専門医師共同開発!『バイタルウェーブスカルプローション』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジルの3倍という発毛力を持つキャピキシルエッセンスですが、新たに専門医が開発したC.I.P設計という新技術を用いた『バイタルウェーブスカルプローション』が登場し話題をさらっています。

現在流通しているキャピキシルエッセンスとは構成される配合成分の内容や比重が異なり、天然由来成分が持つ発毛効果を分析強化した最先端テクノロジーがポイントになっているのです。

天然成分育毛・発毛の老舗がキャピキシルに参入

バイタルウェーブスカルプローションは、2016年に登場した天然組成発毛成分「キャピキシル」をベースとする育毛エッセンスとなります。これまでのキャピキシルエッセンスと異なる独自視点の配合成分が注目されており、今後の主力育毛製品となる強い期待が持たれています。

販売元は、活性石ベントナイトの皮脂吸引作用・酸化還元作用・遠赤外線温熱作用を用いた育毛製品『ケフトル』で有名な株式会社セラピュアです。

バイタルウェーブスカルプローションの主な特徴は上記画像でも表現されているとおり、2%含有とする発毛成長因子(アミノ酸)に注力しています。

おそらくこの理由は、セラピュアが持つ長年の活性石ベントナイトによる天然要因発毛研究と効果的に組み合わせることが可能である判断だと思われます。

これまでの実績を活かした天然由来成分が持つ本来の作用に特化した組成といえます。

セラピュアが持つこれまでの育毛研究実績とは

まず最初に『バイタルウェーブスカルプローション』を知る上で株式会社セラピュアの育毛研究実績が密接に関連します。

株式会社セラピュアの育毛商品販売歴史は長く、まだインターネットが普及する前より雑誌や新聞広告を用いた積極的な広告事業展開を施し、活性石ベントナイトを用いた育毛製品ブランド『ケフトル』は当時からおおきな話題となっていました。

『ケフトル』は現在でも改良が加えられ第一線の育毛製品として君臨しています。

活性石ベントナイトの育毛作用を発見

元々は磁器等に使用される目的で活性石の採掘がおこなわれていた最中に、髪の薄い作業員の頭髪が次々と復元していることがはじまりでした。

そして、頭についた活性石の粉をそのままタオルで拭いていたことが理由として断定され、本格的に活性石ベントナイトの作用を塩野崎悦朗氏が頭髪育毛のおおきな材料として研究を進めたのです。

ここから20年以上の研究によって異なる作用の鉱石が多数発見され、育毛ブランドである『ケフトル』には数十種類の活性石が育毛に最適なブレンドが施されて製品化されています。そして、この研究は現在でも続行しているのです。

活性石ベントナイトが持つ効能

1,ミネラルの溶出 … 水との融合で微量要素を溶出し頭皮の再生を促す

2,吸着除去作用 … 鉱石の非常に緻密な多孔性が皮脂や汚れを吸着除去する

3,酸化還元力 … 抗酸化作用と復元力を持つ特性が頭皮柔軟性を蘇らせる

4,遠赤外線放出 … 頭皮奥深くに温熱効果が届き血行を活性化させる

スタンダードな現代の発毛理論が活性石にすべて凝縮されていたのです。

このために「頭皮の環境を整えて発毛を促す」という現在の発毛理論と合致し、信頼できる天然発毛成分として認識されている理由になっていると思われます。

同様に効能の高い活性石ベントナイトの作用は多様に利用されており、葡萄の木の腐食防止、錦鯉の養殖、豆腐の品質向上、鶏の飼料、リンゴの木の伝染病治療、野菜の土壌肥沃化などで高い成果を収め、その効能と作用が証明されているのです。

バイタルウェーブスカルプローションの構成

前項でセラピュアの活性石ベントナイトを用いた育毛研究について解説しましたが、バイタルウェーブスカルプローションではこの長年培われた学説と技術がふんだんに盛り込まれており、この部分が他のキャピキシル育毛剤との最も大きな違いとなっています。

バイタルウェーブスカルプローションの特徴をおおきく示すと…

1,天然発毛成分キャピキシルを5%封入している

2,高濃度の成長因子(グロースファクター)を封入している

3,新育毛成分『リデンシル』を封入している

4,活性石モンモリロナイトの頭皮環境活性効果

AGAアンサーでは以上の4点に注目しました。具体的に確認してみましょう。

キャピキシル成分とグロースファクター

最初にキャピキシルについて簡単に復習しておきますと、脱毛男性ホルモン生成を抑制する天然草『アカツメクサ花エキス』と細胞修復作用の強いアミノ酸が組み合わされた成分を指し、副作用のリスクが皆無でありながら発毛医薬品ミノキシジルの3倍の発毛力を持つ天然成分発毛エッセンスです。

手軽さと安全性が両立されただけでなく、その高い発毛効果から現在キャピキシルは在宅自己発毛の中核となっており、キャピキシル製品が多数販売されています。

日本では天然成分やアミノ酸製品は薬品外(化粧品)となる法規上の決まりから厳格な薬事法の適応外となり、薬品では不可能となる有効成分の複合が可能となっています。つまり、法規上キャピキシルに他の発毛成分を組み合わせることが可能となっているのです。

各キャピキシル参入製品は他の発毛成分添加で独自性を打ち出しているのです。

成長因子(グロースファクター)の封入

主にこれまでのキャピキシル製品でも発毛成長促進を向上するアミノ酸を販売各社が独自に研究して独自の理論に基づく混合を完成させています。バイタルウェーブスカルプローションも例外ではなく、発毛バイオテクノロジーに基づく高次元な組み合わせがなされています。

馬プラセンタ

プラセンタとは英語で胎盤を意味します。人間をはじめとする哺乳類の母体に備わる胎盤は、わずか1個の受精卵を出産までの1年足らずの間に数十兆個の細胞を持った生体にまで育て上げる驚異的な働きを持っています。

近年ではプラセンタが持つ細胞成長成分が注目され、高級女性用化粧品分野でも多く用いられるようになっています。

一般的には安価で収集量の多い豚プラセンタエキスが主流となっていますが…

馬プラセンタは希少価値が高く、アミノ酸含有量が豚プラセンタの300倍という飛躍的に優れた栄養価を持ちます。

馬プラセンタは育毛効果が専門的に知られており、一部の高級育毛サロンにおいて頭皮から直接注入する高額治療がおこなわれているほどです。

馬プラセンタは希少で流通が困難ということもあり、封入されているキャピキシル製品は『Deeper3D』のみでしたが、バイタルウェーブスカルプローションでも実用化に成功して組み込まれています。

325689

EGF(ヒトオリゴペプチド1)

53個のアミノ酸が結合したタンパク質の一種で、主に皮膚の表皮層の新陳代謝を活性化させる働きを持ちます。細胞分裂による皮膚生成効果が高めることから、医療現場でも火傷の皮膚再生治療で用いられています。

頭皮の代謝を上げて新しい発毛頭皮土壌へと導きます。

FGF(ヒトオリゴペプチド13)

線維芽細胞増力因子と呼ばれ、肌の再生に重要な役割をもたらすアミノ酸です。主にコラーゲンの生成を司る細胞を活性化させる働きがあり、アメリカでは皮膚の老化を抑制する効果で特許を取得しています。

角質化を防ぎみずみずしい頭皮を導きます。

IGF(合成遺伝子組換ヒトポリペプチド31)

別名「インスリン様成長因子」と呼ばれ、人体の細胞成長(内蔵・神経・皮膚)に大きく関連するアミノ酸です。主に細胞成長におおきな効力を発揮し、生成された新細胞を健常に育成する働きを持ちます。

頭皮と毛母細胞の成長を促進して強い髪を生成します。

最後発ならではの最も効果的な成長アミノ酸にこだわりぬいています。

特に現在非常に注目されており、封入する育毛製品が増えている馬プラセンタをしっかりカバーして成長因子の濃度を高めている努力は非常に評価できると思います。

要注目の新発毛成分『リデンシル』

リデンシルとはスイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発した成分で、キャピキシルやピディオキシジルに次ぐ最新の発毛成分として注目されています。

効果の内容については専門的な領域となりますが、毛髪育成幹細胞であるバルジ領域と毛乳頭線維芽細胞を活性化させて発毛を導く技術となっています。

cosmetic businessが効果の試験結果を公表しています。

≪資料引用元≫ http://www.cosmeticsbusiness.com/

それぞれ約3ヵ月間リデンシルを使用した結果となっています。cosmetic businessの英文を見る限り、この試験ではリデンシル以外を使用していないようです。3ヵ月使用での結果ですので非常に高い発毛効果が見込める成分であると言えます。

また、別の統計においてミノキシジルとの毛包成長比較結果が示されており、毛髪成長効果がミノキシジルの2倍を示しています。

≪資料引用元≫ http://skinfab.co/

この試験は使用7日後と10日後に抜毛して毛包の成長を確認する内容となっており、ミノキシジルが7日後から成長がドロップしかけているのに対して、リデンシルは10日後も飛躍的な強い成長力を示しています。

このような非常に高い発毛効果がすでにヨーロッパで評価されており、化粧品原料の世界的な見本市である「in-cosmetics」においてリデンシルは2014年に銀賞を受賞しています。

実はすでに海外で評価を受けていた成分だったのです。

しかし、日本ではハイクオリティな発毛製品化を目指したためにキャピキシルとの混合を目指す研究によって製品化が遅れ、一般に知られるのが遅くなった…と考えられるのではないかと推測しています。今後非常に高い注目を浴びることは間違いない発毛成分なのです。

※リデンシルについては特集を組み、より細かな詳細を解説する予定ですのでご期待ください。

『モンモリロナイト』による吸着・保湿効果

モンモリロナイトはセラピュアの独自発毛研究の結晶である活性石『ベントナイト』の一種です。

この岩石の特徴は超微粒子の粘土質でマイナスイオンを大量に含んでいるため、水や油などのプラスイオンを吸着して包み込み、薄いフィルム状の皮膜を形成するために乾燥することがありません。

このために人体の皮膚に有効なスキンケア効果を発揮します。

肌や髪を傷めることなく毛穴の奥の汚れや古い角質まで引きつけるような吸着力と、皮膚呼吸を妨げない超薄皮膜が保湿成分の発散を防ぎ、適切な頭皮環境を導きます。


以上の4点がバイタルウェーブスカルプローションの最も特徴的な部分だと感じています。特に活性石を応用した発毛理論は独自のもので、長年の研究成果からフィードバックされた技術と最新の発毛理論とが融合され注目に値すると思います。

数多くの天然スカルプ成分を抽出配合

バイタルウェーブスカルプローションには上記の4点以外にも特筆すべき配合成分が多数封入されています。

バイタルウェーブスカルプローション配合成分

水、エタノール、BG、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)アセチルテトラペプチド-3(キャピキシル)ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31馬プラセンタエキスリンゴ果実培養細胞エキス褐藻エキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花・葉・茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキスセイヨウアカマツ球果エキス、ダイズ油、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン-1、ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、リン酸Na、キサンタンガム、塩化亜鉛、フェノキシエタノール

特に注目すべき部分は赤文字で示した配合成分です。(緑文字は上記で解説した成分です。)

リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ果実培養細胞エキスは「In Cosmetics2008」で「Best Active Ingredients(最優秀有効成分)」を受賞した注目の成分です。

この成分は4ヶ月経っても腐らないと言われるスイス産のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」という品種から抽出される成分で、強すぎる酸味から食用には向かず市場から姿を消し、現存する品種木が20本しか存在しない超希少種です。

近年この成分が細胞再生効果を促すことが研究によって判明し、人培養幹細胞の機能と寿命の増加や老化抑制遺伝子の活性化が各種実験によって明らかになっています。

この効果は京都大学山中教授チームが開発したIPS細胞と非常に類似した作用を持っており、リンゴ果実培養細胞エキスは特に肌や毛母細胞の再生能力に効力を発揮することがわかっています。

植物由来のIPS細胞とも呼べる成分となっており、日本でも一部の高級化粧品や美容業界において利用されはじめてきた注目成分と呼べるのです。発毛・育毛分野での実用化は初となります。

褐藻エキス(FGF-7)

この成分は北海道の南茅部地域でしか獲れないカゴメ昆布から抽出される「フコイダン」というエキスのことを指しています。

フコイダンは硫酸多糖の一種で特に粘りの強い昆布に多く含まれており、代謝を活発にする効果から近年は癌治療や高血圧治療の分野でも応用されることが多くなっています。

フコイダンにはFGF-7(多機能性細胞分子)増殖効果があります。

FGF-7は毛髪成長に効果的な作用を促すことが知られており、毛乳頭から毛母細胞の増殖と毛髪の成長が効果的に促されていきます。

FGF-7産生促進にはビワ葉エキスも有名ですが、現在最も産生を活性化させるのはフコイダンとして注目が集まっており、今後の育毛製品への普及が期待されています。

モウソウチクたけのこ皮エキス

この成分はアミノ酸を大量に含むモウソウチク(孟宗竹)という種類のたけのこの皮から抽出されるエキスを指します。

別名R-021という化学式でも示されることが見られますが、この理由は含有されるアミノ酸の機能的な部分を研究する上でついた名称であり、多数の有益な効能が見受けられるためです。

髪の組成に近いアミノ酸成分であることから成長促進効果があります。

主に

・毛包組織に働きかけ成長を促進する
・頭皮の水分量を適切な状態に導く
・頭皮常駐菌の過剰繁殖を防ぐ

といった髪と頭皮の成長環境に欠かせない効果を持っていることから、近年では育毛アミノ酸シャンプー等の分野でも注目を浴びています。


以上が組み合わされている配合成分のなかでも注目に値する部分であると考えます。天然成分を有効に活用して化学的な発毛アミノ酸を吸収できる配合と呼べるのではないでしょうか。

医療発毛分野主導の発毛エッセンス

バイタルウェーブスカルプローションは自律神経研究で第一線の永野剛造医師が監修を手掛けた、医療的側面を持つ共同開発発毛エッセンスです。

永野博士は難治性の脱毛症を独自の観点で数多く治療改善させてきた実績を持ち、その手法は東洋医学に由来する内面の神経活性化という非常にユニークな療法を用いています。

本製品では、東洋医学からフィードバックされる天然成分を中心に組み立て、西洋医学見地のアミノ酸観点からしっかり検証されている成分構成を見事に完成させています。

到達したのがC.I.P理論

効果的な発毛を実現するために、バイタルウェーブスカルプローションでセラピュアと永野博士が組み立てたのがC.I.P設計と呼ばれる独自の技術です。

Compornent【成果追求配合】

これまで解説してきた最新のスカルプ成分配合です。天然組成が持つアミノ酸の効果を最大限に引き出した発毛特化研究の結晶です。

Infiltrate【浸透ブースター】

頭皮の奥に浸透させる効果は最も重視されるポイントです。バイタルウェーブスカルプローションでは頭皮の衛生環境向上と柔軟化という方式で毛根にエッセンスを届ける理論を実現しています。

Protect【頭皮環境保護】

セラピュアがケフトルで培った活性石による発毛技術が用いられています。頭皮の皮脂・水分を活性石成分が除去し、被膜を構築して適切な水分・皮脂量とph値を導きます。

最新の研究・技術とこれまでの研究実績のハイブリッドよって最適な頭皮環境を作り出すことを目的としています。

バイタルウェーブスカルプローションの価格

バイタルウェーブスカルプローションはFINJA(フィンジア)を超えるキャピキシル製品最安値を実現しています。現在流通しているキャピキシル製品と価格の比較をしてみましょう。

1本単品価格(税込)1本定期購入(税込)最安値1本単価(税込)
バイタルウェーブ
2325658
11,880円8,200~7,980円(定期購入回数ごとに割引)7,980円(定期購入7回目以降)
BOSTONスカルプエッセンス
15,984円13,824円8,928円(3本ずつ定期購入時)
フィンジア(FINJIA)
12,800円9,980円9,980円
Deeper 3D
14,100円なし10,395円(6本セット)
THE SCALP5.0
15,000円10,000円10,000円

最新の発毛理論を実現しながら単品購入でも最もコストが低くなります。

さらにバイタルウェーブスカルプローションでは、定期購入でも返金が可能となっています。定期購入での返金を受付けるのは本製品以外ではフィンジア(FINJIA)のみです。

つまり、お試し感覚でも8,200円という低価格で最新のキャピキシルが試せます。自分には合わないなと感じたら1本目でも返金が可能なのです。

低価格の理由とデメリット

ここでバイタルウェーブスカルプローションが、なぜキャピキシル全製品中ここまで価格を落とすことができるのかを分析してみましょう。

基本的にバイタルウェーブスカルプローションはキャピキシルエッセンスです。このために基本的なキャピキシル成分については5%の濃度を持ち、他製品との差異はありません。

他の含有成分について確認すると、Deeper3Dで使用されている有機アミノ酸KGF(IPS細胞の基礎因子)をリンゴ果実培養細胞エキスで代用し、FGF-7成長因子を昆布から抽出するなど天然成分起因のアミノ酸活用が特徴的です。

高額となるバイオ化学因子を植物等から流用するという策でうまく効能とコストの折り合いをつけていると捉えられます。

また、馬プラセンタやリデンシル、フコイダンの濃度が薄めになっています。馬プラセンタ、及びリデンシルは現在Deeper3Dにも添加されていますが濃度が高めになっており、このあたりもコストダウンの一環となっていると推察できます。

このあたりがデメリットとして捉えることもできますが、ここまで解説してきたように数多くの毛髪生成因子を持つキャピキシル製品として、完成度は相当に高いと思います。

副作用がない発毛法をお求めの方や、初めてキャピキシルを利用される方にはコスト面を鑑みても非常にお勧めできると考えています。

バイタルウェーブスカルプローションのまとめ

これまでキャピキシル製品は、プラス封入する成分に有機アミノ酸を重視した成長因子(グロースファクター)型と、天然草などから抽出する発毛有効成分を重視した植物由来成分型とで二分化している傾向があります。

バイタルウェーブスカルプローションの場合おおきくは植物由来成分型と捉えることができますが、成長因子の配合率が多数にのぼることから中間型とも呼べると思います。

ざっくりとDeeper3Dの自生植物由来バージョンとも言えるでしょう。

冒頭でもお話ししたように、セラピュアは活性石の育毛研究を専門的におこなってきた歴史を持っています。しかし、最新のバイオ発毛理論と融合させ製品化することは非常に難題であったはずです。

この低価格でここまでの製品に仕上げたメーカーと永野博士の努力は拍手を贈るべきでしょう。

以下より製品情報をご確認いただけます。



バイタルウェーブ スカルプローション

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ