フィナロがフィナステリド最安である理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人輸入でのフィンペシア独占状態であったプロペシアジェネリック市場において圧倒的な低価格であるフィナロの人気が急上昇していますが、同時に『偽薬ではないのか?』といった不安を持つ方も急増しています。

生産製薬会社の構図が関連する事情などが関連している話題のフィナステリドジェネリック錠『フィナロ』を分析してみました。AGA医薬品の選択にお役立ていただければ幸いです。

フィナロの素性と薬効成分

フィナロはインドのジェネリック製薬会社であるインタス・ファーマシューティカル社によって生産供給されるフィナステリド医薬品で、脱毛ホルモンであるDHTを生成する2型5αリダクターゼ酵素を抑制するプロペシアと成分が同様のジェネリック医薬品です。

上図と同じ作用がフィナロ服用で発生します。

プロペシアのジェネリック医薬品としては、同じくインドのシプラ社が生産供給する『フィンペシア』が世界ナンバーワンのシェアを誇りますが、組成が同じである『フィナロ』も個人輸入が可能なフィナステリド製剤として世界的に流通する医薬品となっています。

インタス社のジェネリックと信頼性

インタス社はインドで12番目の売上を誇る製薬会社です。12番手といっても2013年度の売上高は約320億ルピー(日本円で約650億円)となっており、世界70カ国以上に薬品供給をおこない先進国の製薬会社との提携も進む企業であるため、ジェネリック医薬品企業の多いインドならではの順位ともいえます。

インタス社が米英をはじめとするヨーロッパ諸国の製薬会社と提携が多い理由には、慢性疾患領域(癌、自己免疫不全、腎臓病等)の薬品供給が盛んであることが挙げられます。

欧州や米国では日本のような国民皆保険制度の整備が充実していない背景があり、ジェネリックへの需要が高いことから70カ国以上という爆発的な供給と提携が進んだのです。提携企業には日本でも知られる巨大製薬会社も軒を連ねており信頼度は申し分ないと言えるでしょう。

フィナロの効果と特徴

フィナロの成分構造についてはプロペシア、及びフィンペシアとまったく同一です。近年日本でも利用者が増加していますが、他薬品と同様に成分構造上AGA(男性型脱毛症)に対して非常に高い脱毛ホルモン抑制効果を発揮します。

プロペシアのジェネリック医薬品という特性上、フィンペシアと比較しても大きな差異は見られず、効果や副作用に関してプロペシアやフィンペシアと同様の所見とされるパターンが大半となっています。

効果や副作用の詳細は『プロペシア』にてご確認ください。

なぜフィナロのみが安価に供給されるのか

現状において日本ではフィンペシアをはじめとする数多くのフィナステリドジェネリック製剤を個人輸入によって入手することが可能となっていますが、基本的には1箱(100錠)の価格帯に大きな差異がありません。

しかし…

フィナロのみ1箱あたりの価格が低く設定されています。

フィナロフィンペシアフィナバルド
$21.00(約2,560円)
※為替相場により変動
$25.80(約3,150円)
※為替相場により変動
$25.80(約3,150円)
※為替相場により変動
内容量:100錠内容量:100錠内容量:100錠

他の製剤価格は一覧よりご確認ください

このように数あるフィナステリドジェネリック製剤のなかでフィナロのみが大幅に安いため『何か問題があるのでは?』といった疑念を抱くことに繋がり、当方にもご質問を多数いただくのですが結論から言えばそういった問題は一切ありません。

この理由はプロモーションの一環と考えることができます。

安価供給の要因として最も有力なのが、インタス社と英国の巨大製薬会社であるアストラゼネカ社の間で結ばれているジェネリック業務提携であると思われます。

アストラゼネカ社は抗癌剤、狭心症・高血圧治療剤、気管支喘息治療剤、麻酔薬等の医療現場第一線で使用される薬品の開発・供給をおこなう超巨大製薬企業であり、他製薬会社との提携や買収が盛んにおこなわれています。その中でインタス社のジェネリック技術が高く評価され、提携が成立しています。

現状でフィナステリド製剤のジェネリックは最も先行販売したフィンペシアが圧倒的シェアを誇っていることから、フィナロの知名度を上げて流通を加速させるために販売価格を落としていると思われます。

アストラゼネカは巨大製薬会社なので資本力が大きく、将来的なシェア確保を狙っているのでしょう。

フィナステリドは定期的な薬剤変更を

以上のようにフィナロは非常に優れたAGA治療薬であり、価格が低いことも長期的なシェア獲得のためのプロモーションであることがおわかりいただけたと思います。フィナロを使用することによって効果的で低コストなAGA治療を実現することができます。

ですが定期的なフィナステリド製剤チェンジを心がけてください。

フィナステリドには耐性が発生することはありませんが、非常に多くのジェネリックすべてが先発医薬品であるプロペシアと何から何までまったく同じではありません。そのために長期にわたって効果的な治療を目指す場合は、他のジェネリックへ定期的に変更することが有効です。

詳しくはAGA医薬品のジェネリックについてをご参照ください

フィナロの入手

フィナロは個人輸入でのみ入手することが可能なジェネリック発毛医薬品です。

・利用者が最低限の薬品知識を持っていること
・自己責任で購入し注意を守って利用すること

これらの条件が整っていれば個人での海外購入が可能です。個人輸入や副作用における注意等を確認して利用しましょう。

以下より安心なフィナロがご購入いただけます。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ