毛穴の詰まりをなくす頭皮環境の改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛根にある毛母細胞で生成された髪は毛穴を通って頭皮から伸びていきます。この毛穴と頭皮が皮脂などによって塞がれたり不衛生になると非常におおきなダメージです。

毛根には髪を育てる新鮮な酸素と十分な栄養素を含んだ血液が必要で、頭皮や毛穴はその恩恵を受けるための衛生的な環境を整えてやることが大切です。

皮脂による恩恵と悪影響

一般的に薄毛体質の場合は皮脂が多く分泌される傾向があります。これは男性ホルモンの影響が強いと言われており、加齢とともに顔や頭皮に皮脂成分が目立ってしまうようになります。

そもそも皮脂は皮膚の乾燥や外部の刺激から保護するために分泌される物質です。薄毛体質の場合は、男性ホルモンの過剰分泌によって保護を超えて悪影響を及ぼしているということです。それを証拠に女性の多くには皮脂不足によって逆の悩みである「乾燥肌」という現象が起こり、保湿液等のCMが毎日のようにTVで流れています。

皮脂不足
・乾燥によるシワや荒れが顔や頭皮に現れ別タイプの脱毛症リスクも発する

皮脂過剰分泌
・毛穴を塞いで不衛生な環境を作り脱毛や脂匂いが発生するリスクを呼ぶ

このように皮脂の適正な分泌量が維持できないことに影響され、性別によってホルモンバランスの狂いに違いが生じやすいわけです。

 

皮脂過剰分泌の原因

進行した薄毛やAGAの人の頭皮にはテカリが増すという特徴があります。これは薄毛の原因となる脱毛男性ホルモンDHTの影響で頭皮そのものが突っ張る現象によるものです。

額を左右から引っ張るとわかると思いますが、皮膚は突っ張ると光を反射しやすくなります。薄毛が進行すると頭皮が突っ張り皮膚組織の柔軟性が失われて硬化し、頭皮の色が赤茶けてくるのです。

そうなるとますます頭皮は無防備な状態となるために、身体が自衛反応として皮脂を多く産出するようになるわけです。また、そこまで薄毛が進行していなくても頭皮の硬化は脱毛とともに進みますから皮脂の過剰分泌は薄毛化が加速するサインとも言えます。

 

皮脂の過剰分泌による影響

皮脂は粘度が高い汗の成分のようなもので皮膚をコーティングする役割を持ちます。しかし、皮脂が多いと外気の汚れを頭皮に吸着して毛穴を完全に塞いでしまい、毛穴のなかにあるアポクリン腺から出る汗が毛穴に溜まってしまいます。

そして頭皮や毛穴が外気から塞がれると発汗作用が上がり、不衛生な環境が更なる不衛生な環境を呼ぶ悪循環となって頭皮の強烈な酸化を招いてしまうのです。この酸化した環境から発せられるのが匂い、いわゆるオヤジ臭です。

こうなると毛穴に汚れと汗が蓄積して毛根にダメージを与え続けます。さらに汗が時間経過とともに白く乾燥硬化し、汚れで毛穴を完全に埋まらせて毛根を弱め脱毛を呼ぶことになるのです。

 

毛穴の皮脂を取り除くには

毛穴の汚れを取り除く最も効果的な方法は洗髪です。つまり頭皮を清潔にすることです。

実は髪を洗う際にシャンプーをつけなくても頭皮についた70%の汚れは落ちます。強いシャワーであれば頭皮部分に張り付いた汚れは十分落とせるのです。その時同時に頭皮をしっかりマッサージしてください。マッサージによって頭皮が柔らかくなり、毛穴に溜まった老廃物が流れ出るようになってきます。

同時に頭皮の血流増進にもなるのでこの部分は大切です。このときに頭皮に爪をたてたり強く揉み込むと炎症を起こしてしまうので優しくおこなうだけで十分です。洗髪回数が増えるに従いだんだんと自然に頭皮が柔らかくなり毛穴の汚れも出やすくなっていきます。

 

シャンプーの知識と選び方の注意

最近は洗浄力が高い謳い文句のシャンプーが多数ありますが、基本的には中性・弱酸性成分のシャンプーを使ってください。主に汚れは酸化成分なので洗浄力の高いアルカリ性のシャンプーや石鹸シャンプーを「育毛シャンプー」と表現して販売している場合がありますが、シャンプーには発毛効果は一切ありません。髪にやさしく泡切れがいい界面活性剤の入っていないものを選びましょう。

また、アルカリ成分が強いと皮脂分を根こそぎ洗浄してしまい髪が油分のまったくないキシキシになり頭皮がアルカリ性になります。頭皮は一見爽快感がありますが、皮脂がないため身体はより多くの皮脂を頭皮に産出しますから逆効果なのです。

人間の肌のph値は5~6 市販シャンプーph値は7~9.5

ph(ペーハー)値は酸性度を指す指標です。数値が高いほどアルカリ値が高いことを指します。人体に近い組成の中性や弱酸性シャンプーは多額の技術コストが掛かるため、多くの市販シャンプーはph値が高くなっています。

この場合は同時に髪の油分を奪うので鉱物油を混ぜて髪が柔らかくなるように調合されている事が多いですので、なかなか洗い流せないシャンプーは危険です。シャンプーを選ぶ際は「弱酸性」と記述があるものを検討しましょう。

そして「朝起きて枕の匂いが気になる」という場合はできるだけ朝晩に洗髪する習慣をつけましょう。皮脂は睡眠中にも多く産出されますので、これだけでもかなり違います。

 

家庭用頭皮洗浄器による皮脂除去

AGA体質の場合、頭皮の皮脂が通常よりも過剰分泌されることがわかっていますが、頭皮の硬化が著しく進むと頭皮マッサージをおこなっても毛穴の奥に沈着する酸化した皮脂成分の完全な除去は難しくなります。

こういった背景から毛穴の皮脂除去は重要視されるポイントであり、高圧水流洗浄が有効な手法であると認識されていました。

高圧水流洗浄はサロンの専用機器で施術されるのがスタンダードでした。

しかし、現在は安価な家庭用の頭皮毛穴皮脂除去を可能とする洗浄器が多く販売されだしており、効果も抜群であるため手軽に頭皮ケアがおこなえるようになっています。

以下より頭皮洗浄器について解説した記事をご確認いただけますのでご参照ください。

毛穴の皮脂を落とす頭皮洗浄器の効果

 

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ