめるとするならば発毛医薬品と共通して起こる初期症状が発生します。

初期脱毛です。

多くのキャピキシル情報では『副作用がない』という点のみが声高にクローズアップされている現状があり、確かに医学的な発祥となるミノキシジルと比較すれば懸念不安となる副作用はありません。

が、使用で発生する現象をトータルで検証していくと初期脱毛が発生することは副作用の一部として考慮すべきであろうと思います。

初期脱毛症状の詳細はこちら

初期脱毛が発生する理由を確認

実は『初期脱毛症状はミノキシジルやフィナステリドのみの発毛医薬品に対してのみ発生するもの』という認識を非常に多くの方がお持ちです。

しかし現在、非常に高い発毛効果を発揮する天然成分育毛剤やサプリメントではヘアサイクルの適正化がベースになっているものが大半です。この場合、成長前に急速に休止期へと移行した髪の毛根を正常なサイクルに戻す運動が発生します。これは発毛医薬品と同様の効果ですから、同様に初期脱毛も発生するのです。

キャピキシルは、ミノキシジルとの比較において『発毛反応が3倍』とされています。状況よってこの限りではありませんが、『発毛数=初期脱毛数』と言い換えることができます。このため、場合によってはミノキシジルよりも初期脱毛が活発になることを理解しておく必要があります。

キャピキシルについて安全性の考察

一般的に日本では『天然成分は絶対に安全』という認識が根強い部分があります。これは臨床試験によって病原を駆逐する医薬品と比較した場合の認識に起因するものであるためです。

医薬品は病原に対する破壊・抑制・抗生が目的とされ、その部分に集中的に効果を発揮させるため人為的に生成されるものです。そのために医薬品となるものには大小問わず必ず副作用が発生します。

では天然成分では副作用はあり得ず、安全性が非常に高いというのは正しいのでしょうか?基本的には医薬品のように人為的に薬剤を構成するわけではなく、科学技術を集結した構成と製法を用いるために事実であると言っても過言ではありません。

しかし、であるがゆえに天然成分自体が神格化する誤解や発毛医薬品に対して必要以上の危険性誤解を招いてしまうことがあり得る状況が発生してしまいがちです。これには数点の理由があります。

1、薬事法による日本独自解釈の発生

日本では医薬品に対して副作用の記載義務が厚生労働省から発せられています。これは投薬による平癒が期待できるとともに副作用による重大な影響が出るおそれと適正な使用法を利用者に認識させるための措置です。

過去に日本では医薬品による健康被害や死亡などが発生したことから、薬品使用に関する医師からのリスク説明や注意書きの記載添付が徹底的に義務付けられており、薬局で購入できる目薬や風邪薬にも注意書きが入っています。

そのため、医薬品であればどんな小さな症状でも副作用として発信しないといけないために『医薬品は危険』という認識が日本人に根付いてしまったのです。人為的に薬品を合成する医薬品であるがための措置なのです。

ところが、天然成分が根本となるものには薬品成分が存在しないために、日本では法規上『自然健康食品』『健康補助食品』『化粧品』というカテゴリーに分類され、医薬品のような複雑で厳しい規定はありません。

つまり、健康や自然というキーワードが法規的に使用され、消費者の抵抗となりやすい注意書きが存在しないことで、天然成分の『安全』認識クローズアップが進み、その揺り返しで医薬品が『危険』という認識がおおきくなっているのです。

2、天然成分に対するメリット表現が強くなってしまった

天然成分が安全というのはあくまでも薬学的見地と比較した場合、すなわち臨床的な調査証明がある副作用が法規的に定められていないためです。

例えば野草でもトリカブトのような猛毒成分があり、キノコでも中毒症状をおこすものが存在します。天然の産物がすべて安全であるとはいえないのです。

天然成分の取り扱いは、生成するメーカーの独自認識に基づいて発表されるのが基本であり法規上の縛りもありません。また『健康や生命の回復や維持』という命題がある医薬品は医師や薬剤師が専門的な知識を持って直接的に患者と接する臨床現場から短期間でデータが刷新されていきます。

その際に学会等で全国的な専門家が知る機会が数多く存在し、一般にも医療知識や薬学知識が普及していきやすい背景があります。

ところが野草をはじめとする天然成分では『治療』という概念が根本ではなく、ある種バイオテクノロジーの分野です。つまり、天然成分に関する人的な効能や作用は、それに適する成分に対しておこなわれるのみで二の次です。

結果的に天然成分に対する情報量は医療成分に比べて一般に普及しにくくなり、臨床データから得た副作用も含めた多大な情報開示が義務となる医薬品に対して天然成分はメリットのみを表現しやすくなっているのです。

このために天然成分育毛剤はリスクがなくメリットが高い成分だと強く表現されやすく、製品ごとの特徴がわかりにくくなっている状況があります。

医薬品ではないために表現の自由度が高いため、キャピキシル成分配合育毛剤と他の天然成分育毛剤のメリットが同様に表現されてしまい、違いがわからないといった点ですね。

アカツメクサが使用されるキャピキシルでは、現在世界的に普及がされており、成分が公表されていますし効果の高さや副作用の報告がない点がデータとしてフィードバックされています。すなわち、キャピキシルが非常に安全生の高い発毛成分であることは明らかです。

キャピキシルは最新のエビデンス(科学的根拠)に基づいて研究され抽出供給される画期的成分であり、これまで心疾患既往症の方に使用制限があるミノキシジル治療を断念してきた方や、副作用が壁となるために発毛医薬品治療に踏み切れなかった方に新たな発毛アプローチを提案することに繋がりました。

さらにミノキシジルユーザーでも効能の異なるハイレベルな発毛成分の登場でAGA治療の選択肢や可能性が広がったと言えるのです。

ただ、キャピキシルは普及が1990年代にはじまったミノキシジルと比較した場合、データ量がまだ少ないことも確かです。ここで考えていただきたいのは、天然成分が安全で発毛医薬品が危険という先入観が果たして正しいのかという点です。

キャピキシルの解説サイトでは、よく『ミノキシジルやフィナステリドのような危険性を持たない』として比較されているものを見かけますが、この事実によって発毛医薬品の副作用に起因する安全性の認識が著しく悪化した事実も否めません。

発毛医薬品の一般使用における安全性は担保されている現実があり、国民の生命を守る厳格な厚生労働省が日本国内でAGA医療を認め、医薬品特例として個人輸入を全面解禁している事実がなによりの証明です。

ですので、発毛するためのAGA治療として、発毛医薬品が危険な治療法であるというような曲解にならない認識を持って欲しいとお伝えしたいです。基本的に用法や用量を確認して正しく利用することで発毛医薬品はこれまでも多くのAGAに圧倒的な効果をもたらしてきました。天然成分は発毛医薬品と異なる効能を発揮し、今後のAGA治療に優れた効果を持つ選択肢として定着していくことでしょう。

これらを把握した上で、ご自身の体調(心臓既往症等)やAGA治療の進行具合と照らし合わせて、発毛医薬品を使用するのか、天然成分を使用するのか、ハイブリッドさせるのかの判断をするのが適切でしょう。

キャピキシル育毛剤の紹介

ここまでお話したように、キャピキシルは高い毛根修復作用に脱毛ホルモン抑制効果がプラスされた、発毛医薬品に匹敵する非常に効果的な革命的天然成分育毛剤です。

現在キャピキシルを用いた育毛剤が国内で多数販売されていますが、特に評価の高いものをここで数点ご紹介します。

商品名特徴
◆モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D



育毛エッセンス「deeper 3D」


再生医療にも用いられる成長因子(グロースファクター)をキャピキシルに配合!

強力な発毛作用を促す天然素材の発毛成分『キャピキシル』に、再生医療の臨床現場でも活用されるグロースファクター(成長因子)のなかで、特に発毛に有効とされる8種を選定してブレンド。最も売れているキャピキシル育毛剤です。


■含有栄養素成分
・ケラチノサイト増殖因子
・インスリン様成長因子


■総合的な評価
使用者の93%がリピートする満足度が高い効果を示している製品です。ミノキシジルと同じ要領で使用できる使いやすさもポイントです。
◆フィンジア(FINJIA)



キャピキシル配合スカルプエッセンス FINJIA(フィンジア)

業界初のピディオキシジル限界濃度2%を封入した最新キャピキシルエッセンス!

キャピキシル成分に「副作用のないミノキシジル」と注目されるピディオキシジルを最高濃度である2%混合させ、天然野草が持つ発毛成分を高次元に融合させた最注目の最新キャピキシル育毛剤です。


■含有栄養素成分
・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)
・トウガラシ果実エキス(カプサイシン)
・パンテノールヒオウギエキス
・ビワ葉エキス


■総合的な評価
天然野草の特性を化学検証したゲートアクセス理論に基づくSPEテクノロジーで一気にキャピキシル育毛剤の中核となった低価格も魅力のエッセンスです。


◆キャピキシル配合スカルプローション【THE SCALP 5.0C】



話題の育毛成分キャピキシル配合【ザスカルプ5.0c】


キャピキシル配合成分として日本初のモンドセレクション(国際商品評価機関)金賞を受賞!

キャピキシル成分に成長因子を含めた41種類の成分を配合。加齢に伴う体内毛髪成長因子の減少を補い、独自のサラサラなつけ心地で人気急上昇です。


■含有栄養素成分
・発酵プラセンタエキス
・オクタペプチド2
・オリゴペプチド41 他


■総合的な評価
モンドセレクション金賞受賞記念として、現在1本購入でもう一本プレゼントされます。全額返金キャンペーンも実施中なので、初めての利用でも安心です。

◆ボントレスローション



ボントレス(Bontress)ローション

個人輸入で入手できる海外製廉価版キャピキシル!

オーソドックスなキャピキシル成分のみで構成された製品です。ジェル形状に近く粘性が強い特徴があります。


■含有栄養素成分
特になし


■総合的な評価
インドで生産されているため日本製品とは特徴が異なり、含有されているプロピレングリコールやアルコール等によって頭皮に炎症をおこす場合があります。


『Deeper3D』と『THE SCALP 5.0C』は最高評価のキャピキシル製品ですが、『BOSTONスカルプエッセンス』の登場によってさらなる選択肢が広まりました。

BOSTONスカルプエッセンスの詳細はこちら

現在流通しているキャピキシルは日本製の製品に軍配が上がります。

日本の事情として、医薬品の開発には資金や法規といった制約が発生しやすいため海外に遅れやすい事情がありますが、逆に制約の少ない天然成分やバイオテクノロジーを活かした分野の開発や流通では目覚ましい進歩を遂げやすい実情があります。

この背景からキャピキシルに関連する毛髪再生技術と成果は日本がトップクラスです。

現在『Deeper3D』と『THE SCALP 5.0C』が最上級のキャピキシル育毛剤の双璧となっていますが、それぞれのより詳細な内容は今後比較等も含めて検証をおこなっていきたいと思います。

キャピキシルのまとめ

キャピキシルはAGA治療において非常に革命的な発見であるといえます。

多数の懸念点も挙げましたが、安全性を確認された強い発毛効果を持つ天然成分であるからこそ、日本の専門機関が世界でトップクラスのキャピキシル育毛剤を開発し、利用者から数多くの発毛報告や高い評価を得ている結果に結びついているのです。

脱毛酵素『5αリダクターゼ』の抑制効果と毛母細胞の再生が発生する画期的な発毛成分なのです。

しかし再確認しておかなければならないのは、『これさえ使っていればAGAが治る』ということではない点です。AGAは考えられる要因を総合的に治療しなければなりませんから、サプリメントや食事を含む生活習慣による複合効果が必要です。

そのため、発毛医薬品やサプリメント等の効果や副作用を確認して併用することや、食事や入浴等の生活習慣、頭部体温や頭皮の状態を改善するマッサージ等をトータルで考慮するということを心がけましょう。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ