AGA医療機関のメリットと利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA(男性型脱毛症)の治療は医院やクリニックが取り扱うようになって認知度が向上していますが、AGA医療には専門外来と一般診療が混在することが意外と知られていません。

そのために、AGA医療機関での薄毛治療と在宅で自己発毛治療をおこなうこととの違いや、薄毛治療を受けられる医療機関がすべて同じではないことを理解しておく必要があります。

日本でAGA医療が発祥した経緯

日本において現在のように男性の薄毛をAGAとして医療認識されるようになったのは2005年にさかのぼります。1997年にアメリカのメルク社が開発したフィナステリド製剤であるプロペシアがFDA(アメリカ食品医薬品局)によってAGA治療薬として正式認可され、日本で臨床試験がおこなわれた後に萬有製薬(現MSD)が販売権を取得し2005年に販売が開始されました。

日本では前例のない新カテゴリーの医薬品という事実でした。

プロペシアは脱毛男性ホルモンであるDHTを抑制するという医療科学的に革命的な作用であったことから、医療用医薬品としての取り扱いが要求されたのです。

医療用医薬品とは

薬理作用の強い薬品や発売から間もない新発医薬品等が指定されるもので、医師の診察による処方箋を必要とする医薬品である。これに対し、処方箋を必要とせず薬局等で誰でも購入が可能な薬品を一般医薬品と呼ぶ。

これによりプロペシアを入手するには医師による処方が必要となり、知識を持つ医師が携わるAGA専門医院・クリニックが登場する他、一般の内科や皮膚科をはじめとする医院でもプロペシアの取り扱いがスタートしました。

同時にプロペシアの正規薬品供給をおこなう萬有製薬では、タレントを起用して「お医者さんに相談だ!」というキャッチフレーズと共にAGA医療のスタートを大々的にCM等でアピールする流れとなったのです。

AGA専門外来と一般診療の混在

プロペシアの流通と共にAGA医療は数多くの医療機関で拡大されましたが、すべての医療機関で同等の治療を受けることができない事実が発生しました。

という対極化が発生し、患者は違いがわからないまま安価な薬品価格のアピールをする一般医院に大きく傾いてしまったのです。

そもそもプロペシアは女性が触れてはいけないという成分になっており、このあたりの観点から医療用医薬品として認可された経緯がありますが、服用にあたっての副作用発生率が極めて低いことも事実であり、実質上医師の問診のみで処方されるほどの寛大な処方措置となっています。

医師免許とAGA基礎知識さえあればプロペシアを処方できるという状況なのです。

このことによって、AGAに関する知識が少ない勉強不足の医師でも薄毛に悩む患者にプロペシア処方をベルトコンベアのように施すことが可能な現状となり、一般診療内科だけでなくAGA専門クリニックの一部でも無知な医師による診察が多くなっている問題点があります。

専門外来と一般診療の基本的な違い

必ずしもこの限りではないので上図は目安としてご確認ください。

このように一般診療ではプロペシアの処方のみとなり、個人輸入と比較すると非常に高額となります。専門外来でも基本的には在宅自己発毛と同様の流れで治療を進めていくことになりますが、専門外来では高額でも価値があるメリットが存在します。

AGA専門医院(専門外来)受診のメリット

血液検査による投薬事前診断

プロペシアをはじめとする発毛医薬品の服用や利用が身体に影響を与えるな問題がないかを血液採取によって専門的に分析し、結果によってAGA治療のための手法を検討するというものです。特に安心を希望する場合には、専門医師の助言が得られるので非常に心強いメリットとなります。

頭皮の皮膚に対する診察と医薬品の処方

発毛医薬品の処方に定期診察がプラスされますので頭皮や毛根の状況を確認し、炎症や角質化に対して抗菌治療や炎症抑制等の薬品治療がおこなわれるポイントです。薬品治療だけではなく、髪が育つ土壌を整えるために専門医師だからこそ加えられる総合的なケアが受けられるのもメリットとなります。

AGAチェックによる発毛医薬品効果測定

AGAチェックとは発毛医薬品によってどのくらい発毛効果が出るのかを専門測定するものです。毛根から患者の髪を抜いて測定したり血液から測定するなど方法はクリニックによって異なりますが、結果をベースに医薬品の組み合わせや治療方針の変更などが専門医師によって検討されるというメリットです。

継続的に専門的な助言や指導が得られる

発毛医薬品処方だけでなく継続的な経過診察が施される専門外来では、患者の状況や改善情報を写真データと共に保存し完全カルテ化されます。このため、患者個別に効果が出やすい治療方針を診察ごとに専門的な見地に基づく検討が期待でき、個人輸入での自己発毛のような独自に学習して治療をおこなうということが必要なくなるメリットです。

これらのような専門医療機関ならではのメリットが挙げられます。

現在発毛医薬品や関連治療情報などを在宅で入手できるようになっていますが、専門的な見地からの診察が受けられることや検査などの措置はAGA専門医院でなければ受けられないのもまた事実なのです。このため、AGA医師の助言や治療方針の検討を求めることもAGA改善へのおおきなポイントになってくるといえるのです。

AGA医療機関で診察を受ける際に知っておくべきこと

AGA医薬品(発毛医薬品)は現在厚生労働省の薬事法特例に基づき、個人輸入によって在宅で入手することが可能です。しかしながら、『安心を求めて医院での処方を受けたい』という需要が圧倒的に多く一般診療医院でのプロペシア処方は非常に多い状況が続いています。

ですが、一般診療医院での発毛医薬品処方だけでは現状維持が精一杯であり、薬品にも高額を支払わなければならないのです。

それは、先程の図をご確認いただけると明らかです。そもそも日本では医療用医薬品であるプロペシアの処方が医師頼りという状況であるために、医師自体に深いAGA改善知識がないままプロペシア取扱医院が増えてしまったため、その他の複合的な発毛医薬品治療や指導がおこなえない状況なのです。

だから一般診療医院では診察なしのプロペシア処方しかできないのです。

こう考えると価格や内容が中途半端な一般診療医院でのAGA処方を受けるべきではなく、AGA専門医院での専門外来を受診しなければまったく意味がありません。

医療機関受診は必ずAGA専門クリニックの専門外来へ

AGA専門外来をおこなう医院・クリニックは都市部を中心に増加傾向をたどり、競争も激化してきたことから発足当時に比べて受診内容のクオリティが爆発的に充実しています。

在宅自己発毛で効果が発揮されにくい場合や、最初から的確なAGA治療を進めたい場合には選択肢の一つとして十分に候補として考えることができます。

しかし…

先程も軽く触れたように、AGA専門医院であってもAGA知識の少ない医師が担当するという場合が存在します。AGAクリニックは運営の方針によって質が変わってくるために的確に選ぶ必要があります。

AGAクリニックの見分け方

まずは無料で相談できるかどうかを確認しましょう。その上で疑問に思うことやどのような流れになるのかを無料カウンセリングでしっかりと投げかけることです。

  • どのような治療がおこなわれるのか
  • 発毛効果はどのくらいで体感できるのか
  • 発毛医薬品に関する知識は万全なのか
  • 発毛に関するあらゆる相談に答えられるか

といった部分を重視しましょう。しっかりとしたAGAクリニックであればわかりやすい的確な返答が返ってきますし、いい加減なクリニックでは医師だけでなく事務担当者も曖昧な返答を繰り返します。

無料カウンセリングをおこなう実績の高いAGA専門クリニックをピックアップしました。以下よりご確認いただけますので参考にしてください。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ