髪と頭皮を痛めない高吸水タオル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段入浴後にお使いになる髪や身体を拭くタオルの吸水力を気にかけたことはあるでしょうか。実は髪(頭部)を拭く際の吸水力は発毛環境に影響します。

多くのタオルでは生産流通効率等の理由で十分な吸水力を発揮できないものが非常に多いのです。髪を健康な状態に保つためにタオルの選択基準について理解しておくことが重要です。

消費者が好むタオルの基準が薄毛化に関係する事実

現在市販されている多くのタオルは手軽に購入できるようにあらゆる場所で販売されており流通量も相当なものです。そして、タオルの厚さや肌触りなどを目的に応じて選択できるように数多くの種類が存在します。

しかし消費者は意外とこのタオルの目的別用途の違いを理解していません。

一般的にタオルの開発は消費者の声を参照して生産コストとの兼ね合いを加味して商品化されていきますが、現在最も主流となっているものは乾きやすく肌触りのよいタイプのタオルとなっており、需要が示す売れ行きも最も多くなっています。

この理由は『毎日使うものなので洗濯した際に乾きにくいものであれば不都合となる』という、使用することだけに留まらない『乾きやすさ』の付加価値が要求されるためです。

結果的に吸水性よりも利便性を一般消費者が求めている結果です。

しかしながら消費者はこんな目的で生産されるタオルである自覚がほとんどなく、感覚的に良さそうなものを選んでいる状況なのです。

市販タオルの大半は吸水力が弱い状況

このような市場の要求に対して開発されるタオルは吸水力が弱いものが多い状態となります。この理由は簡単で、吸水力が強ければタオルが水分を多く含んでしまうために乾きにくくなってしまうためです。

この結果、流通しているタオルは生地や繊維の総量が少なくなり薄手のものが多くなりますが、現在は製品開発技術が進んでいるために、肌触りがよくタオルの厚さが感じられながらも安価なものが増えています。

となると購入時の消費者の感想は…

  • これだけ肌触りがいいのに安い
  • とても軽くて使い心地が良さそう

このような印象からタオルに必要なそもそもの機能が感覚的に二の次になってしまうのです。

高品質な肌触りを求めるとさらに吸水力が下がる可能性

日本で最も主流となっているタオルはコットンを少なめにしながらもフワフワ感を強調した技術のタオルとなります。このような製品を生産する上で必要となるのが天然成分の油分と蠟(ろう)分となります。

注)製品によって化学物質が用いられることもあります。

このように『油分』と『蝋分』の2つの成分がタオルの繊維に適度に含まれていることで、肌に触れたときの『滑らかさ』や『柔らかさ』が保たれるのです。そもそもタオルに使用される綿花には油や蝋が含まれていますが、生地生成の段階で生産効率をあげるために化学薬品によって分解されていることが多いようです。

そのため、風合いを上げるために油と蝋が調整して加えられているのです。

このように油と蝋が織り交ぜられていますから、いざ使用してみると水をはじいて吸収しない状態になります。このために数回洗濯すると油と蝋が落ち始めて柔らかさがなくなり、タオルがどんどん薄くなってしまう現象が発生してしまうのです。

吸水力の弱いタオル使用によって薄毛が加速してしまう

以上のような事情から、柔らかくても吸水性が低いタオルや使用期間が長くて薄くなったタオルを普段使用している人が非常に多い状況と言えます。特に『タオルなんてどれも同じ』という認識が多くの方に強い点もこの問題に拍車をかけているのかもしれません。

さて、では原点に戻りますがなぜタオルの吸水性が低いと薄毛を加速させるのかという部分の解説に入ります。

1,髪に水分を含む時間が長いと雑菌の影響を受けやすい

AGAの治療において重要な事は髪が長時間湿っている状態が厳禁ということです。雨の日の道を思い出して欲しいのですが、木から落ちた葉などが地面に張り付いて掃除が困難になると思います。

頭皮や髪も同様で、濡れていると空中に漂う埃やゴミ等を吸着してしまい不衛生な状況に陥りやすくなります。AGAは頭皮の皮脂分泌が活発になっているために炎症を起こすリスクが飛躍的に高くなり、毛穴そのものを塞いでしまう危険性も発生します。

このためにしっかりと吸水するタオルドライが非常に大切になるのです。ドライヤーを使うにも濡れたまま使用することはできませんし、頭皮の水分過多状態では火傷を起こしてしまう可能性もありますから薄毛悪化のリスクに直結するのです。

2,吸水性が低いとタオル摩擦を起こしてしまう危険性

これが最もおおきい危険性なのですが、吸水性が低いタオルで頭をタオルドライする際には頭をこするように拭く傾向に陥りやすくなります。タオルが水を吸わないために、無意識にこすりつけて摩擦で乾かしてしまうのです。

こうなると静電気を発生させてしまい、頭皮を傷つけて髪を切れたり抜けさせてしまうだけでなく、髪が絡まってブラシや手ぐしも通らない状況になります。そして大量の抜け毛を発生させて頭皮の健康状態を破壊してしまうのです。

そして怖い部分は頭皮をタオルでこすって乾かすことが習慣化してしまうことです。これが長年続いてしまうと頭髪が育つ環境に著しいダメージが蓄積されていきます。

『頭を拭くとタオルは湿っているけれど髪はほとんど乾かない』という場合はこの状況が薄毛を加速させることをしっかり意識せねばなりません。

以上のタオルドライにおける重要性を理解してタオル選びをしましょう!

※市販タオルに化学物質が含まれていても無害ですので薄毛には関係ありません。

目的に合致するタオルの選び方について

選び方と言っても難しいことではありません。『高吸水タオル』と呼ばれるものを選択すれば必然的に目的の条件と適合します。

高吸水タオルの場合、柔らかさや肌触りを重視する油や蝋が使用されていないものとなります。このために柔らかさのないバリバリした肌触りのハードタオルというものが存在し、多くの方はそういったタオルを想像されると思いますが、油や蝋を使用せずとも繊維の質や織り方、表面加工が工夫されて柔らかく肌触りのよい吸水性抜群のタオルは多数流通しています。

予備知識としてお話しておきますが、最近は特に女性がタオル選びの選択項目に挙げる条件に『化学物質を使用していないもの』という要望が多くなっています。

タオルは生成時に漂白や染料などで化学物質が使用されるものですが、当然無害な状態になるまで適正な処理を施して出荷されますのでほとんど心配は無用です。最近はオーガニックなどの流行でこういったものに世間は敏感になっているためそういった商品も存在しますが、非常に高額ですしこれを『安全性』に直結させて判断するのは少々乱暴であると感じます。

化学処理すべてが人体に悪影響なのであれば、市場に出回っているタオルはすべて悪質商品となってしまいます。健康情報に敏感なことは大事ですが、何もかもを一つの尺度のみで判定する必要はありませんので、いろんな商品の持つ良い部分に着目して自分なりの自分にあったタオル選びをおこなってみてください。

おすすめの高吸水タオル

コストパフォーマンスが高くおすすめできる高吸水タオルを2点紹介します。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

高吸水バスタオル「こなゆき」

現在最もおすすめできる吸水性、洗濯耐久性に優れた質感もやわらかな高品質な高吸水タオルです。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

高吸水バスタオル【泉州仕上げ】

タオルソムリエが選ぶリーズナブルながらも特に吸水性にこだわったタオルで質感が高くなっています。

[/wc_column][/wc_row]

※双方とも流通コストを下げるためにネット販売のみの取り扱いとなっています。


以上髪や頭皮とタオルの関係性について取り上げましたが、今回の内容からもおわかりいただけるとおり、普段のなにげない生活で知らず知らずのうちに髪にダメージを与えて発毛環境を崩してしまう事柄があります。

普段使用するブラシやドライヤーなども仕様や使い方によってはタオルと同様に発毛に悪影響を及ぼすことがありますので、このような注意点についての知識を今後も取り上げていきたいと思います。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ