生え際に利く話題の天然成分発毛剤『ブラックポムトン』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックポムトンは天然ハーブが主原料の育毛クリームです。2012年にテレビ番組で取り上げられて以降利用者が急増し、その効果が話題となり2015年1月に再度人気テレビ番組で紹介されました。

特に前頭部生え際の発毛効果が顕著な評価が多数挙がっており、前頭部後退型やM字型のAGAに高い効果が得られると話題になっています。

ブラックポムトンが日本で注目された経緯

ブラックポムトンはタイ産の育毛クリームとして、タイ本国では万民に普及しています。薄毛人口は世界各国によって異なりますが、タイでも男性のAGA人口が増加傾向にあり、発毛に有効な成分に対する注目度が非常に高い現実があります。

また、タイの文化として男性から女性への性転換が多いことがあり、性転換者の男性ホルモン代謝が強く残ったりホルモン代謝バランスの崩れが薄毛を招くパターンが非常に多いようです。このような背景からタイ国内では男性だけでなく、女性(性転換者を含む)にも効果的な発毛育毛環境が強く求められているのが現状です。

そして、国の文化的背景から西洋医学の科学的な医薬品アプローチには全賛同していない部分があり、自然成分を重視する傾向が根強い傾向が過去から強いようでハーブ等の研究が盛んにおこなわれているようです。

 

タイは美容先進国という認識

タイは女性の美しさが世界的にも知られる国であり、性転換して女性となった人の美しさも高く認識されています。そのために世界的な性転換者の美しさを競うミス・ユニバースのようなコンテストが開催されています。

(※ 全員元男性です。)

この際に魅力的な髪型を作らなければいけませんが、男性的な頭蓋骨格やホルモン代謝の影響で髪に負担をかける髪型が女性以上に脱毛の要因となります。

ここで現地の出場者がブラックポムトンを愛用していることで美しく豊かな髪を保っていることが大きな話題となり、日本でもニューハーフタレントを中心とした美容を重視する層によって日本国内に広がり爆発的な人気となったのです。

 

効果のある天然成分の組み合わせ

ブラックポムトンは多数のハーブを組み合わせたタイ産の天然成分素材育毛剤です。

配合成分



1,ナツメグオイル

アロマオイルとしても使用される香辛料の一種です。

血流改善効果と発汗作用が誘引される特徴があり、頭皮部分からの浸透で毛根血流と皮脂成分の排出を活性化させる効果がみられます。

 


2,ココナッツオイル

繊維質が多いヤシの実の胚乳から生成されるオイルです。

ココナッツは抗酸化作用が非常に高いことが知られており、抽出されたオイルには栄養素が多く含まれているのが特徴です。頭皮毛根への栄養流入促進と髪の保湿作用がみられます。

 


3,セサミオイル

インドのデトックスマッサージであるアーユルヴェーダでの使用でも知られる胡麻油の一種です。

ビタミンEを大量に含むことから毒素排出効果が高く、体温の上昇効果が非常に高くみられることでも知られています。


これらがブラックポムトンの構成物質になります。

頭部体温の上昇と血流増進による栄養供給効率の上昇

という発毛の原則に基づいた理論を天然成分で組み合わせた素養ということになります。毛根への血流増進は現在の発毛理論において重要視されるポイントであり、発毛医薬品ミノキシジルにおいても毛根血管拡張による発毛効果が理論的に証明されています。

そして『天然成分は症例を改善する圧倒的効果が低い』とされているなか、ブラックポムトンの評判が高いのは体温上昇効果が発揮されるハーブ構成による発毛が期待できる部分でしょう。

ミノキシジルにおいては効果が医学的に証明された一定以上の発毛効果が発揮される医薬品成分による恩恵が世界的に評価されています。しかしながら、頭部体温の上昇という面において発毛医薬品では追従できていないのが現状です。

それは発毛医薬品における脱毛ホルモン抑制と血流改善で高い効果が示されるために体温上昇による効果が重視されていないところに起因しているのです。

 

ブラックポムトンが前頭部生え際に強く作用する理由

AGAは生え際が後退する、頭頂部が薄くなる、M字脱毛が進む、全体的に頭皮が透けるなどのように髪が薄くなる部分に個人差が現れます。なぜ個人差が現れるのかは脱毛ホルモンDHTとDHT受容体(アンドロゲンレセプター)が多く発生するポイントが個人で異なるためであり、基本的にすべて同じAGAによる脱毛症状です。

しかし、『ミノキシジルは頭頂部の薄毛に効くが生え際には効果が低い』といったことを聞いたことはありませんか?

基本的には先程お話したとおり、AGAはどの部位が薄くなっても基本的には同じ症状です。しかし、生え際に効果が低いという声が多く存在するのには理由があるのです。

AGAを発症すると前頭部体温が極度に低下するという理由です。

AGAは血流停滞等の体内環境を副産物として悪化していきます。頭皮付近には毛根に直結する毛細血管が無数に存在しますが、AGA発症によって前頭部頭皮への血流が最も悪化するのです。

AGAはどの部位に薄毛が発生しても著しい頭皮体温の低下を引き起こします。そして特に表情筋に栄養供給を施さなければならない前頭部頭皮付近が最も血流悪化の影響を受けるのです。

そのためにDHT(脱毛男性ホルモン)が最も前頭部に強く作用した場合、体温低下による影響がプラスされて改善効果が低くなる傾向が発生してしまうということです。

つまりブラックポムトンは血管拡張効果が発生しにくい前頭部に体温上昇効果がプラスされるために効果が発生するということです。

 

ブラックポムトンの使用法と特徴

ブラックポムトンはクリームタイプとオイルタイプの2種類があり、黒っぽい色をしているのが特徴です。これは天然成分のハーブ配合の過程で黒い要素が入るためであり無害なものです。

クリームタイプは硬く炭のような形状だと想像していただければ近いと思います。

オイルタイプはスプレー形状となっていますが、こちらも黒い色がついていますのでクリームタイプスプレータイプともに眠前に使用する際にはよく乾かしてから床に就く注意が必要です。

その他主な特徴は以下のとおりです。

  • ハーブによるアロマオイルのような香りが漂う
  • クリームタイプは塗ることで薄毛部位の頭皮の透けを隠すことができる
  • オイルタイプは色がつきにくいが局所的な使用には不向き
  • 天然成分なので男女問わず使用が可能
  • 頭髪以外の部位(眉、髭等)にも使用が可能

使用法としては洗髪後など頭皮が清潔で柔軟な状態の際に、頭皮になじませて軽くマッサージするのが適切です。1日1~2回といわれていますので夜と朝などに使用するのがよいでしょう。また、黒い成分が枕などに付着する可能性があるので、眠全はカークランドポラリスといったミノキシジルを使用し、朝にブラックポムトンで頭皮を黒く覆うという使用法もお勧めです。

 

天然成分であるために使用制限や副作用が存在しない

ブラックポムトンは基本的には発毛補助天然成分というカテゴライズとなり発毛医薬品ではありません。そのため使用部位の制限や発毛医薬品との組み合わせ制限などは一切存在せず、性別を問わず利用することが可能です。

タイ産ということで不安を感じる方もいらっしゃいますが、安全性は天然成分であるために問題ありませんし利用者の効果発生報告も多数に上っています。

しかし、AGAの治療として単体使用する場合は極端に高い効果が望めない可能性があるという認識も大切です。AGA治療では脱毛ホルモンの抑制や生活習慣の改善、体内環境の浄化や代謝の活性化などが結びついて高い効果を示します。

特にDHT(脱毛男性ホルモン)の抑制がなければ体温上昇や血流増進作用も現れにくく効果的な治療とならないことも考えられますので複合的にAGA治療の一旦として使用するという認識を持っておきましょう。

 

ブラックポムトンの入手方法

ブラックポムトンは個人輸入でのみ入手することが可能な発毛クリームローションです。

以下より安心なブラックポムトンがご購入いただけます!

ブラックポムトン(Black PhomThong)オイルローションタイプのご購入はこちら

ブラックポムトン(Black PhomThong)クリームタイプのご購入はこちら

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ