頭皮レーザー発毛機器の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在のAGA治療では発毛医薬品を用いた手法が主流となっていますが、頭皮にレーザーを照射して発毛を促すという手法は過去から育毛サロンにおいて施術の一部として利用されてきた経緯があります。

レーザーは殺菌効果や血流増進効果が高いことから一般医療や歯科医療などでも幅広く利用されており、頭皮照射による発毛効果があらわれることが知られています。

レーザー照射がもたらす特色

そもそもレーザーは医療業界において利用されてきた歴史が長いもので、深部の傷口の消炎や消毒が可能になることから幅広く用いられてきました。また、周波数の調整によってレーザーの性質が異なります。

低周波レーザー … 殺菌や組織の活性化
高周波レーザー … 病巣の除去や色素の沈着除去等

レーザー性質の違いを利用して効率的な治療がおこなえるのが特徴です。

このように周波数によってまったく性質が異なるために症状や目的によって特化したレーザー周波数調整がおこなわれています。例えば、近年エステサロン等で施術されるレーザー脱毛では、高周波レーザーを用いてムダ毛の毛根を除去して毛穴の黒ずみを消すという効果から脱毛の主流になったのです。

 

発毛に特化した低周波レーザー

発毛機器では低周波レーザーを基本とし、毛穴の殺菌と毛根の血流増進、そして毛根の細胞分裂活性化促進に特化した周波数チューニングがおこなわれていると考えてください。

日本でもこの効果に強く着目されましたが、薄毛を医学的アプローチで捉える文化がなかった日本では開発に着目せず、高額なレーザー発毛機器をアメリカ本国から取り寄せることしかできなかった経緯があり、育毛サロンが中心となってレーザー施術をおこなっていました。

結果的に発毛レーザー施術は育毛サロンでしか受けられない状況となり、施術費用が非常に高額なことから認知度と普及そのものに大きな遅れをとってしまったまま現在に至っています。

しかし、薄毛治療を医学的に捉える文化が世界的にも早かったアメリカでは、育毛・発毛に効果のある施術法としてレーザー治療がFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受けています。

FDAはフィナステリドやミノキシジル等の発毛医薬品を世界的に普及させた世界的にもっとも厳しい医薬品認定機関です。

アメリカ国内ではレーザー育毛実践者の改善率が非常に高い報告をFDAが発表しており、積極的に重視する傾向が強くなっています。そして、この傾向からアメリカでは家庭用のレーザー育毛機器が多数開発されて一般向けに販売されている結果につながっているのです。

現在は家庭用レーザー機器でも業務用レーザー機器に匹敵する性能を持つほどに進化しており、数多く流通しているのです。

 

レーザー発毛機器の効果と日本で普及しない理由

では実際のレーザー発毛機器による効果はどのようなものなのかという点について考えてみましょう。

まず、『低周波』という言葉が日本でも普及している点にお気づきでしょうか?低周波治療器という言葉を聞いたことがあるはずです。電気で超音波刺激を作り出す肩こり等の治療器ですね。

肩こりとはそもそも筋肉の硬化による血行不良が原因です。つまり、低周波とは血行促進に抜群の効果を発揮する刺激ということです。そして、超音波は電気的振動を加えるのに対してレーザーは振動を与えずに刺激を与え、深部まで温熱効果や殺菌効果が加わるのです。

l2

デリケートな頭皮部分に刺激を与えずに発毛に有効な効率の高い効果をもたらします。

このように発毛に起因する要素をもたらすことが理論的にもはっきりしています。AGAでは皮脂過剰分泌が大きな問題となりますが、これに伴って頭皮マッサージでリスクとなる傷の発生や炎症の発生を回避して毛根に直接的発毛刺激を促すだけでなく、高い殺菌効果で皮脂の過剰分泌を抑える効果も発揮されます。

毛穴の健康(内壁清掃、酸化老廃物抑制)、毛根(毛母細胞)の活性化と血行促進、温熱効果による表皮温度上昇という“発毛補助”という観点で絶対必要な条件を満たしているのがレーザー機器なのです。

 

日本でのレーザー発毛における認識の問題点

では『なぜ日本国内ではレーザー発毛にクローズアップされないのか?』という疑問が発生しますが、以下の理由が考えられます。

1、レーザー開発の巨額コスト問題

日本においてのレーザー開発技術は、宇宙工学や医療科学をはじめとするあらゆる機関で先進的技術を有しています。しかし、工学業界的に薄毛が医学的な病という認識が薄く、発毛医薬品によるAGA医療が日本で普及しだしたことから巨額の研究費をかけて発毛レーザーを開発しても普及させることが難しく、開発費を回収するには現実的ではないという問題があります。

2、レーザー単独使用だけでのAGA改善率目算問題

今日、日本人男性の薄毛原因は約90%がAGA(男性型脱毛症)とされています。AGAは脱毛男性ホルモンが強く影響するために、脱毛要因である脱毛男性ホルモンを抑制しなければレーザー発毛の高い効果が発揮されない可能性があります。アメリカでのレーザー治療による薄毛改善報告は非常に高いですが、脱毛ホルモン抑制医薬品の併用がスタンダードであり、レーザー被験者の医薬品併用データを収集していないことから単独使用での効果が未知数であるという問題です。

3、医療的臨床データ収集が困難な問題

現在脱毛ホルモン抑制や、毛根血流増進・毛母細胞活性化を促す発毛医薬品は厚生労働省によって発毛効果が確認されて認可されています。しかし、レーザーの場合は薬品ではなく施術であるために、厚生労働省のお墨付きを取るためには専門機関での非常に長い臨床データ収集が必要となります。内蔵疾患治療等でのレーザー治療では医療保険が適応されるために開発が積極的ですが、まだまだ医療的見解が低い薄毛治療では受診者の施術は自由診療となり施術費がとてつもなく高額になります。そして、このような認識のために育毛レーザーに関する法律は現状曖昧になっており、育毛レーザーの一般認識も気休めの嗜好品という認識になっている問題です。

これらのように、日本のAGA認識では『単独使用での効果が爆発的に発揮されなければ認められず、薄毛医療認識が弱い』ということが開発の足かせと普及のブレーキになっていることが考えられます。そのために家庭用のレーザー発毛機器の開発もおこなわれていない状況です。

 

レーザー発毛を用いた自己発毛のススメ

ここまででおわかりいただけるとおり、レーザー発毛そのものには健康な髪が育つ毛根と毛穴の土壌を整える高い効果が備わっていますが、日本のあらゆる事情で定着しにくい部分があります。

今日AGA(男性型脱毛症)はフィナステリドミノキシジルといった発毛医薬品で回復できる時代になりましたが、それ以外にも体内環境整備を複合的におこなわなければ治療に効果的な成果があらわれにくいことも事実です。

その上で発毛レーザー治療は、脱毛ホルモンの影響を抑えられないために単体使用では爆発な成果をあげることは難しいかもしれませんが、発毛医薬品を組み合わせた際に非常に高い発毛効果が発揮されることが理論的にも明らかです。

レーザー機器はアメリカ製をはじめとした市販商品が存在しています。

現在日本国内では多くの海外製レーザー発毛機器が取り扱われており、通販で入手することが可能です。海外では医療分野からフィードバックされた技術が発毛・育毛分野に用いられているために科学的な裏付けがあり、尚且つ日本国内での利用報告も多いのです。

発毛理論は科学的なアプローチで解明され続けており、レーザーもその恩恵を受けた治療法のひとつです。アメリカで最も人気が高い家庭用レーザー発毛機器の日本正規輸入品を紹介しておきます。1年間の保証付きです。

高い効果が発揮される治療の一環として検討してみてはいかがでしょうか。

ヘアレーザーX5(正規輸入品)

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ