生活習慣の改善

体内環境の改善

発毛環境と食生活について

発毛に重要な必須栄養素

飲酒喫煙習慣は本当に影響するのか

ストレスと薄毛の関係性

薄毛は放置するとどんどん加速していくものが大半です。発毛医薬品や育毛剤での治療だけでは確実に発毛を促すことにはつながらないという意識を持ち、自身で髪が生育しやすい環境を整えることが大切となります。

体内環境の改善

発毛医薬品は、脱毛ホルモン抑制等の脱毛要因阻害が効能となります。つまり、髪を生やすには自身の発毛能力が高くなくてはいけません。内臓機能や血管柔軟性など、自身でできる発毛環境整備について解説します。

発毛環境と食生活について

現在は飽食の時代とも言えるほどあらゆる食べ物が身近で手に入る時代ですが、この揺り返しで糖尿病や高脂血症といった病が激増し、日本人の健康を脅かすようになっています。そしてこの影響はもちろん髪にも影響します。

発毛に重要な必須栄養素

髪や爪は体内で生成されたタンパク質の一種であり、正しく生成されるには栄養環境が必要不可欠です。ここでは髪の生成に関連する必須栄養素を挙げておきます。

飲酒喫煙習慣は本当に影響するのか

飲酒や喫煙の健康被害は近年頻繁に叫ばれていますが、飲酒にはリラックス効果や血管拡張効果、喫煙にはリラックスによる脳内覚醒効果が期待され、適度な嗜好でストレスをコントロールすることができます。健康を害さないレベルで楽しむと考えましょう。

どちらかというと呑んだほうがいい?飲酒と薄毛の基本

禁煙による血流改善よりもストレス脱毛が勝る珍結果

ストレスと薄毛の関係性

脱毛を含めた健康を脅かす原因のひとつにストレスがあります。「ストレスによって神経が集中している胃に穴があく…」というほど現代人にとってストレスは万病のもととして知られるようになっています。ストレスを無くすことは難しいですが正しくコントロールすることで薄毛にも良い効果が期待できます。

ストレスは精神と肉体のアンバランスによって起こる

発毛環境の整備と一緒にストレスのコントロールをおこなう

この内容が役立ちましたら
いいね ! をお願いします

Twitter で


ページの先頭へ