花粉症の発症・放置が招く薄毛化の危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在多くの日本人が患う花粉症の症状が薄毛化要因のひとつとして注目されています。花粉症によって引き起こされる鼻や目の炎症を抑えるホルモン分泌が毛髪生成にも影響するというものです。

春頃から飛散する花粉にはこれ以外にも皮膚にアレルギー反応を起こす要素もあり、頭皮に炎症を起こして脱毛を誘引する可能性があることから適切な対策が必要となるのです。

薄毛化に影響する花粉の影響

現在日本で罹患者が3000万人を超える国民病ともなっている花粉症は、面積が国土の12%にもなる大量のスギ林によって引き起こされます。

この大量のスギが春に放出する花粉によって身体にアレルギー反応を起こし、目・鼻・喉の粘膜を刺激し炎症化させる症状が一般的に花粉症と呼ばれるものです。

では花粉症が髪に及ぼす影響とは…

  • 抗アレルギー反応による皮膚(頭皮)炎症の発生
  • 体内で生成される副腎皮質ホルモンの分泌異常

以上の2点が薄毛化に関連する事象となります。ひとつずつ確認してみましょう。

皮膚アレルギー反応による頭皮炎症

この論点は特に目新しいものではありません。一般的にアレルギー反応は花粉を問わず皮膚組織に対して過敏に症状を表すことが知られているためです。

このために医院等でアレルギーチェックをおこなう際には、微量のアレルギー物質を皮膚に付着させて反応を確認するパッチテスト方式や、皮膚に軽く引っかき傷をつけて確認するアレルギースクラッチテスト方式が採られることがあります。

花粉は粒子が大きく、金属のように体内へ溶け出すこともないために皮膚への影響が起きることがさほど多くありませんので、これらの方式でアレルギー反応が確認される場合があるのです。

つまり、花粉は頭皮を含めた皮膚への影響が小さいと言えますが、AGAを発症している場合は頭皮が皮脂などによって酸化しやすいために、痒みで頭皮を掻いて微細な傷が発生していることが多くあります。

表皮が花粉を防御しても、傷が付いている部分があればアレルゲンが直接的に作用するリスクが上がり、頭皮に強い影響(炎症)を与えてしまうことに繋がります。

頭皮炎症は毛根に強烈なダメージを与えるために、脱毛や薄毛化を進めてしまう要因となるのです。

副腎皮質ホルモンの分泌異常による薄毛化

花粉症が誘引するもうひとつの薄毛化理由として、体内の細胞補修が適切におこなえなくなる影響が近年発表されており注目されています。

花粉症は鼻水や目の充血、そして重度の場合は発熱までをも引き起こします。これは大量飛散する花粉が目や鼻腔内の粘膜に吸着してアレルギー反応が発生するためです。

アレルギー症状とは慢性的な炎症が起こっている状態です。

アレルギー反応は、身体が異物として認識した物質に対して炎症が起こります。そして、その炎症を抑える役割を担うのが腎臓の上部にある副腎から分泌される副腎皮質ホルモンです。

副腎は代謝・炎症抑制・免疫反応等を司る人体の維持に必須の副腎皮質ホルモンを分泌し、体内を浄化させる働きを持っています。

この副腎皮質ホルモンのなかで炎症抑制や免疫機能を受け持つがコルチゾールと呼ばれるステロイドホルモンの一種です。

コルチゾールは炎症反応が発生すると消炎効果を発揮して沈静化させます。また、免疫機能としてガン細胞の抑制や血圧の適正化を担う役割を持っています。

しかし花粉症の症状のように花粉飛散時期が長期化した場合、コルチゾールが分泌されても炎症が治まらない慢性的な症状に陥ってしまいます。そして、花粉症を一度発症してしまうと毎年春のシーズンに同様の慢性的炎症が繰り返されます。

この状況がコルチゾールの分泌過多・不足といった分泌異常を引き起こします。

コルチゾール分泌バランスが崩れると、血中栄養分代謝の低下、免疫力の低下、動脈硬化、脳機能の低下などが起こり、毛根への栄養供給効率・毛母細胞分裂効率が極端に下がって薄毛に影響することがわかっています。

副腎皮質ホルモン『アンドロゲン』の分泌異常

上記でお話したように炎症が長期化し慢性化する環境に置かれると副腎皮質ホルモンは分泌異常を起こしやすくなります。これはコルチゾールだけではなく、毛髪生成に影響するもうひとつの副腎皮質ホルモンの分泌代謝にも影響しかねないのです。

男性の性ホルモンであるアンドロゲンです。

アンドロゲンとは性ホルモン成分であり、男性ホルモンの総称として取り扱われ認識されています。副腎からも分泌されており、副腎皮質に影響が出ると代謝異常が発生する可能性が言われています。


ここでAGA(男性型脱毛症)の発症要因について見直してみます。AGAは「脱毛男性ホルモン」という言葉が頻繁に利用されるように性ホルモンの代謝異常が引き金となります。

テストステロン(性徴ホルモン)が5αリダクターゼ(性ホルモン変換酵素)と結びつき、より強い男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成します。これが頭部受容体と結びついてAGAを発症するのです。

テストステロンとDHTはアンドロゲン成分となります。

上記のとおり性ホルモンがAGA要因となり、多くの発毛医薬品や天然発毛成分は合致反応を防ぐことで脱毛抑制・発毛の成果を挙げています。

しかし、身体が異常な性ホルモン分泌を示してしまったら…

脱毛、薄毛化の加速
発毛治療効果の減速

といった問題が起こってしまいます。男性の場合アンドロゲンは95%が睾丸で生成され5%が副腎で生成されるため、決して大きく関与はしないように感じられます。

しかし、副腎ホルモン分泌異常による僅かなバランスの崩れによって薄毛化が加速することを理解しておいて欲しいのです。

アレルギー性ホルモン代謝異常脱毛の見分け方

花粉症にかかっているからといって、必ずしも副腎ホルモン分泌異常が発生する(している)とは限りません。これまで炎症にかかっている時間と副腎の消炎疲労度が比例するためです。

花粉症既往歴が10年以上の場合は可能性を疑ってください。

基本的には「花粉が舞う春先に抜け毛が多くなった」ということで疑いがちですが、必ずしも確実ではありません。これには以下の理由があるためです。

春先は髪の生え変わり時期に同調するためです。人間は哺乳類としての特性上、1年に2回まとまって髪が抜けるタイミングがあります。冬毛から夏毛、夏毛から冬毛へと生え変わるのが気温の変化に順応する春と秋なのです。

このような生え変わりに起因する抜け毛は短期的に終了します。しかし、ホルモン分泌が狂った場合はゆるやかに長期的に抜け毛が増えます。残念ながら徐々に進行しますのでホルモン異常とはなかなか判別しにくいのが実情です。

花粉症による炎症を抑える薄毛対策

花粉症はアレルギー反応による炎症が長期化・慢性化する症状です。そのために炎症を抑える自己防衛反応によって副腎ホルモン分泌異常を引き起こしてしまいます。

大切なことは炎症をなるべく起こさないようにすることです。

しかし、花粉症による目や鼻腔の粘膜炎症は抗アレルゲン反応となるため「起こさないようにしろ!」と言われたところで無理な話です。

まず医師の診察を受けて症状を緩和する処方薬で対策することが第一歩です。

至極当たり前のことですが、花粉症患者で対策なく放置する方は全体の6割にものぼります。「特に治療法はないだろうし、もう少し我慢すれば…」と忙しさも相まってそのままの方が多いのです。

現在はステロイドなど花粉症の症状を抑える有効な治療薬が多数処方されていますので、先入観で放っておかず受診することが何より大切です。

自身でできる体内アレルギー対策

花粉症を含むアレルギー反応は有害ミネラルを体内に蓄積してしまう難点があります。有害ミネラルは体内を循環するために、特にAGAで脆弱化した毛母細胞にも悪影響を与えてしまいます。

有害ミネラルを体外に排出するのに効果的な栄養素が亜鉛です。

亜鉛はタンパク質から髪を生成するために必須の栄養素であり、有害ミネラルと共に汗などで体外排出されやすく慢性的に不足しやすい栄養素です。

亜鉛不足は「亜鉛欠乏性脱毛」と呼ばれるほど髪の生成効率を落としてしまいますので積極的な補給が重要となります。最近では亜鉛を含んだ発毛サプリメントが人気を得ており、発毛効果も高いことから注目を集めています。

AGAアンサーへの反響も多いお勧めのサプリメントを一点ご紹介しておきます。

育毛剤愛用者の人気No.1サプリ

亜鉛配合人気NO.1サプリ「BOSTON」

痒みに負けない頭皮アレルギー対策

本ページ冒頭でもお話したように、AGAによる頭皮酸化が起こると痒みや傷が発生して花粉が頭皮内に吸着されやすくなり、頭皮アレルギー症状が発生しやすくなります。

頭皮の痒みやアレルギーによる腫れを抑えるために効果的なケアが、有効成分配合シャンプーによる頭皮対策となります。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)が有効です。

グリチルリチン酸2Kは甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出・生成した成分で、別名は甘草エキスです。甘草は漢方薬としても使用されています。

抗炎症作用やかゆみ・フケ防止などの作用があり、敏感肌などの肌が弱い方にも使用できる天然草成分です。

市販シャンプーでは「艶やかな髪、まとまりのある髪」などのコピーに代表されるように、頭皮ではなく髪を美しく見せる点を重視して調合されており、鉱物油や香料などが大量に使用されています。

そこで保存料や着色料、合成の香料などを使用しておらず、肌に優しく皮脂や油汚れを取り除くという目的に特化したシャンプーを使用することがなによりも大切です。

甘草エキスを含むAGAアンサーが最もお勧めするシャンプーを紹介しておきます。

モンゴ流スカルプシャンプーEX

花粉症対策のまとめ

以前までは花粉症が体内のホルモン分泌に異常を引き起こすことなど考えられてもいませんでした。しかしスギ花粉の飛散量は年々増加しており、あらゆる健康被害を引き起こす要因に変貌しつつあります。

現在は医学検証が進み、花粉が皮膚や粘膜への影響だけでなく長年患うことで体内環境を狂わせる危険性までもが明らかになっています。健康被害に繋がる可能性があるのです。

もちろん薄毛も病ですから例外ではありません。

花粉症は国民の4人の1人が発症し、重度の場合はアナフィラキシーショックを起こして命の危険も伴う病です。今回の内容を通じて花粉症が病である認識を持ち、症状を緩和させることを考えるきっかけになれば幸いです。

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で

最後までお読みいただき有難うございました

AGAアンサーでは一人でも多くの方に本格的な薄毛改善知識が普及することを目指しています。

当記事を読んで貴方様のご参考になりましたら、
以下のソーシャルメディアボタンで共有をお願いします!


当サイトは人気ブログランキングに参加しています。
お手間でなければ是非以下のランキングボタンクリックをお願い致します。
↓↓↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村


ご質問・ご相談やサイトの不具合ご報告はこちらまで

【PR】AGAアンサーがお勧めする薄毛改善発毛製品!

ボストンスカルプエッセンス

イクオスサプリEX


サブコンテンツ

アンケートにご協力ください

ページの先頭へ