毛細血管の柔軟性を取り戻す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAによる薄毛化がスタートした場合、同時に起こりやすいのが血管の硬化現象です。AGAは脱毛ホルモンによる発症が最も疑われますが、他のマイナス要素を引き出して悪化していきます。

血管硬化は生活習慣やAGA体質環境による過剰な脂肪分やコレステロールの分泌蓄積が影響するため、脱毛ホルモン治療と同様に血管血流改善をおこなうべきなのです。

AGA要因で重要な血流血管不健康状態の理解

現在は『AGA(男性型脱毛症)の原因は脱毛男性ホルモン』という学説が定着し、脱毛男性ホルモン生成酵素である5αリダクターゼを抑制するプロペシア等の発毛医薬品治療が中心です。

しかし、薄毛の要因はホルモンの影響による頭皮や毛根にまつわる血流環境の悪化も影響することを忘れてはいけません。一般的にAGAを発症する方の体質は脱毛ホルモンの受容体が活発であることと同時に、血管の硬化や頭皮の酸化が進みやすい特徴があります。

ホルモンの影響をはじめ、食事や生活習慣による重度の血行不良に注目です!

体質にも影響されるので必ずしもというわけではありませんが、食事の欧米化や不規則な生活習慣の影響によって血管が傷み血行不良が若年時から発生することは事実です。

また、脂肪やコレステロールの蓄積によって血管に障害が生じ、加齢とともに薄毛が発生しやすいのも事実なのです。

毛根の毛細血管血流と毛根細胞分裂の様子を見てみましょう。

動画は健康な毛根と周囲の血流状況を100倍ほど拡大したものです。血流がスムーズで毛根のメラニンが増殖して髪が生成される様子がわかります。拡大しているために毛根周辺の血管がいかに細いかというのもおわかりいただけると思います。

血管が硬化したり血液がドロドロでは毛根部分まで髪の生成を司る新鮮な血液が簡単に届かなくなります。

 

LDLコレステロールと血管プラーク

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールと言われ、中年期頃から数値が劇的に上がる人が多くなってきます。青年期からの生活環境の蓄積や体質的な部分に影響されますが、これは動脈内にプラークという脂質性の垢を発生させる要因となります。

プラークの悪影響は、血液の流れが悪くなり血管の圧力を強烈に上げることです。そのために自衛反応として血管が厚くなりますが、血管がカチカチに硬くなってしまい柔軟性が奪われてしまいます。

頭皮は毛細血管の集合体ですので、そこに届くまでに流れが滞ったり毛細血管で血流が引っ掛かって毛根に届かないことは簡単に想像できると思います。

髪の栄養源となる血液が毛根に届きにくくなるばかりか、これが進行すると心筋梗塞や脳梗塞等に発展して命の危険を伴います。

つまり薄毛の治療は脱毛ホルモン治療のみではなく、普段の生活で健康に気遣うことが非常に大きく関連するということです。そして、血管の健康を意識していなければ外用ミノキシジル等の育毛剤治療も意味をなさなくなるのです。

発毛効果が認められている医薬品はミノキシジルのみですが、この薬効は血管拡張と毛母細胞刺激となっています。ですが、血管そのものがプラークで硬化して弱っていれば血流停滞によって意味をなしませんし、外用育毛剤の場合は頭皮の毛穴の奥深くまで皮脂や老廃物に邪魔されずに到達するのは僅かです。

発毛医薬品治療の効果を左右するのも血管の健康状況となるのです。

 

薄毛は生活習慣病という認識

ここまでお話したように、薄毛は脱毛ホルモンのみではなく毛根血行不良による栄養供給停滞もおおきな理由となります。糖尿病や痛風のような病気と同様に生活習慣病の一面を持っているということです。

そうなると血流を改善させるための生活習慣改善がおおきな取り組みとなってきます。コレステロールを抑えることや心肺機能の向上による代謝機能の改善などです。これらは日常の一部分を気遣うだけで大きく変わってきます。

発毛に有効な食生活や生活習慣のヒントとして役立てていただける情報を提示致しますのでチェックしてみてください。

 

血管を若返らせる栄養素

大豆

大豆たんぱくに含まれるペプチドは、血中コレステロールを正常にコントロールするはたらきを持ちます。また、高血圧の原因となるナトリウムを体外に排泄する役割も果たします。さらに、大豆には脂質の一種であるレシチンやリノール酸が含まれ、これらは血管内でコレステロールが固まるのを予防したり、悪玉コレステロールを減らすはたらきを持っています。

青魚

サバやアジ、イワシ、サンマなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が多く含まれています。これらは血液中の中性脂肪値やコレステロール値を減らし、「血液」をサラサラにする効果があります。血流がスムーズになることで血栓が作られにくくなり、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化の予防にもなります。

豚肉

豚肉には健康なカラダに欠かせない良質なたんぱく質が多く含まれます。また、悪者扱いされがちな脂肪部分には、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富。オリーブオイルの主成分でもあるこのオレイン酸には高い抗酸化作用があり、過酸化脂質が生じるのを抑えてくれます。さらに、LDLだけを下げてHDLは下げないという長所も持っているのです。

トマト

ビタミンの宝庫といわれるトマト。細胞をつなぐコラーゲンを作り、老朽化した「血管」を丈夫に保ってくれるビタミンCや、脂質の新陳代謝に役立つビタミンB6が含まれています。また、毛細血管を丈夫にするビタミンPやルチン、悪玉コレステロールの酸化を防止するリコピンなども豊富。「血液」を健康に保ち、動脈硬化などにも高い効果を発揮します。

玉ねぎ

玉ねぎを切ったときに涙を誘う成分は硫化アリルと呼ばれるもので、血小板の凝固を防ぎ、「血管」にたまった脂の汚れを落とす効果があります。ねぎ類には共通して含まれる成分ですが、とくに玉ねぎの硫化アリルは血液サラサラ効果が抜群。また、玉ねぎの皮に多く含まれる色素成分ケルセチンは、悪玉コレステロールの酸化を防止するはたらきを持ちます。

一例ですが、このような普段食事で取ることができる食物には悪玉コレステロールを抑えたり血管を洗浄する効果が存在します。食物の栄養素知識を持っているかいないかでも発毛や健康そのものにおおきく関連してきますから参考にしてください。

 

血管を若返らせる生活習慣

塩分摂取の抑制

我々の普段の食事では多くの塩分を摂取しています。塩分の摂取が多いと体内の水分が奪われて血圧が上昇しやすくなり必然的に血管を痛めます。特に脂質やLDLコレステロールの発生しやすい体環境では血管を痛める作用は致命的です。

また、水分が奪われやすくなると血液の粘度が上がってスムーズに血流が流れにくくなりますから、今よりも塩分を抑える努力をおこないましょう。

水分の摂取

水分を頻繁に摂ることで代謝が向上して尿が生成されやすくなり老廃物の排出が増えます。特に緑茶にはカテキンが多く含まれるために体内の酸化を防ぐだけでなく、利尿作用が強いためおすすめです。

脂分やコレステロールが多い体質の場合は特に血液粘度が上がりやすくなりますから、継続していけば体質改善に有効作用します。普段から多く飲む習慣をつけましょう。

軽い運動の習慣付け

これは汗の代謝を改善する目的です。暑さでかく汗は単純に体温を下げるために分泌されるため、体内の水分が分泌されて気化します。

しかし身体が動いて発する熱は脂肪エネルギーを燃焼させるために、体内に蓄積されたベタベタした汗が出てきます。通勤時に一駅歩く習慣をつけるだけでも体内脂質が徐々に減り、さらっとした汗に変わって体内環境が変わりますので実践してみましょう。

 

血管の柔軟化まとめ

このように意外と単純なことを気遣うだけでも血管の硬化抑制や血流改善に効果を発揮します。AGAや薄毛は脱毛ホルモンの影響がすべてではなく、複数の要因によって悪化しますので血管について考えることの重要性がご理解いただけたと思います。

なによりも普段できることの積み重ねが重要ですし、早く取り組めば早い段階で体環境が変わりやすくなります。薄毛体質の場合は特に生活習慣の影響を受けやすいですから積極的に実践してみてください。

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ